屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



ガルバリウム鋼板専門ページ

 

 ガルバリウム鋼鈑の成分、ガルバリウムメッキの強さ

   ガルバリウム鋼板は、正確には製品名であって、一般名ではありません。 Galvanizig(溶融亜鉛メッキ)の一種であり、1970年に米国のベツレヘムスチール社が、溶融亜鉛メッキ鋼鈑に 55%のアルミニウム合金でメッキをした製品を Galvaliumという商品名で販売したのが、ガルバリウム鋼板です。
  ガルバリウム鋼板は、その製造の仕様が;亜鉛 43.4%、アルミニウム 55%、シリコン 1.6%でメッキされた鋼鈑で、ベツレヘムスチール社が、開発した当時から耐久性に優れ、錆びにくいメッキ鋼鈑です。メッキの鉄板としては、亜鉛メッキのトタン、スズメッキのブリキが有名ですが、これらより遥かに錆びにくい、耐用年数の長い鋼鈑になります。なぜガルバリウム鋼板が長寿命なのでしょうか?

   ガルバリウム鋼板のメッキの仕組み
 
ガルバリウム鋼板は、鉄の鋼鈑の上にメッキを施している鋼鈑ですが、このメッキと
 表面塗装が耐用年数に関わっています。ガルバリウム鋼板の長期寿命を支えているのが、亜鉛の犠防食機能とアルミニウムの高耐食性です。これについて、ここでは詳しく解説していきます。
   亜鉛メッキは、古くからあるメッキ方法ですが、これにアルミニウムを混ぜたところがみそなのかもしれません。アルミニウムは亜鉛メッキ中に混ぜると耐候性がぐっと増すことが知られています。
 
   表面技術; 小特集:高耐候性表面処理鋼鈑とその防食機構より
   亜鉛にアルミニウムを混合した合金でメッキをすると、防食(腐食、錆びを防ぐこと)に貢献すると以前から知られていました。これに大手の鉄鋼メーカーは着目し、(亜鉛メッキ鋼鈑、トタンはこの一種ですが、一般には溶融亜鉛メッキ鋼鈑)長年研究、試験、製品化に取り組んでいたのです。
   各社が注目したのは、赤で示したアルミニウムの混合量、5%と55%の混合割合です。上の実験では、亜鉛中のアルミニウムの割合を変えた資料、検体を用意し、試験場所を海岸近く、海岸から離れた場所、酸性雨のあるであろう工業地帯、田園地帯と変えて、各検体を5年間設置して、そのメッキの錆び量、腐食量を失われたメッキ量、厚さで測定した結果です。このグラフは、アルミニウムの含有量が5%付近で失われるメッキ量は海岸付近の場所で急激に減少(田園地帯、工業地帯ではそうでもないですが)していますが、そこからアルミニウム20%付近ではメッキが減少していて、防食効果が弱まっています。20%付近がメッキの減少が最大で、そこから70%まで、失われるメッキ量は減少しています。(メッキの減少が減るのは防食機能が働いている)このグラフだけみると、アルミニウムの量を一番増やした方が良いように思えます。70%のポイントが一番腐食を防げるポイントです。
   アルミニウムの混合量を増やすとメッキの腐食が減る、つまり防食機能が強化されるのですが、これは平板での話、製品である鋼鈑は、例えば屋根材メーカーに納品されて屋根材に加工されます。折り曲げ、切断されて屋根材になります。この端ではメッキがありません。また平板でメッキに傷が付いて素地である鉄の鋼鈑が空気中にさらされたら、そこから一気に錆びが発生し、あっという間に腐食が広がってしまいます。アルミニウムはこれを防ぐことができないのです。
   ●亜鉛(Zn)の犠防食機能
  そこで、亜鉛の耐食性である、犠防食機能が役にたつのです。
亜鉛は鉄(Fe)より活性で、イオン化傾向が鉄よりもイオン化されやすい、中学校の理科で習いました。この特性が素地が見えている、鋼鈑の端、メッキに傷がついている箇所で役にたち、重要な鉄部分より先に亜鉛は酸化して、鋼鈑の表面を守るという機能なのです。切断した端面、メッキが禿げた、傷ついた箇所を亜鉛が酸化することによって鋼鈑・鉄部分が錆びないようにすることが、鋼鈑の耐食性に大きく貢献しているのです。亜鉛は自分が酸化することによって鉄を守る。自分が犠牲になるという意味で犠防食機能と言っています。
   これら2つ、アルミニウムの耐食性亜鉛の犠防食機能を上手く両方の機能が最大に働く、亜鉛とアルミニウムの混合比は、いかほどか?それが、アルミニウム混合比が、5%と55%です。
その混合比の最適なポイントを各メーカーは長年研究してきたのです。
   1970年に、米国のベツレヘムスチール社が、アルミニウム;55%、亜鉛;43.4%、シリコン;1.6%のGalvalium(日本語;ガルバリウム鋼板)を世にだしました。今もメッキの研究、試験、改良は続けられていて、いろいろなメッキ製品が出てきています。ガルバリウム鋼板は、耐用年数、価格、加工のしやすさからかなり成功した製品なので、世界中に市場が広がったわけです。20世紀の大発明と言っていいと思います。21世紀には、これに続く開発、製品化がありました。後述。
   アルミニウム5%の溶融亜鉛メッキ製品も製品化されています。またこれにいろいろな金属を混合した合金でのメッキ製品も研究されています。
   ・ガルバリウム鋼板にある1.6%のシリコンは何の為?
   ガルバリウム鋼板のメッキ層に含まれているわずか1.6%のシリコンは、鋼鈑の加工のやりやすさの為に添加されています。ガルバリウム鋼板の製造過程でメッキ層の鉄とアルミニウムの境界でFe-Al、鉄とアルミニウムの合金ができてしまいます。この合金が製造過程で厚くなると、メッキ皮膜を曲げる、折るときにダメージを与えやすくなります。メッキに小さな亀裂や傷がつきます。成るべくこのFe-Alの合金を生成しないように、厚くならないようにするために、僅かなシリコンを添加して、この悪い合金の成長を妨げています。・・・加工をし易くするためです。
   亜鉛の犠防食機能は溶融亜鉛メッキの時代に盛んに使われた機能、技術で日本では明治時代には溶融亜鉛は伝わっていました。ですから本来は亜鉛の耐食性がはじめなのですが、説明は分かりやすいようにアルミニウムの耐食性をはじめにお話しました。

 

 スーパーガルバリウム鋼鈑の登場; 2016年

   亜鉛、アルミニウムの他に鋼鈑の耐食性に寄与する金属はないのか?研究は続けられています。注目されたのは、マグネシウム。日鉄住金鋼板は、2016年に亜鉛、アルミニウムの合金に、マグネシウムをわずか 2%くわえると、ガルバリウム鋼板より耐用年数の長いメッキ鋼鈑になることを使って、製品化に成功しました。製品名は;SGL(S;はSurper、Superial、Specialの意味だそうです)スーパー鋼鈑、スーパーガルバリウム鋼板、日鉄住金では次世代のガルバリウム鋼板とカタログで言っています。
 
   上記のグラフを見ると、ガルバリウム鋼板のメッキ層にマグネシウムを2%程度、亜鉛、アルミニウム合金に混合すると、腐食が進まないというグラフです。縦軸はガルバリウム鋼板のメッキ層の減少量でg/㎡で表していますので、厚さで言うと、一番減少量が低いポイントは、2.2%のポイント、一番減少量が多い、つまり腐食が進むポイントは、4.8%のポイントです。
 それぞれ、厚さに換算すると、0.4μm、2.4μm で一番劣化の多いポイントは、少ないポイントの6倍の腐食があることになります。 このマグネシウムの含有が 2%のポイントに着目したわけです。
 
  ●このSGLを使って2016年に屋根材を発売したところが、アイジー工業とニチハです。 それぞれの製品は、アイジー工業が「スーパーガルテクト、ニチハは横暖ルーフSになります。 この製品の解説
2017年2月完工のスーパーガルバリウム鋼板
の工事例、和風の家にガルバリウム鋼板横葺き
 瓦調ガルバリウム鋼板の施工例
  アイジー工業、ニチハともこの日鉄住金鋼板のSGLを使っていて、耐用年数はSGLの仕様をそのまま踏襲しています。穴あき保証25年、塗装はフッ素塗装で20年です。従来のガルバリウム鋼板の保証が10年であったことを比較すると、格段の進歩といえます。技術は日々進歩しています。
  また、この新しい鋼鈑は、塩害にも強く、海から500m以遠も保証の対象になりました。

 

 JFEは、ガルバリウム鋼板の加工部分を塗装技術でその耐食性能を高める

 
   JFEは、ガルバリウム鋼板のアルミニウム含有の研究も勿論継続しているでしょうし、他の金属のメッキ研究も行っていると思います。論文、報告の文書も多数でています。でも現在は、塗装の塗料の改良、でガルバリウム鋼板の加工部分、曲げ、折り部分での腐食の軽減を目指しています。有害な六価クロムを軽減しながら、塗装の改良をし、鋼鈑自体の耐用年数、保証期間を延長する路線を選択しています。その集大成が、「Jクラフト」クロムの使用をぜす、塗膜などの改良でとガルバリウム鋼板の曲げ加工部での耐食性を向上させました。この加工の柔軟性は、セキノ興産に採用され、日本の伝統建築でる木の屋根の意匠性を実現しています。
   上の写真、画像がJクラフトを使った、意匠性を重視した、ガルバリウム鋼板屋根材。縦方向の細かい段差を付け、横葺きでありながら、モダンな、より和風の意匠になっています。細かい段差を付けたデザインが特徴です。もちろん通常のガルバリウム鋼板で同じ加工はできますが、その曲げ、折りをやってその部分の耐食性が、Jークラフトは違うということなのです。

 

 ガルバリウム鋼鈑自体の製造メーカーについて

  ガルバリウム鋼板とガルバリウム鋼板の屋根材を製造しているメーカーは別会社です。ガルバリウム鋼板を製造しているメーカーは、主に大手鉄鋼メーカーです。
  ●日鉄住金鋼板株式会社; 新日鐵住金グループの会社
●JFE鋼鈑株式会社; JFEグループの会社
●日新製鋼
●淀川製鋼所 
・ ・ ・ 詳しくは、ガルバリウム鋼鈑屋根材・ガルバリウム鋼板製造メーカーのページ

 

 ガルバリウム鋼鈑屋根のメンテナンスについて

 
   ニチハ株式会社の横暖ルーフ(日鉄住金鋼板のSGL)のメンテのスケジュールです。シーリングとは、屋根材との接合部分等の隙間部分の異常をコーキング等の手段で塞ぐことですが、これはメンテをやるべきと思いますが、同時に行う塗装(緑の部分)、横暖ルーフαS、横暖ルーフSでは10年ごとに塗装をやることになっています。また横暖ルーフαプレミアムS、横暖ルーフ プレミアムSは、20年を過ぎて塗装をお薦めし、30年程度で葺き替えを・・・となっています。
   このメンテスケジュールについて、考察して見たいと思います。
   この図を見ていて気づいたことがあります。この表は、ガルバリウム鋼板屋根材のメンテをするスケジュールであって、ガルバリウム鋼板屋根のメンテスケジュールではありません。なぜならガルバリウム鋼板の下のルーフィングについてはなんら考えられていないからです。その詳しい解説がなされていません。屋根材メーカーは、屋根材の保証はしますが、屋根全体については、何ら責任を持てないことを意味します。当然、屋根の骨組み、コンパネ(下地)、ルーフィング(防水材)については屋根材のメーカーは、責任を持ちえません。ですので、あまり詳しい解説をしないのだと思います。
   しかし、屋根屋は屋根全体の責任を持っていますので、保証するという意味ではなく、もっと突っ込んで説明をするべきと考えます。結果的に上記のメンテ周期だったとしても、その説明は必要と思いますあまりこのメンテの意味や、やる効能、意味を正確に説明した記述を見たことがありませんので、改めて、考えて頂きたいと思います。
   まず、ガルバリウム鋼板のような金属の屋根材を塗装する意味です。塗料の種類を何にするかも問題ですが、鋼板の上からの塗装は、ガルバリウム鋼板のメッキ層を守り、屋根材を腐食から守る役目も果たします。そして雨漏りを防ぐ為だけではなく、屋根を美しく保つことも重要なメンテです。この再塗装を繰り返せば、ガルバリウム鋼板の屋根材自体は、メッキ層が無くなる前に塗装を繰り返せば、表面からの腐食は原理てきには無いはずです。裏から、横の切断面とか軒先からの腐食は十分に考えられます。
   ですので、美観を気にするのなら、10年ごとの塗装ではなく、塗装が剥げて気になったら、美観の観点から、再塗装をします。塗装をやらない場合は、普通のガルバリウム鋼板で25年は雨漏りは無いと考えられます。スーパーガルバリウム鋼板なら、穴あき保証は25年、耐用年数は保証より長いのが普通です。しかし、メーカーは耐用年数について何も解説をしていません。多分、30年程度は大丈夫であるはずです。でもその前にルーフィングが駄目になることもあります。
   そして、屋根の耐用年数にとってガルバリウム鋼板より重要な、ルーフィングを考えなければなりません。ここでルーフィングを何にしたかによって、雨漏りはいつごろから心配しないといけないか、おおよそ分かります。普通のルーフィングを施工していれば耐用年数は20年程度、ルーフィングを二重にしたり、高耐久のルーフィング(ライナールーフィング、PカラーEX+プレミアム)等を施工した場合は、30年以上です。これを過ぎたら雨漏りを心配し始めてください。
   ガルバリウム鋼板のメンテの表は、美観を考えてのものです。美観は関係ない。雨漏りをしないようにしたい、メンテしたいのなら、そえはルーフィングも考えたものになるはずです。10年ごとに再塗装の必要はありません。つまり、今スーパーガルバリウム鋼板を施工して、ルーフィングも30年以上の耐用年数のものを施工したら、30年間は、通常なら雨漏りの要因はありません。お客様が30年ごろには別のところに引っ越す、この家を解体して立て直す予定がなんとなくあり、屋根も地上から見えないし、美観は気にしないのなら、塗装の必要性は全くありません。
   良く工務店や建築会社の営業の話として、金属やねなら10年ごとに塗装をしたほうが長持ちします。と言いますが、その塗装は何の為にやるのか?しっかりと説明がないのが実情です。これは嘘ではないですが、不親切です。塗装の意味、屋根の(屋根材ではありません)耐用年数はルーフィングの耐用年数です。そして一番重要なのは、屋根をどう考えて、あと何年そこに住むつもりなのか?です。
   闇雲にガルバリウム鋼板は10年ごとに塗装をしないといけないと思わされていると、無駄なお金を使うことになりかねません。塗装の意味と屋根の耐用年数、ルーフィングの耐用年数を良く考えてくださいややこしいですが、分からなければお電話ください。 0120-58-1152まで

 

 ガルバリウムの欠点について

   素晴らしい屋根材であるガルバリウム鋼板ですが、欠点もあります。良く聞かれたり、問題になるのは、断熱と雨音です。
 
  ●断熱: 一応横暖ルーフSもスーパーガルテクトにも、硬質ウレタン系の断熱材が、10mm厚前後取付られています。かつ、断熱材料はアルミニウムのシートで包まれていて、材料自身の剛性は高いです。 断熱材としては、十分な厚さとは言えないと思っています。しかし、スレート屋根のカバー工法であるなら、今までの状態よりは悪くなりません。他の断熱材料は全く必要ありません。ただ、瓦を撤去してガルバリウム鋼板に葺き替えたとき、今よりも断熱性能を向上したい、今より夏涼しい屋根にして欲しい、という依頼は正直言って難しいです。瓦屋根の状態と同じか悪化しない程度にしてほしいという依頼なら、屋根材の断熱とか、通気工法とかやりようがありますが、屋根を交換するときに断熱を屋根だけでかなり向上させるのは、屋根の断熱プラス、外壁の断熱、窓の断熱、床の断熱を考えないと「かなりの断熱効果」にならないからです。屋根の構造を変えるとか、屋根に100mmの断熱材料を施工するとかの話になって費用がかかります。もし、かなりの断熱を望むのであれば、屋根だけではなく、いろいろな方法を考察しないと実現できないと考えます。 
   これも詳しくは電話をください。私の今住んでいる家は、数年前に大規模にリフォームをして、断熱にお金をかけました。その話もできますので、お役にたてればと思います。
   お客様がどの程度の断熱を望んでおられるのか?そのレベルが問題です。特に夏ですね。
 ・ ・ ・ ご相談ください。 断熱については、また別のページで書きたいと思います。
  ●雨音: スーパーガルバリウム鋼板を含めてこの材料には遮音の機能は付いていません。またスレート屋根のカバー工法では、既存の屋根材がありますので、この場合には問題にならないことが多いです。しかし、瓦やスレートを撤去してガルバリウム鋼板となると、少し事情が違って、例えば二階に施工したとき、激しい雨が夜中に降ったら、うるさくて眠れない、というご家族がいたら、この遮音、防音を考慮するべきと考えます。 簡単な解決方法は、ジンカリウム鋼板に交換する方法がベストで、この仕上材は表面が石粒付になっていますので、雨は石粒で拡散されて雨音は消えます。気になるようでしたら、他の解決策もありますのでご相談ください。 0120-58-1152 まで

 

 ガルバリウム鋼板屋根葺き替えの費用について

   このサイトには、ガルバリウム鋼板の葺き替え概算を沢山載せていますが、今回新しいガルバリウム鋼板、スーパーガルバリウム鋼板とお助け隊えでは言っていますが、スーパー鋼鈑もでましたし、実際、この鋼鈑での施工工事もすでにやりましたので、参考までにこの施工価格をご紹介します。
 工事前の瓦が乗っているときの写真  瓦をすべて撤去し、下地材を施工中
 下地材の上にルーフィングの施工 ガルバリウム鋼板を施工して完成です 
 既存瓦、下地材をすべて撤去、なので下地材であるコンパネからの施工となりました。
・屋根面積:285㎡、棟の全長:38m
・足場なし
・現場: 茨城県常陸太田市
   
   上記が、実際の施工金額になります。屋根の面積が広いので、単価は殆どガルバリウム鋼板の施工相場ですが、金額は大きいです。面積が、285平米と住宅地ではない広大な家でしたので、合計金額は参考になりませんが、各工事項目の単価は、良く見てください。 ニチハの25年保証、フッ素樹脂塗装のスーパーガルバリウム鋼板の本体の施工費が、平米¥5,800-はかなり良心的な価格になります。工務店や建築会社では、この価格はでないと思われます。屋根屋さん直接の契約ならではの価格です。ほぼ相場かそれより少し安いくらいか?
   ・ ・ ・ この価格は参考価格として載せましたすべての屋根屋さんが同じ価格とは限りませんのでご了承ください。また、この価格でやって欲しい旨のお電話、見積依頼もありますが、価格は屋根屋との直接的な取引で成り立っています。当方が価格を提示することはできませんので、その点もお願いいたします。

   他のページにも載せていますが、鋼鈑の施工費用で、スレート屋根のカバー工法でのガルバリウム鋼板の本体の施工単価を統計で出してみました。下記になります。
 
   この統計、データをとったときは、旧ガルバリウム鋼板で、スレート屋根のカバー工法での見積、契約工事、他社のサイトの価格、競合の見積などを鑑み出したものです。ガルバリウム鋼板のメーカー、モデルは考慮していません。横軸は、価格帯で平米あたりの施工費用(材料と施工費)を¥500円刻みで表してあり、縦軸は、見積、価格を聞いた件数になります。5000円/平米より安い本体は、横葺きのものではなく、瓦棒形式の断熱材なしの施工価格です。また新しい製品(新ガルバリウム鋼板など)の施工相場は、データがありませんが、本体の施工相場は、¥6,500~¥7,000/平米程度になると思われます。少し高くなると思っています。これはジンカリウム鋼板の施工価格に匹敵です。

 

 どのガルバリウム鋼板が、今はお得か?

   2017年3月にこの原稿を書いていますが、今お得なガルバリウム鋼板は何か?
ガルバリウム鋼板以外でも良い屋根材はないか?と聞かれたら、ご紹介したい屋根材は;
1: ガルバリウム鋼板では、ニチハの横暖ルーフS、または、アイジー工業のスーパガルテクトです。価格は少しガルバリウム鋼板より高くなりますが、お薦めです。その際ルーフィングは、高耐久のものを施工するべきです。(30年以上の寿命を持ったもの) スーパーガルバリウム鋼板と言っています
 ・ ・ ・ リンク:スーパーガルバリウム鋼板のページへ
2: ガルバリウム鋼板を考えて居る方にお知らせしたいのが、石粒付鋼鈑、または自然石粒付鋼板です。ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板の上に石粒をコーティングした雨音のしない、材料保証30年、耐用年数50年の超高耐久性屋根材です。ガルバリウム鋼板より、やはり少し高いですが、検討するに値します。 ・ ・ ・ ジンカリウムとガルバリウムの違いジンカリウム鋼板のページ

●ガルバリウム鋼板®は、新日鐵住金株式会社の登録商標です
屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved