屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



雨漏りの観点で重要なルーフィング;仕上げ材より重要?

 ルーフィング(防水材)が重要な材料です。 何故か?

   それは、家を雨漏りから守り、木造家屋の木造が水に濡れ、腐食してしまうのを防いでいる主役だからです。雨漏りは、瓦やスレート材が割れたり、破損しただけでは雨漏りは発生しません。コロニアル、カラーベストに苔が生えようが、カビができようが、ガルバリウム鋼板に錆びて穴が開いてもそれだけでは、実は雨漏りは起こらないのです。 それはこれらの仕上げ材の下に必ずルーフィングという防水材があり、仕上げ材の隙間から侵入した雨水を防水し、下の軒先から排出するからです。
 このルーフィングの防水材機能が、劣化してその機能を失わない限り、仕上げ材が破損しても雨漏りは起こらないのです。 雨漏りの観点からすると最も重要な材料と言えます。

 屋根の耐用年数は、仕上げ材の耐用年数ではありません。

 瓦;釉薬瓦の耐用年数は 60年以上。 では屋根の耐用年数は 60年でしょうか?
いいえ、瓦の寿命が来るはるか前に雨漏りが始まります。 それはルーフィング(防水材)の防水機能が20〜30年で失われるからです。ですので、釉薬瓦は、20年〜30年で屋根の葺き直しをするのです。 葺き直しは既存の瓦は残して、ルーフィング(防水材)だけ交換する工事のことです。
勿論他の傷んだ部分の補修も行いますが、主な工事の目的はルーフィングの交換です。古いルーフィングの耐用年数が20年程度、もしかしたらそれ以前に古いものは防水機能を失っています。
 屋根の寿命、耐用年数が屋根の機能を「雨風から家を守る」「家の外観的な美観を保つこと」と定義すると、その機能を失ったときその屋根の耐用年数が来たと考えられます。 雨漏りの機能からすると、「雨」から家を守っている主役はルーフィングなので、屋根の寿命=ルーフィングの寿命と言っても過言ではないと思われます。 
 瓦やスレート、ガルバリウム鋼板の劣化は家の美観(これも大切な材料の機能です)を損ないますが、雨漏りとは直接結び付きません。 瓦が割れてルーフィングに穴があいたら雨漏りですが。
瓦そのものだけの被害でしたら、直ちに雨漏りにはならないことを理解してください。
 ・ ・ ・ 詳しくは雨漏りの仕組みを参照

 ルーフィングの耐用年数、保証期間

 ルーフィングは不燃布にアスファルトを塗布したシートでアスファルトは太古の昔から防水材として使用されてきました。しかし屋根の重要な材料ではあるのですが、残念ながら製品の保証をしているメーカーは一社もありません。 耐用年数についてもカタログにその記述がありません。 営業に聞くと、うちの製品は30年経っても大丈夫なところを知っています。などと言うばかりで、耐用年数は何年と言えないようです。 屋根屋に聞くと20年程度と言います。 こころもとない返事ですが、これが現状です。 保証期間や耐用年数がない製品なのです。
 まあ、分からないでもありません。 保証期間など定めたら大変です。もし保証期間内で雨漏りが起きたら補償問題になってしまうからです。会社の存亡に関わることです。 保証は無理、耐用年数ですらカタログに記述はありません。当然保証書もありません。

 仕上げ材の耐用年数とルーフィングの耐用年数

 スレート、コロニアル、カラーベストの耐用年数は、おおよそ20年、一般のルーフィングの耐用年数も20年程度なので、一致して問題無いのですが、ガルバリウム鋼板は25年以上、まあ5年程度の違いは我慢するとして、ガルバリウム鋼板のフッ素樹脂塗装を選んで、保証20年、耐用年数30年だったら、どうでしょうか? ルーフィングの耐用年数が足らないと思いませんか?
 最近工事が増えているジンカリウム鋼板;保証30年、耐用年数50年、一般のルーフィングでは、かなり困ったことになります。 折角50年の長期耐用年数の仕上げ材を施工しても、20年程度でルーフィングの寿命の為に雨漏りが始まったら ・ ・ ・ なんの為にジンカリウム鋼板を選んだか分からなくなってしまいます。 ですので、屋根材(仕上げ材)の耐用年数とルーフィングの耐用年数は成る可く同じ耐用年数でないとミスマッチになってしまいます。 仕上げ材料の耐用年数のかなり前で屋根の葺き替え、張替えになってしまうのです。 ルーフィングの交換のために。

 耐用年数が30年以上あるルーフィングは無いのか?

 この耐用年数が長いルーフィングがあまりないのが、ルーフィングはどこも同じで、ルーフィングについて悩んでも無駄だという空気があります。 屋根屋もお客様もルーフィングについては、殆ど誰も気にしなくなっています。 雨漏りでは最も重要な材料なのに!
 で、30年の保証はありませんが、耐用年数が30年としっかりカタログに記載しているメーカーが日本にあります。 またこのメーカーは、数年前に耐用年数 60年の製品も開発しています。
 カタログのコピーを掲載しておきます。

●ライナールーフィング; 田島ルーフィング株式会社  耐用年数30年

●マスタールーフィング; 田島ルーフィング株式会社  耐用年数60年
 マスタールーフィングのカタログに記載されている耐用年数を調べるための試験;
赤いラインが一般に出回っているルーフィング、矢印の部分、およそ20年程度が防水材機能が失われるライン、縦軸は「防水層の柔軟性」とありますが、柔軟性を失う=固くなると雨漏りの危険が大きくなります。(その理由は、別ページでお話しますが) 白いぼやけたラインが防水機能を失ったライン。 青いラインは、マスタールーフィングで、60年経っても白いライン以下になりません。
 注:この試験は促進試験なので、実際に60年とか20年の試験をした訳ではありません。

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved