屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



屋根葺き替え時の断熱について(結構難しい断熱)

   はてなブックマークに追加

■屋根断熱の意味と限界、改めて住宅の断熱工事とは?

改めてその機能、意味、限界、仕組みについて考えてみたい。筆者自身も実家をリフォームするとき、安全面、地震の備えについで重要なテーマとして断熱をいろいろ調べた経験があり、家の断熱について、材料、工法をかなりお勉強しました。そのことを交え、このサイトは屋根葺き替えがテーマなので、屋根の断熱がメインですが、一般の断熱についてもいろいろ考察しました。
少しでもお役にたてれば幸いです。


断熱についてのメニュー、是非知って欲しいこと

屋根の葺き替え時、屋根の軽量化、雨漏りの為、夏の暑さ対策、冬の寒さの為、屋根葺き替えを検討する際、断熱をどうするか?にお役立てください。メーカーの断熱データを信じて良いのか?

 ・断熱とはどういうことか?住宅の断熱機能、意味、評価
  実家の断熱リフォームをした結果、評価、その様子(自身の評価)

 ・ガルバリウム鋼板屋根材: 無断熱と断熱材付の製品、断熱性能の測定・比較・評価
  ガルバリウム鋼板、2製品の断熱性能比較、スレート、参考に断熱の効いた部屋の温度変化

 スレート屋根をガルバリウム鋼板のカバー工法、通気工法の断熱性能評価
  
施工コストの削減でやるカバー工法、これの断熱性能と更に断熱性能をあげた通気工法
  の断熱性能は、本当に効果的なのか?

 真夏;家の中が暑い、屋根、外壁、窓、どこから熱が入ってくる?
  日本が夏暑い、冬は寒いです。外壁より屋根の方が高温(温度が高い)なのは何故?

 ・断熱材について、いろいろな考察

 屋根の断熱;測定の方法、測定対象物の構造、特性、測定方法詳細解説


例えばガルバリウム鋼板に付随している断熱材は充分な効果があるか?

屋根を軽くする、地震に対処するする為に思い瓦や、古くなったスレート屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えるときに、断熱材の話が出てきます。このテーマを考察するのは、屋根葺き替え時しかありません。何故なら断熱材を屋根の一部に施しても効果がないからです。イメージ的には、夏、太陽の熱エネルギーを一番受けるのは屋根です。屋根が70度以上になると言う話は、いたるところで書かれています。ですから屋根をどうにかすれば多少暑さは軽減するのではないか?
とイメージします。確かに今は優れた断熱材、遮熱の材料、塗料など多種多様な材料があります。屋根の断熱を一生懸命やったら屋根からの熱は多少防げるのは事実と思います。
しかし、外気の熱は(冬は寒さ、冷気)は屋根だけからくるのではなく、外壁、床(下の方)または、いたるところの隙間から入ってきます。その屋根葺き替え時に屋根の断熱を一生懸命やった結果、人間がどれほどその効果を感じられるのか?部屋の温度をどれだけ下げられるのか?が重要で、これこそが断熱の目的です。
人間がその恩恵を五感で感じられなくとも、エアコンの消費電力を低く抑えられた。
冬の暖房費が安くなったのなら、その断熱にかけた費用は、ムダではなかった。となると思います。

人間にとっての暮らしやすい環境(温度、湿度)とは?

人が暑い、寒いと感じる温度は、日本でも地方によって違いがあるようです。
例えば:
北海道・釧路の人々は、「暑い」と感じるのが:21℃〜25℃、「肌寒い」と思うのが:6℃〜14℃。
福島の人々は、「暑い 」が:25〜35℃、「肌寒い」=8〜15℃
東京都民は「暑い」と思うのが28℃〜37℃、「肌寒い」=15℃〜22℃
奈良は、「暑い」が:35〜28℃、「寒い」が:8℃〜14℃
あるWebの調査ですが、地域によって暑さ寒さの感じる温度にばらつきがあります。私は千葉県に住んでいますので、東京都の夏暑いと感じるのは:28度以上、冬寒いと感じるのは:15度以下ぐらいで納得です、ですので、我が家の夏のエアコンの設定温度は、28度か27度、就寝するときも、この温度で微風設定です。冬の暖房は、早朝起きたときに、居間での温度が15度を下回っていると、即暖房をオンにしますし、設定の温度も23度程度です。
かつ、この温度を家全体が同じ温度であれば理想ですが、エアコンのない部屋は、やはり30度以上になる場合もあります。中心の生活範囲である、居間、ダイニング、台所、トイレ、母の居室は、常に同じエアコンで27度前後にしてあります。冬は、冬場は母が高齢なので、風呂場、脱衣所、居室の温度差が殆どないように、温度に気を使っています。(考えてリフォーム、断熱をしてあります)その温度は、20度前後。
人間が快適に暮らせるのは、多分冬は、20度〜25度前後、夏は27度前後かなと思っています。これを成るべく高熱費を安くする断熱方法が最も快適でお金を使わない冷暖房システムと思います。 その為に家の断熱は必要です。

断熱は住宅をトータルに考えなければならない?

このサイトは、屋根、屋根葺き替えのサイトですので、断熱のテーマは、屋根材、屋根での断熱になります。屋根葺き替え時には頻繁に断熱の要求があります。屋根材で断熱をするには、どの屋根材が良いか?が主要な質問です。しかし、屋根材、特にガルバリウム鋼板の付随している断熱材料は、せいぜい 10mm前後のものが殆どで、外壁や床下に施工する断熱材の厚さが、100mm程度ですので、一番太陽の熱エネルギーを受ける屋根の断熱材料の厚さが 10mmでは、心もとないです。
しかし、100mm(10cm)もの厚さの断熱材料を屋根材で実現するのは、非常に困難です。施工方法、価格、屋根の形、雨樋の問題等々、様々な困難に直面します。それで、10mm程度の断熱材しか、できないということになっているのだと思いますメーカーはそんなこと言わないですが。で、実際、ガルバリウム鋼板に付随している断熱材の実際の効果を実験したのが本稿になります。お役にたてれば幸いです

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved