屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



天井断熱;小屋裏、天井裏での断熱

小屋裏、天井裏での断熱方法;材料,方法,工法

 屋根と天井に挟まれた部分がある家の構造なら、天井裏断熱が使えます。 屋根裏とも言いますこの部分。屋根の裏側に施工する発泡系の断熱は屋根断熱とさせていただき、屋根断熱のページを見てください。 では天井断熱(小屋裏断熱、屋根裏断熱)について解説します。
 天井断熱とは、左の図のように、断熱する箇所は1つで、天井の裏・上に断熱材料を乗せる、置くなどして、小屋裏と部屋とを隔離する断熱方法です。
これにより、外気と部屋との熱の出入りをシャットアウトします。 屋根部分での断熱より遥かに効率的に断熱をすることができます。
 

●天井断熱の利点

 

 部屋を太陽の熱射から守るということでは、屋根断熱に比べて格段に優れている天井断熱(小屋裏断熱、屋根裏断熱とも言います)それは、上の図を見てもらえば分かるとおり、天井で部屋とそれ以外の上部分を熱的に遮断してしまうからです。 屋根からの熱で小屋裏がいくら暑くなろうと、その熱気は部屋まで来ません。 夏はエアコンで冷やされた空気は、天井から逃げることがありません。熱気が入り込むこともないのです。 冬は暖房で暖められた空気、暖気が上昇し、天井から逃げて暖房の効率を下げてしまいますが、ここで断熱をしますと、暖気は天井から逃げられず、暖房効率があがります。 

天井断熱お薦めの理由は:
    1: 部屋だけの断熱なので、熱効率(夏でも冬でも)効率が良い
    2: 屋根断熱は、冬は換気口から暖気が逃げてしまうこともある。非効率。
    3: 冬湿った暖気が屋根に行かないので結露の防止に非常に有利
    4: 屋根を葺き替えた後でも施工が可能。 (屋根とは別もの)

 

●天井断熱;問題は断熱の材料

 

天井断熱は、断熱をする箇所は天井裏と決まっていて、問題なのは、断熱材料を何にするかです。 一般的には価格の有利なグラスウール、グラスファイバーがあります。 

 
 

 住宅の断熱材として非常に良く使われるグラスウール、数μの細いガラス繊維を袋詰にしたものが、家の壁中に施工されています。 右写真はグラスウールのむき出しのもの、左は袋詰にしたもの、壁の中に施工されます。


 

 グラスウールの原料・製造方法

 

 廃材のガラス、ビンガラス、ブラウン管、蛍光灯などが主な原料で、溶かしたガラスを遠心法で綿状とする。このときの状態は白色であるが、フェノール樹脂等を添加して、板状・ロール状などに成形したものが製品となっている。 製造方法は;スピナーと呼ばれる、側壁に小さな穴があいた容器を高速回転させ、上から溶かした原料を入れ、遠心力で側壁の穴から吹き出させた繊維を集めて作る製法。綿菓子の製法とほぼ同じ繊維径はおおむね 3〜9 μm。現在すべての断熱材・保温保冷材・吸音材がこの方法で製造される。


 

下の左の写真:
このグラスウールを袋詰めしたものの施工例です。 90cm幅、長さは180cmのものを天井裏に敷いて、間、隙間をガムテープで止めています。 やっつけ仕事ですが、この状態で気密性が保てるでしょうか?半年か1年かからないで、テープは剥がれ隙間は露わになってしまいます。 断熱にとって大切な気密性の確保から言って失格なのは明白です。

 
   また、このグラスウールは、ガラスから出来ていますので、調湿能力が全くありません。
調湿?? これも断熱材料にとって大切な機能で、例えば冬;暖房します。温かい空気は、壁や天井を抜けて断熱材にいきます。そこで断熱材が湿気に出会って自身が濡れます。 もしこの湿気を自分でコントローロ出来ない場合は、自然に乾くまで待たねばなりません。 しかし、冬は、常に暖められ、夜暖房が止まっても、朝までに乾ききらない場合、水滴になって、そこにとどまります。これを連日繰り返すと、湿気と暖気でカビの原因になります。そして湿気を帯びた断熱材は自身の重さで潰れていきます。 またはカビが繁殖してシックハウスの原因になる可能性が多いにあります。 天井のカビの様子の写真はなかったのですが、壁を剥がした写真を掲載します。 天井でも同じことが起こりえます。断熱材はカビだらけになります。
 

 

 こんな断熱材料を使いますか? 日本では、こんなインチキな断熱材料が使われています。 材料の製造会社も、それを使う施工会社も当然このことを知っているはずです。でもこの材料は、建築業界から排除されません。 現在の日本の建築業界全体の問題と思います。

 

 施主の健康や、暮らし安さなど、全く考えていないと思わざる負えないです。 断熱材料としてグラスウールは「絶対」に使ってはいけないという建築関係のサイトもあるくらいです。


 

では、どんな断熱材料が良いのか?

 

 工務店や、建築会社は、断熱材料の性能ばかり言っていますが、断熱材料にとって大切な要素、機能は、断熱性能ばかりではなく、気密性の確保がきちんとできること、これができない材料は、断熱性能がいくら優れていても、役に立ちません。 2つ目は湿気をコントローロできることです。 この2点がカバーできるまたは、そのように施工できる優れた断熱材としては、私は、セルロースファイバーが良いと信じています。(今は)

 
 

 先ほどの写真です。 左はグラスウール、右はセルロースファイバーを敷くと言うより降り積もらせた施工例です。 約300mm程施工します。 セルロースファイバーは綿状のもので袋などには詰めていませんので、天井裏に隙間なく降り積もらせることができます。気密性の確保は完璧です。 細かい隙間も埋めてくれます。

 

 このセルロースファイバーの原料は、新聞紙です。 古新聞を回収して、繊維質にし、ホウ酸で燃えにくくし、綿状に加工します。 新聞紙は紙で元々は、木材です。その木材の繊維質はそのまま残りますので、この木の繊維が湿気を吸収したり、排出したりしますので調質作用があるのです。ですから湿気で濡れて形が縮むことがありません。 形状・気密性を保ったまま湿度のコントロールをしてくれる大変すぐれた断熱材です。 宣伝になっていますが、何故こんなに褒めるか?私自身が実家のリフォーム時に断熱についてはいろいろ半年ぐらい調べて、セルロースファイバーを見つけ、施工した結果良かったので、お知らせしているのです。 

 
 
  米国では、木造建築の断熱としてかなり古くからあり、断熱材料としては標準的に使われている材料です。 何故日本では、こんなに知名度が低いのか?不思議でなりません。 ただ、施工価格は、それなりにします。 平米あたりの施工費用は、¥3,000 -程度。
  しかし、全く役に立たないばかりか返って害になるような断熱材なら、施工しない方が良いと思っています。 グラスウールは「絶対」に施工してはならない材料と私も考えています。
 

 もし、断熱が是非良いものが、欲しいなら、他の建築費を削ってでも、セルロースファイバーをお薦めします。 屋根だけでしたら、簡単、ただ降り積もらせるだけですが、これを家の壁、床下、天井ずべてにリフォームするのは、かなり大変でした。 例えば壁に施工するには、壁をずべて取り払いセルロースファイバーを施工し、また内壁を再施工しないといけないからです。 セルロースファイバーの施工費用以上に、周りの大工工事に費用がかかります。 
>>> セルロースファイバーのメーカーサイト: http://www.decos.co.jp/index.html 


屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved