屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知られて
いない屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



瓦やスレート材の廃材処理費用相場

 ●屋根葺き替えで撤去した古い瓦やスレートは産業廃棄物

 瓦、スレート材(カラーベスト、コロニアル)から新たな屋根材に葺き替えるときに、それらの古い屋根材を撤去するには、撤去費用がかかります。撤去する費用は人手がかかるのでバカにできない金額です
更にこの撤去した廃材は、産業廃棄物なので、住んでいる市町村の生ごみ、燃えないごみ、空き缶、空き瓶などの分別ゴミとして廃棄できません。市町村のゴミの出し方にも、屋根工事などでの廃棄物は専業の業者に処理してもらうよう指示されています。 
 撤去した瓦、スレートなどの産業廃棄物を捨てるのもお金がかかる! 
2011年の東日本大震災のときは、壊れた屋根の瓦やスレート、トタンの廃材は、ある一定期間、市町村がお金を出して(多分国が出していたのだと思いますが)引き取ってくれました。 釉薬瓦は耐用年数が60年程度あるので少しの破損であれば、その瓦を再利用できるのですが、耐震という観点から少しでも屋根を軽くしたいというお客様が多く、瓦を撤去して軽い屋根材に交換するお客様が数多くいらっしゃいました。 この場合は被災地であれば、撤去するには別途費用がかかったのですが、廃材の処理費は、市町村がうけもっていました。 廃材の処理費用だけでも結構な金額になるので、お客様としては役にたったと思います。(屋根を葺き替えるのは大変な被害ですが・・・
 廃材の処理費用の相場を少し調査してみました  
全国の廃材処理業者、産業廃棄物処理業者がこの瓦やスレートの廃材を処理していますが、その処理費用はいったいどのくらいの費用がかかるのか?相場はあるのか?
 インターネット上のサイトを参考に、瓦とスレート(アスベスト含む)の処理費用を調査してみました。
瓦の処理費;各産業廃棄物処理業者のサイトから費用を参照;
 ・東京都足立区業者A: レンガ・色瓦処分費; ¥15,000/立方メートル
 ・埼玉県八潮市業者A: レンガ・色瓦処分費; ¥15,000/立方メートル
 ・解体ドットコム; 陶器ガラスクズ; 最高¥35,000、最低¥15,000、平均¥15,000/立方メートル
 ・東京都大田区業者A: ガラス陶器クズ; ¥40,000/トン(重量課金)
 ・東京都足立区業者B: レンガ・色瓦処分費; ¥15,000/立方メートル
 ・大阪市平野区業者A: 燻瓦、瓦、タイル; ¥12,000/トン
 ・滋賀県大津市業者A: 瓦くず、黒、赤瓦; ¥11,500/トン
 ・千葉県四街道市業者A; ガラス、陶器くず; ¥10,000/トン
 ・東京都八王子市業者A; 瓦くず; ¥10,000/立方メートル
 大阪の産業廃棄物処理業者の瓦、スレートなどの処理費用に関するサイトがあまり探せなかったのですが、東京都の業者では、瓦、釉薬瓦、色で区別するのは、あまり意味が内容に思うのですが、何故なら赤いセメント瓦もあるし、黒いセメント瓦もあるからで、セメント瓦はアスベストは入っておらずセメントを固めたものなので、どちらかと言うとセメントのガラくず?と思ってしまいます。 
 それと処理費用の単価ですが、立方メートルあたりと1トンあたりの2つの体系があってこれは計算すると、瓦は当然水より重いので、瓦1立方メートルは、約 1.4トンになり(しかし瓦の砕きかた、トラックの積み方でいくらでも変わりますが)これを用いて単位をトンあたりに揃えて比較すると・・・
・東京都足立区業者A: レンガ・色瓦処分費;  → ¥10,714/トン
 ・埼玉県八潮市業者A: レンガ・色瓦処分費; → ¥10,714/トン
 ・解体ドットコム; 陶器ガラスクズ; 最高¥35,000、最低¥15,000、
  平均  → ¥10,714/トン
 ・東京都大田区業者A: ガラス陶器クズ; ¥40,000/トン(重量課金)
 ・東京都足立区業者B: レンガ・色瓦処分費; → ¥10,714/トン
 ・大阪市平野区業者A: 燻瓦、瓦、タイル; ¥12,000/トン
 ・滋賀県大津市業者A: 瓦くず、黒、赤瓦; ¥11,500/トン
 ・千葉県四街道市業者A; ガラス、陶器くず; ¥10,000/トン
 ・東京都八王子市業者A; 瓦くず; ¥7,142/トン
 サンプル数は少ないですが、これを見ると瓦1トンあたり¥10,000という数字が見えてきます。 
では、屋根面積100uの瓦は全部でどのくらいの重量になるのでしょうか?
 瓦はJIS規格でその大きさを定めていて、53Aという規格(かなり普及している規格瓦)は、1坪あたり53枚の瓦で施工するのです。ちょっと数字が半端ですが、尺貫法とメートル法の違いでこうなってしまいます。今でも家の寸法は尺貫法で基本的には建てられていて、表記はメートル法(正確にはMKSA単位系を使わなければなりません)で、分かりやすいように、1uあたりでは、16.05枚の瓦を使用します。
 1枚の瓦(釉薬瓦、素焼き瓦で若干の違いがありますが・・・)
 瓦はその種類で重さが違いますが、陶器瓦(釉薬瓦)で、2.6Kgです。 瓦は1uあたり16.06枚必要なので、100uでは約1600枚、1枚あたり 2.6Kgですので、100uの瓦の重さは、約4トンです。
 この撤去した瓦、4トンを直接産業廃棄物処理業者に処理を依頼すると、運搬費もかかります。
2トントラック2回分、または2台分になります。 2トントラックのチャーター料は1台2万円程度とすると、4万円が加算されます。 で処理にかかわる費用は、処理費¥40,000+トラック台¥40,000の合計8万円になるわけです。 では、実際の屋根屋の瓦廃材処理費用は?どうなっているのでしょうか?
 かつては阪神淡路大震災の影響でこの産業廃棄物の処理費用が高騰したことがありました。 今は落ち着いてますが、関東方面でも東日本大震災のこれまた影響で高止まりしているところもあります。
それらも鑑みて最近の屋根屋の見積、契約書を見ていると、瓦の撤去費用は、¥2,000/u、廃材処理も同じく¥2,000/uというのが多いです。 建築会社、工務店はこれにマージンがあるので、¥3,000/uとか、¥3,500/u程度になります。 100uではこれの掛け算ですから、¥2,000/uでは20万円、¥3,000/uでは、30万円になります。 直接産業廃棄物の処理業者に依頼するんと、金額が違います。
当然、屋根屋、建築会社、工務店、リフォーム店のマージンになるわけです。
 実は瓦の撤去作業は屋根屋の本来のしごとですが、瓦の廃棄は屋根屋の仕事ではありません。屋根屋を通じて産廃業者に依頼するのです。そこにマージンが生じています。建築会社、工務店は更にお客様にマージンを要求します。そうでないと会社が成り立っていきません。

 ●アスベスト入りのスレート・カラーベスト・コロニアルの処理

 アスベストは、平成18年(2006年)の9月でその製造、販売、使用が全面禁止になりました。 それまでに施工されたアスベスト入のスレート材料を撤去、処分するには、専門の許可を得た業者に処分を依頼しなけらばなりません。屋根屋にアスベスト入りのスレートの撤去、処分を依頼すると、撤去は屋根屋がやりますが、その処分は専門の産業廃棄物処理業者に依頼します。
 アスベスト入りのスレート材料の処理費用は、瓦と同じく¥2,000/u程度になります。 あれ!瓦と同じですね?これって、専門のアスベスト処理業者に廃棄を依頼しないといけないから高くなるのでは? と思っているお客様もいます。しかし、100uの屋根にのっている重量を考えてください。 スレートは瓦の1/3ぐらいの重さです。 つまり100uでは、約1.3トン、下の画像を見てください。 産業廃棄物(アスベストも含む)の最終処分場です。 国、市町村と民間がやっている処分場(う〜〜ん、役人と会社の癒着で悪いことをやっていそうな臭いがぷんぷんします)は下のものです。
 スレートの処理費100uで、¥2,000/uで20万円、これらの最終処分に持ち込んで最終処分するのに、トンあたりここは、3万円、上の右の写真の場所だと、9万円/トン、どうでしょう?
 屋根屋や中間処理業者は、損するどころか、かなりマージンを取っていますよね!
 この問題は、おおまかなお話をしましたが、個々の事情はまちまちで、全て上の様なものではないかもしれません。しかし、一端の真実があります。 

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved