屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



屋根断熱;屋根材での断熱方法

屋根、屋根材での断熱;材料、方法、工法

 屋根での断熱と言うと「夏」の照りつける太陽の熱射ろ軽減するのが狙いで、真夏;屋根の表面温度は日中は70度以上になります。 この太陽からの熱射を部屋に伝えない為の断熱が主な目的。特に金属系の屋根材を使用した場合は必須と言っていいでしょう。簡単な断熱は屋根断熱です。

屋根材、屋根での断熱方法:

屋根の断熱方法は
 1: 断熱付きの仕上げ材(屋根材)を施工する
 2: 遮熱の塗装を施す
 3: 断熱シート、遮熱シートを使う
 4: 本格的な断熱材料を屋根の中に施工する方法
 5: 屋根の裏側に施工する(吹付け型、取付型))

 ●このサイトは、屋根のリフォームサイトなので、屋根を葺き替えたとき、以前の状態より環境が悪くならないように、ご案内します。
 屋根での、または屋根材での断熱は、特に金属屋根材を使ったとき気になります。 ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板に屋根を葺き替えたとき、その金属材料だけでは、「真夏」の太陽の熱射で部屋が暑くなるのを少しでも軽減するために断熱材を施工します。 
例としては、瓦を撤去して、ガルバリウム鋼板へ替えた、スレート材を撤去してガルバリウム鋼板へ葺き替えたなどです。 スレート屋根のガルバリウム鋼板によるカバー工法では、断熱効果や防音効果は低下するよりかえって上がるはずなのでこの断熱はほとんど考慮しなくても良い場合が多いです。
図1 図2
 

●1:断熱付きの仕上げ材(屋根材)を施工する 

 

 金属の屋根材、特にガルバリウム鋼板には、下図のように断熱材料付き(もしくはオプション)のものがよくあります。標準で付属しているものや選択する製品などがあります。 断熱材料付きのものは材料費が少し高いです。

 

 

屋根材の下に遮熱シートを施工する方法

 

、ガルバリウム鋼板の下に、施工して太陽からの熱射がガルバリウム鋼板に伝わりその熱を反射して、下に熱が伝わらないようにするものです。 施工例は通気工法での応用で、通気工法での断熱、遮熱の効果を高めています。 

 

 

 

ガルバリウム鋼板の屋根材に遮熱塗料;

 

 遮熱塗料を使用する。 
これは、元々ガルバリウム鋼板の表面に塗装してあるものを施工する方法と、あとから遮熱塗料を塗る方法とがあります。 ガルバリウム鋼板屋根材メーカーは遮熱塗装をしてある製品を出しています。 

 
 
 

 

本格的な断熱方法;屋根の中に断熱材料を充填する

 

、屋根の断熱方法としては、最も古典的で効果の高い方法です。 断熱材の種類も多い、メーカーも多いです。 基本的に外壁の断熱を新築時に施工するケースが多いです。 しかし、写真のように屋根の構造を変えます。 コスト高、30mm〜50mmのものを施工すると、屋根の高さが変わりますので雨樋の全架替になりますので、更にコスト高。 ですので屋根のリフォーム時には、あまり採用されないです。 新築では盛んに施工されています。

 

 

屋根の裏側に吹き付ける断熱材料;

 

、屋根の裏側とは、屋根裏部屋の上、屋根の裏側から、発泡系の断熱材料を吹き付けの方法で施工する方法です。 これも効果は高いですが、コスト高です。 リフォームではあまりやられていません。 下図右写真;1階と2階の間に施工する吹付け型の断熱材。

 

 

、以上が、屋根部分で実施できる断熱材料の施工方法からみた、製品です。 屋根で断熱をする方法はこのようにいくつかあります。 あとは費用vs効果の問題です。 断熱の本質、本当にやりたいのは、屋根の温度を下げるのではなく、部屋の温度を保つ、夏上昇しないように、冬下がり過ぎないようにするものなので目的を明確にして、考えることが大切です。 

 ガルバリウム鋼板は新日鐵住金株式会社の登録商標です

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved