屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



超軽量瓦・瓦調ガルバリウム鋼板

 日本瓦の形・風合いを残して、屋根を耐震にするために最適な屋根材

 日本瓦と外観上は遜色なく、でも重量が非常に軽い素晴らしい製品があるのに、一般には殆ど知られていない製品の紹介です。 製品の名前は;瓦調ガルバリウム鋼板、またはガルバリウム瓦。
上の写真の屋根は、いずれも超軽量瓦・瓦調ガルバリウム鋼板です。
左:銀黒、右:黒色の製品です。 外観上、いずれも日本瓦と遜色がないです。
 
 超軽量瓦・瓦調ガルバリウム鋼板の特徴
  日本瓦の10分の1の重量(地震対策に最適)
 日本瓦とほぼ同じ意匠、デザインの屋根材(銀黒もあり)

  施工費用は、日本瓦より低価格(工期が短い、材料費用も安い)

  フッ素塗装なので、長期耐用年数、長寿命の製品
  平板、横葺、縦葺のガルバリウム鋼板より強度がある
  日本瓦の代表銀黒もあり、和風の家に良く合う
 家が老朽化または、大きな地震で屋根が重くて倒壊が心配、瓦葺き替えで、和風の意匠はそのままで何か良い材料はないか? お客様から良く質問されることです。 一番軽い屋根材は金属です。 少し前までは金属の屋根材は、トタンが一般的でした。 今はガルバリウム鋼板が非常に良く使われる材料です。 しかし、平板の横葺、縦葺の屋根材は和風の家の外観をガラリと変化させてしまって、せっかくの純和風の風情を損なってしまうことがしばしばです。 横葺のガルバリウム鋼板でも合う家、屋根も多いです。 和風のような工夫された意匠の製品も数多く日本では販売されています。 でも瓦と同じ意匠のが良いというお客様にお薦めなのが、この製品です。

超軽量;日本瓦の10分の1の重量;
  例えば、陶器和瓦の重量;50kg/u、三州平板瓦;57kg/u、なにのに対して
  超軽量瓦の重量; 5kg、その重量比で10分の1以下の重さです。
  地震に対する備えは、屋根を軽くするだけでは、充分・且つ完全とは言えない部分もあります。
本来、木造家屋を耐震構造にリフォームするには、多くの労力と綿密な調査(耐震調査)が必要です。 特に建築法が重要で、その家が何年の建築法に則って建てられたのか?耐震基準は、どの基準で建てられたかが重要です。 壁の耐震はどうか?筋交いは充分か?体力壁が必要か?基礎と柱の関係はどうか?ホゾ抜けは起きないか?などなどいろいろな観点から考慮しないといけないものです。 その中に屋根の重さがあり、これも重要な要素の一つであることは疑いのないことです。 なので瓦葺き替えの時には、この屋根材の重さを考えるのは決して無意味ではありません 

日本瓦とほぼ同じ意匠、デザインの屋根材(銀黒もあり)
  ここがこの製品の特徴なのですが、瓦の屋根を葺き替えるとき、まず屋根を軽くしたい方に
  選択の一つとして、この製品を含めて貰いたいです。 屋根の外観を美しくする、家のデザインを
  美しく保つのも屋根の重要な機能です。雨風から家を守るのも重要ですが、この機能も同じ位
  重要と思います。
  世界でも美しいとされた日本建築、家を建てるとき、その家のデザインをするとき、屋根材を瓦にした理由はいろいろあったと思いますが、瓦の素材、色、形など家の設計に合ったものを設計士が選んでいると思います。 和風の木造住宅には瓦が一番合った屋根材です。その風情をそのデザイン性を損なうことなく、耐震構造にしていくのに最適な屋根材が、超軽量瓦になります。

フッ素塗装なので、長期耐用年数、長寿命の製品
  また、長期耐用年数の為に、フッ素樹脂塗装を施した超軽量瓦は、単なるガルバリウム鋼板とは
  違い長期の耐用年数を実現できます。 一般のガルバリウム鋼板の寿命が25年以上ですので、
  それよりも長い耐用年数が期待できます。

超軽量瓦・瓦調ガルバリウム鋼板には、雨の侵入防止に工夫がみられます
  瓦調ガルバリウム鋼板の構造は、上記写真のように、雨が極めて侵入し難い構造です。 
左はモジュールの拡大写真で両写真とも上側が棟側です。屋根の下からの強い雨でも材料の折りで堰き止められてしまい、ほとんど雨は瓦の中に入ることができません。
またこの超軽量瓦はモジュールで、瓦6枚分が連続した構造です、連続した箇所からの水の侵入はありえません。 このように屋根全体として、瓦の中に雨が侵入できない、または非常に入りにくい構造、作りになっています。
 ガルバリウム鋼板は新日鐵住金株式会社の登録商標です


屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved