屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板の相違

 寿命50年, ガルバリウム鋼板より長寿命な自然石粒付鋼板ですが・・・

 

 正確にはジンカリウム鋼鈑とガルバリウム鋼板は同じもの、名前が違うだけ
 
・ どちらも アルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でメッキした鋼鈑.
   ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板は組成的に同じ製品です。
 ・ 商標が違うだけ、単なる名前の違い
 
ZINCALUME® は;BlueScope社の登録商標(ジンカリウム鋼板)
  Galvalume® は;BIEC International社の登録商標(ガルバリウム鋼板)
  
・尚、日本語の「ガルバリウム鋼板」は、新日鉄住金の登録商標

 

 何で「正確には」なのか?
 
ややこしいのは、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板の上に石粒をコーティングした自然石粒付鋼板(自然石粒化粧鋼板なども言う)を「ジンカリウム鋼板」と言うこともあるので、分からなくなります。 なので正確にはジンカリウム鋼板≠自然石粒付鋼板で、ジンカリウム鋼板はただのメッキ鋼板。 自然石粒付鋼板は、ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板の上に石粒をコーティングした製品です。 現在日本では混在して使われてます。  更に詳しい解説


 

 ジンカリウム鋼板、自然石粒付鋼板、石粒付鋼鈑、自然石粒付化粧鋼板

   上の4つは、同じガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼鈑の上に細かい石粒をアクリル樹脂などで
 コーティングしたものですが、ガルバリウム鋼板との違いは;
 大きな違いは、保証期間と耐用年数、雨音の有無、価格になります。
 ガルバリウム鋼板は、普通のポリエステル塗装の製品で保証10年、耐用年数25年程度、2016年に販売が開始されたスーパーガルバリウム鋼板(スーパー鋼鈑)ではフッ素塗装品で穴あき保証25年、塗膜保証20年です、ジンカリウム鋼板は、保証30年、耐用年数50年というのが多いです
 雨音に関しては、ガルバリウム鋼板は表面が塗装だけなので、雨音がします。(スレート屋根のカバーでは、あまり気になりません。苦情は今のところないです)。一方、ジンカリウム鋼板は、表面に石粒がありますので、雨粒は拡散されて、雨音は部屋の中からは全くといいほどしないのが特徴になっています。ジンカリウム鋼板が特に優れている点は、以上の2点。
 ディートレーディング社のジンカリウム鋼板、(自然石粒化粧鋼板)
 

 ジンカリウム鋼板の施工価格

   お助け隊のある提携業者さんは、特約店なので良い価格です。神奈川、東京都担当です
 ●ルーフィング;できるだけ長期耐用年数のものを、ゴムアス、Newライナールーフィング等
   ¥1,000/㎡ X 82.9㎡ = ¥ 82.900 -
 ●エコグラーニ(ジンカリウム鋼板、ディートレーディング社)
   ¥7,000/㎡ X 82.9㎡ = ¥580,000 -
 ●その他の部品(軒先、棟板金、下り棟など)
   一式               ¥130,000 -
 ●工事金額計            ¥793,000 -
 ●一般経費、管理費(5%)     ¥39,000 -
 ●税抜き工事合計      ¥831,000 -

 概算の為、千円未満切り捨て、その他の屋根部品施工費は、屋根の形状により変化
 します。 足場は必要があった場合は、別途かかります。
   エコグラーニの本体価格、¥7,000/㎡は、フッ素塗装のスーパーガルバリウム鋼板の価格に匹敵すると思います。ですから、ニチハ、アイジー工業の新ガルバリウム鋼板と比較するのも、良いかもしれません。以下、ジンカリウム鋼板の実際の施工写真を載せておきます。
エコグラーニ: カフェ色(茶系)
エコグラーニ: グリーン
エコグラーニ: オニキス(黒系)

   自然石粒付鋼板(日本ではジンカリウム鋼板と言っている屋根材)は;
  屋根材とて、表面が細かい石粒(砂状)でコーティングしてあるので、雨が拡散され、雨音
   
がしない。 再塗装が要らない、できない。
   
(ガルバリウム鋼板と言っているメーカーの基材を使っている自然石粒付鋼板屋根材
    メーカーは、ガルバリウム鋼板に石粒をと言っているし、基材をジンカリウム鋼板と
   言っているものを使っている屋根材メーカーは、ジンカリウム鋼板の石粒付きと言っている)

 
施工価格は、各社モデルで違うが、¥7,000 ~¥12,000程度(本体での施工価格)
 欠点は、
    厚さは、ガルバリウム鋼板とあまり変わらないので、断熱材が必要なことも。しかし、スレート
    屋根のカバーでも施工が可能で、カバー工法ではスレートだけのときより当たり前ですが、断
    熱効果は大きく、従来の通りの生活であるなら別途断熱材を考える必要はないと考えます。
    かなり競争も激しく、2年前と比較して価格は下がっているものの、海外製品が殆どで価格が
    まだ高いです。施工が厄介(つまり施工費が高い理由のひとつ)で実際の施工では切断した
    り施工に手間がかかる。 材料も高いので、専門の業者さんに依頼したほうが良いです。
    建築会社や工務店は、この製品の知識のない会社が多数あり、お客様は知らないと思って
    かなり高額な見積を出すようです。

 ●ジンカリウム鋼板・自然石粒付鋼板のメーカーと製品
 自然石粒付鋼鈑の生まれ故郷は、ニュージーランドです。 大手2社が、品質の良い
 自然石粒付鋼鈑を生産しています。 それを含めてのメーカー、製造会社の紹介です。

 1: 株式会社ディートレーディング(日本の法人)
 2: Allmet Roofing Technologies(カナダ、米カルフォニア)
 3: AHI Roofing (DECRAのブランドで知られている、本社ニュージーランド)
 4: Metrotile Roofing Systems(本社ニュージーランド)
 5: 株式会社 佐渡島(日本で唯一の製造会社)

 株式会社ディートレーディング(日本の法人) 本社;東京中央区八丁堀 2-19-8
  海外の屋根材の輸入、国内販売、製品規格など

 Almet Roofing / USA, Canada; Almet HP: http://www.almet.com
  一部の製品は、ディートレーディング社が日本に供給

アルメットルーフィング、これから施工が増えます

 寿命25年程度、リフォームとして今一番使われているガルバリウム鋼板

 ガルバリウム鋼鈑とは?
  アルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の合金でメッキした鋼鈑
 軽量(厚さ;0.35mm前後)、長寿命、施工価格が手頃で人気高い

  耐用年数は、普通のシリコン塗装もので、20~25年と言われる。
  施工価格は、各社モデルで違うが、¥5,000 ~¥7,000程度(本体での施工価格)
  欠点は、薄い鋼板故、防音、断熱の機能ななく、瓦からの葺き替えは、
    断熱材が必要なことも。(雨音が非常に気になる方は、防音材料も・・・)
    (断熱材付もあるが、気休め程度、その断熱材の厚さは、せいぜい10mm~15mm程度)

 ガルバリウム鋼板; さいわいルーフ ガルバリウム鋼板; 横暖ルーフ 

 良く使われるガルバリウム鋼板の屋根材メーカーと製品例
   ガルバリウム鋼板を製造しているのは、大手鉄鋼メーカー4社、ガルバリウム鋼板屋根材を作っているのは
日本に小さいところを含めると、100社程度あります。 その中で良く見る、聞く製品を例として挙げておきます。
2016年8月、ニチハはスーパーガルバリウム鋼板を発売、以下の製品は順次なくなります)
 >>> スーパーガルバリウム鋼板のページへ
  ● 横暖ルーフシリーズ; By 株式会社ニチハ

  ● ガルテクトシリーズ; アイジー工業株式会社・・・ スーパガルテクトのページへ

  ● ヒランビー;稲垣商事株式会社

  ● MSタフルーフ; 月星商事株式会社

  ● ef(エフ)ルーフ; 福泉工業株式会社
                                                 
@@@

 ジンカリウム、ガルバリウム鋼板、自然石粒付鋼板の解説;詳細説明;
   ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板とは、名前の違いのみで、製品は同じものです。
 同じ製品ですが、使っている商品名(商標)が違います。
   ●Galvalume®:BIEC International社のTrademark
   ●ZINCALUME®:BlueScope社のTrademark(元々はSteelscape社が持っていたが、
    BlueScope社がSteelscape社を買収した)
   ●ガルバリウム鋼板は新日鉄住金の日本での登録商標
ガルバリウム鋼板もジンカリウム鋼板も、メッキの組成は;
 55% Aluminume, 43.4% zinc, 1.6% silicon weightです。 このデータは商標権を持った会社のサイトのデータを確認しないと正確には出てこないです。 日本でGalvalumeの製造・販売のライセンスを持っているのは; JFE Galvanizing、Maruichi Steel Tube、Nisshin Steel Co., Ltd. Nittetsu Sumikin Kohan、Yodogawa Steel Works, Ltd です。 
日本語で書くと、JFE、日新製鋼、日鉄住金、淀川製鋼ここが、Galvalumeの製造・販売権を持っていますが、「ガルバリウム鋼板」の登録商標を持っているのが新日鉄住金なので、他の会社は「ガルバリウム鋼板」とは公には言えないのです。
  新日鉄住金のサイトには;(http://www.nisc-s.co.jp/products/plating/02/)
ガルバリウム鋼板は;アルミニウム:55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%
から成るアルミ亜鉛合金メッキとあります。

Steelscape社(現在はBlueScope社);ZINCALUMEの商標権をもっていたサイトには;
http://www.steelscape.com/products/zincalume のページ中
DownLoad page "ZINCALUME Steel SDS" 中に、ZINCALUMEの組成は;
55% Aluminume, 43.4% zinc, 1.6% silicon weight とある。

全く同じ組成の製品であることがわかります。 
  しかし、屋根材の市場では、ZINCALUME鋼板は単体で販売されていなくて、鋼板に石粒をコーティングした「自然石粒付鋼板」の形で販売されている。この石粒付き鋼板を、「ジンカリウム鋼板」と一般名で言われているので、混乱が発生しています。屋根屋も言っているのでお客様は更に分からなくなっています。 ですから、自然石粒付鋼板=ジンカリウム鋼板でも通用するので、良いのですが、正確には、ジンカリウム鋼板やガルバリウム鋼板の上に石粒をコーティングしたものは、自然石粒付鋼板とか自然石粒化粧鋼板と言うのが間違いのない言い方です。ちなみに英語の方がよりわかりやすいかもしれません。 Stone Coated metal Roofing (石をコーティングした金属屋根材)

 参考: ジンカリウム鋼板と溶融亜鉛メッキ鋼板(トタン)の違い、性能テスト

 ● 自然石粒付鋼板で使われているジンカリウム(ガルバリウム鋼板)基板の優位性

図2: ガルバリウム(ジンカリウム)鋼板と溶融亜鉛メッキとの腐食のスピードの違い
(溶融亜鉛メッキ製品: トタンはこのカテゴリの製品)

   環境試験方法;
鋼板の耐久性の試験は、日本では複合サイクル環境試験方法が良く使われます。 この試験方法の詳細解説、試験条件は記述がありませんでしたが、環境促進試験を行っているのは、明らかです。 ここでわかるのは、ジンカリウム(ガルバリウム)メッキ鋼板は、耐環境性において、溶融亜鉛メッキ(トタン)より、格段に錆びにくく、耐環境性に優れていることです。 ではこの促進試験方法(複合サイクル環境試験方法)とは何をするものなのか?
   複合サイクル試験方法;(環境試験機器の例):
 1:塩水噴霧(35度の温度で、5%の食塩水(海水は3.5%)連続2時間
 2:乾燥試験(60度の温度、湿度20-30%) 4時間
 3:湿度試験(50度の温度で湿度95%)の環境に2時間
   1 - 2 - 3 の試験サイクルで、ひとつのサイクル約 8時間、このサイクルを何時間、何サイクル実施したかで耐環境性を評価しています。 要するに、促進試験は、鋼板の耐用年数を測る一つの方法で、鋼板の環境試験を10年、20年もやっていられないので、厳しい環境条件を与えて、時間を短縮して測定する方法である。 それにしても、僅か0.1%の組成の違いが、こんなに明確に現れるとは、正直驚きであはあります。 ガルバリウム鋼板の方は、500時間後には、メッキ層の傷みが激しく、赤錆が現れています。 赤錆とは鉄のサビなので、メッキ層の劣化が著しいことが、理解できます。 

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved