屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



屋根部分の結露について

●屋根の骨組み、木材を腐食させる結露

既にカビで覆われた屋根の裏側 カビはそれほどでも無いが、結露がある
屋根の裏側、色の濃い箇所が結露

 結露を放置すると、垂木、梁、柱を濡らし、腐食が起こります。 更に放置すると、家全体に水、腐食が広がり、家の土台を台無しにします。 せめて上の状態の時に、結露の対策をしなければなりません。

結露が発生する仕組み

結露が発生するのは、湿った暖気が冷たいものに出会ったとき発生します。

 上の図で解説すると、結露は、冬に発生しやすいです。 例えば断熱のない屋根と天井のとき、部屋では暖房があり、それが石油ストーブとか、ガスストーブですと、熱と共に水分・水蒸気が発生します。    これらの湿気の多い暖気は、空気より軽いので、上昇します。 天井を抜けてまたは隙間から天井を抜けて小屋裏に達し、屋根に出会います。 屋根はここも断熱がないと外気とほぼ変わらない温度になっていて、湿った暖気は急激に冷やされ内側の木部・下地材の表面で水滴となります。 これが典型的な結露です。 何ら断熱対策がされていないと非常に簡単に結露は発生します。 断熱の他に結露を発生させた犯人がいて、それは換気です。 上昇して屋根裏に達した湿った暖気を屋根裏に滞留させています。これを外に排気する役目が排気システムです。 棟に取り付けるものを棟換気、けらばの壁に付ける換気穴もあります。 これらを充分な換気能力仕様で施工すれば屋根裏での結露は防げます。

 

しかし、通気をするとせっかく温めた暖気を無駄に捨ててしまってエネルギーの無駄です

  結露を防ぐ為に通気をし、湿った暖気を排出する、普通のことですが、これによってせっかく温めた暖気を逃がしてしまい、省エネとは逆行してしまいます。暖房費用がかさみます。イエ暖房そのものが効かなくなることもあるかもしれません。 その為にも断熱が必要です。

 

ではどこで断熱するのが効果的なのか?

  結露の問題からお話を進めた断熱です。 結露をさせないように、換気をしました。 でもその換気の為にエネルギーの無駄が発生しています。その為に断熱を考えます。 このアプローチでは、結露が先にありき、です。 ではその断熱は、どこでどのような断熱が望ましいのか?
   屋根付近での断熱には、大きく2つあって、屋根材、屋根の断熱と天井断熱があります。
屋根断熱は、断熱材料を仕上げ材(断熱材付のガルバリウム鋼板など)に組み込まれたものを施工する、断熱材料を垂木の間に施工する(リフォームではあまりやりません)、屋根の裏側(内側)に発泡系の断熱材を吹き付ける、などがあります。
 天井断熱は、やり方は一つで、天井があれば小屋裏に断熱材を置く、敷き詰める方法があります。 一般的には袋詰めのグラスウールなどを置いて、ガムテープなどで隙間を塞ぐなどのやり方をしますが、ものの見事にガムテープはすぐに剥がれて、隙間が出てきて気密性が失われ断熱も失われます。 全く役に立ちません。 

 

結露のことまで考えると断熱は屋根部分での断熱か天井断熱か?

  下図を見てください。
 
   屋根での断熱をしても、真夏、屋根に当たる太陽の熱射を避けるには効果があるでしょうが、真冬、部屋の温かい空気を逃がしてしまいます。 それに対して天井断熱をしっかりやれば冬の断熱も結露防止にもかなり効果的で、真夏、屋根がどれほど熱くなろうが、小屋裏がどれほど暑くなろうが、天井で完全に気密性を保って断熱すれば効果的であるのは簡単に理解できると思います。 問題は気密性を持って効果的に断熱できる断熱材料は何か? です。
   すでにグラスウールは良くないと言いました。 これに効果的な断熱材料は、セルロースファイバーがあります。 綿状で簡単に天井の隙間を埋められるだけではなく、天井裏なので、300mm程度の厚さでも施工が可能であるということです。
 ・真冬の暖気を部屋の中にとどめてその空気を天井より上に行かせませんので、結露にはなりませんし、真夏、屋根がどれだけ熱せられようと、小屋裏がどれだけ暑くなろうが、その熱は天井の300mmの断熱材・セルロースファイバーで遮断されます。 殆ど全ての問題を解決できる断熱システムになります。

 

セルロースファイバーの欠点

   セルロースファイバーは、新聞紙を綿状に加工したもので何ら袋などに入っていませんので、リフォームなどで、天井を解体するときにこの断熱材料を撤去するのが大変です。 大きなダクト?掃除機、吸い込みの機械でも使って取り除かなければならないと思っています。
 その撤去のやり方を私はまだ知りませんので・・・何か良い方法があるのかもしれませんが
   因みにセルロースファイバーの施工費用は、大工仕事がない、ただ天井裏に降り積もらせる施工なら、¥3,000/u程度でできるそうです。 

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved