屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



価格・相場;瓦からガルバリウムへの葺き替え工事

 瓦の場合は、葺き替え、葺き直しでは、両方とも瓦を撤去しなければなりません。

   瓦の交換には、2つ方法があります。 
1:葺き替え;瓦を新しい瓦で交換。 2:葺き直し;既存の瓦を再利用する場合
いずれの場合;交換する理由は、次のようです。
  A: 瓦の下の防水シート、桟木、下地材が、耐用年数をとっくに過ぎて要交換。
  陶器瓦;50年~60年、燻瓦で40年ぐらいの寿命ですが、防水シートは、20年の耐用年数
  です。 どうしても瓦より先に寿命が来てしまいます。 葺き直しでOK 
  B: 瓦の耐用年数に近づき、瓦の表面も剥がれてきているので、瓦を新調する葺き替え
  工事をしたい。 >>> 正しい選択です。 この際に防水シートは要交換
  C: 雨漏りが、頻繁に起こるようになった。 瓦は見たところ大丈夫なのだが、瓦を交換しな
  ければならいのか? >>>いいえ雨漏りの大半は、防水シートの劣化のためです。

 地震対策の為に、この際屋根を軽い仕上げ材に葺き替えたい場合

  屋根を軽くすることは、地震対策として正解ですし、良く依頼がある葺き替えです。
重量的に、屋根を軽くすると、家への負担が軽減して家屋の寿命を長持ちさせる効果があります。 また経済的な材料を選択すればコストパーフォーマンスの良い屋根ができます。
瓦の葺き替え 葺き直しの写真
   瓦の代わりに使われる仕上げ材;
    ● カラーベスト、コロニアル(一般名;薄型化粧スレート、スレート材)
  
● ガルバリウム鋼板(1970年、米国ベツレヘムスチール社開発、
    トタンよりかなりの長寿命)
  ● シングル(アスファルトシングル; 不燃布にアスファルトを塗布したもの)
  ● 
自然石粒付鋼板(Stone Coated Metal Roof、ジンカリウム鋼板とも言うが、
    ジンカリウム鋼板は、基材として使われている。 ニュージーランド製が良い)

  サンプルとして、ある家を考え、その葺き替えの価格・概算金額を出してみました。 
     価格・相場は、独自に調査した概算で、その価格を保証するものではありません。
     あくまでも葺き替え価格面、相場面ででの施工費用の比較をしたものです。

  分かり易いように例として、次の家・屋根を想定し、仕上げ材による葺き替えの価格を比較しま
 した。 4LDK、延床:63㎡、建坪約 40㎡(12坪) 2階建、築25年、屋根勾配5寸、屋根の形式
 棟寄で、屋根の面積2階のみの葺き替えで:36㎡ としました。 数種の仕上げ材での価格・ 
 概算を計算し比較してみました。

 I. 瓦葺き替からガルバリウムへの交換工事相場・概算


使用するガルバリウム鋼板; 月星商事のタフルーフを使用た概算価格 \5,000/㎡
 

II. 葺き替え価格・概算; 瓦から「アスファルト・シングル」へ

 「シングル」(正式名称アスファルトシングルは、材料+施工費で; \5,000/㎡ ぐらい、価格・相場としては、ガルバリウム鋼板と葺き替え価格はそんなに大きく変わりません。 メーカーとしては、米国オーウェンスコーニングの寡占状態です。 屋根が同じ家なら、工事価格は、例とほぼ同じ36万円ほどです。 あくまでも概算にて。 大手工務店、建築会社は、もっと高いです。
 

 III. 葺き替え価格・概算 「自然石粒化粧鋼鈑」への葺き替え

 「自然石粒化粧鋼鈑」「自然石粒付鋼板」は、ジンカリウムの基材に細かい石粒(砂粒)を塗布し、「材料同士の摺り傷が付きにくい」、「雨音がしない」、「長寿命である;30年保証」、などの利点があります。 施工費は、材料が多少高いので、\ 9,000/㎡ぐらいで 36㎡の屋根の工事価格は、税込みで 470万円前後です。 ただし、大阪地区では、この自然石粒化粧鋼鈑を安く仕入れられる提携の業者さんがいますのでガルバリウム鋼板と同じ価格;36万から40万円ほどで施工ができます。
 (大阪のお客様のみ)(関東にもこの手の業者さんはいると思います)
 

 IV. 相場・概算 瓦から 「新調の瓦」への葺き替え

 いわいる瓦の葺き替えは、新しい瓦で屋根を葺き替えるもので、瓦の本体施工費用・価格は    \6,000 ~ \ 9,000/㎡ぐらと、かなり価格の幅が大きいいです。地方はこの価格が低くなる傾向
 瓦の葺き替え工事は、瓦の直下に桟木という瓦を引っ掛けて固定する、木材がはいります。その
 費用も含んでの概算相場です。 中間をとって \ 8,000/㎡ としました。 材料費、施工費、付帯
 工事(棟、軒先、けらば部分)、含まれます。 これで、葺き替えの概算を出すと 50万円弱ぐら
 いとなります。 足場は、\1,000/㎡ですが、これは家の形により変わります。
 

 V. 現在の瓦を再利用しての 「葺き直し」 価格相場

 陶器瓦の耐用年数は、50年から60年ですので、屋根の葺き替え時期でも、瓦は使用可能の場合があります。 瓦の材料費は、施工費に対してそんなに高価ではないのですが、既存の瓦を再利用すると、この瓦の材料費用がなくなります。 また廃棄しないので廃材処理費が不要です。 その瓦の材料費と廃材処理費がなくなりますので、この作業の100㎡の屋根工事費は、約135万円ぐらいとなります。 上の瓦を新調した場合から 30万円ほど価格が低くなります。 (下記参照)
 見ても明らかなように、瓦を再生しても、材料費は、そんなにしませんので、手間の割には、工事費用の
倹約には、なりません。 
 ガルバリウム鋼板®は新日鐵住金株式会社の登録商標です
屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved