屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



月星商事株式会社;日新製鋼の販売商社

 ●ZAMの屋根材が待たれる製品開発

 >>> リンク: 月星商事の扱っているガルバリウム鋼板屋根材製品
 月星商事は、鉄鋼大手の日新製鋼(日本第4位の高炉メーカー)の鉄鋼二次製品及び建材製品の専門販売会社です。日新製鋼の製品は、殆どが月星商事と通して全世界に販売されていると思われます。
 日新製鋼は、鉄鋼製品を手広く手がけています。
 道路・土木関連製品、酪農・水産関連、鉄道関連、工場の建物、その周辺設備、建材、建築関連
 自動車関連(いろいろな部品、設備関連)、住宅関連(屋根材、外壁等)
 よって月星商事もこれらの市場向けに日新製鋼の製品を販売しています。屋根材のガルバリウム鋼板製品の原盤(ガルバリウム鋼板そのもの)は、日新製鋼が生産し、屋根材に加工するのは、月星が持っている各加工工場で屋根材や外壁材料、各種建設資材に加工しているももあると考えています。または、日新製鋼が屋根材までメッキ処理、金属加工まですることもあるかもしれません。日新製鋼、月星商事グループで屋根材料について言えば、ガルバリウム鋼板の屋根材製品は、彼らが最終製品までを生産しています。(日新製鋼と月星商事で一貫してガルバリウム鋼板製品等を生産、販売しています)

 日新製鋼の新メッキ鋼板材料:「ZAM」
 ZAM: Z:亜鉛、A:アルミニウム、M:マグネシウムの合金メッキ
 ZAM:
 Zinc: Zn:亜鉛: 91%
 Aluminum: Al:アルミニウム: 6%
 Magnesium: Mg:マグネシウム:3%
 亜鉛の含有量が多い合金です
 メッキ鋼板の世界の流れは、溶融亜鉛メッキの製鋼例が、1970年に米国のベツレヘムスチール社が開発したガルバリウム鋼板が、世の中を席巻しています。それに対抗する新しいメッキ鋼板を日本の鋼板メーカーは必死に新商品を作っています。ZAMは、その一つの回答で、2017年4月現在、公になっているガルバリウム鋼板を超えるメッキ鋼板製品は、日鉄住金鋼板のSGL(スーパーガルバリウム鋼板)、JFE鋼板のJ-クラフト(塗装の改良製品)、ZAM等になります。(ZAMは2001年に開発される)
 実はガルバリウム鋼板を超えるマグネシウムを混合するメッキの製品化は、日新製鋼が初めてです
 (2000年には住宅のフレームとして大手ハウスメーカーが採用しました)

 日新製鋼の表面処理鋼板の種類
 > ペンタイト:溶融亜鉛メッキ(トタンの部類)
 >ガルバスター(ガルバリウム鋼板:溶融55%アルミニウム-亜鉛メッキ)
 > ZAM: 溶融亜鉛 91%ーアルミニウム6%-マグネシウム3%メッキ鋼板
 > アルスター鋼板、耐工用アルスター鋼板、アルスター鋼板XV 溶融アルミニウムメッキ
 他

 日新製鋼の最終塗装鋼板の種類
 > 月星カラー: 塗装溶融亜鉛メッキ鋼板(簡単に言うとトタン)
 >月星GLカラー/SELiOS/艶消し/TF涼くん/TF肌美人/エル・クエロ/タフクール
  (全て塗装した※ガルバリウム鋼板:溶融55%アルミニウム-亜鉛メッキ)

 > アルスターカラー、耐候用アルスターカラー、耐候用アルスターカラーTF: 
  塗装溶融アルミニウムメッキ鋼板(主にアルミニウムメッキ)
 >月星ビイタイト:ポリ塩化ビニル被覆金属板(塩ビの鋼板)
 >テクスター: 塗装溶融亜鉛メッキ鋼板
 他、ステンレス、特殊鋼、等多数のメッキ、鋼板製品
 ※ガルバリウム鋼板のメッキ組成は、亜鉛 46.4%、アルミニウム 55%、シリコン 1.6%
ですが、シリコンの混合比は、記載が冗長になるので書かないことが多いです。

 月星商事は、日新製鋼の製品の中で一部の製品についての加工、販売をしていると思います。
それは、Webサイトにあるように、主に屋根材、外壁材に特化しているようです。しかし、残念なのが、日新製鋼のメッキ鋼板の主力製品である「ZAM」を使った屋根材が、2017年4月現在まだありません。
 水面下で開発、商品規格がなされているかもしれませんが、まだ公式に発表はありません。

 ●興味深い実験結果;各メッキの
  野外防爆試験 (外気にさらす試験で錆びの様子を観察するもの)

 ◆メッキした材料を一番錆びやすい切断面での試験結果
 比較しているのは:
 ●ZAM(日新製鋼の新メッキ鋼板: 6%アルミニウム、3%マグネシウム、91%亜鉛メッキ
 ●溶融55%Al-Zn合金メッキ: ガルバリウム鋼板?
 ●溶融Zn5%ーAl合金メッキ: 名前がありませんが、亜鉛?%、アルミニウム5%メッキ
 ●溶融亜鉛メッキ:簡単に言うとトタンです
 溶融55%Al-Zn合金メッキと言うのは、普通ガルバリウム鋼板のことです。それは55%のアルミニウムと引き算して、Zn;亜鉛は、45%の合金メッキだからで、残りの1.6%のシリコンは書かないことが多いからです。びっくりなのは、溶融Znメッキ(亜鉛メッキ;トタン)より、ガルバリウム鋼板の方が切断面については、錆びやすいということです。しっかりガルバリウム鋼板とは書いていませんが、これはちょっと不思議、日新製鋼の解説を聞きたいところです。また注目なのは、ZAMが切断面でも錆びにくいのは素晴らしいですが、亜鉛の量が少ない溶融Zn-5%Al合金メッキも切断面では錆びにくいということです。
 亜鉛には、犠防食作用と言って、鉄より早く錆びて(酸化して)酸化亜鉛になり、鉄が錆びるのを守る機能があります。この結果の表は、亜鉛の混合量が、45%、95%、100%と順に少なくなっています。 見方を変えると、鉄を守る亜鉛の量が45%の少ないものと、95、100%(どちらもそんなに違いは無いように見えます)との比較をして、それよりZAMの方が切断面については、優れていると言いたいのではないでしょうか?また、ZAM、溶融Zn5%ーAl合金、溶融Znメッキとも、3ヶ月で少し赤くなっていて、錆びが出ていますが、6ヶ月目で赤錆が薄くなっています。 ZAMでは、かなりの錆びが消えています。これはどう説明するのか?何が起こっているのか?興味深いところです。何か追加の説明ができたら追記します

 ◆メッキした材料を曲げてこれも錆び安い部分です。 試験結果
 切断面ではなく、材料を曲げたところでの実験です。 これも面白い結果で、亜鉛の量が、95%の合金もかなり優秀であるということです。上の結果とともに、材料の平面部分での実験ではなく、何かストレス;切断と曲げ)をメッキに与えたところの錆びの様子を示していますので、材料全体の評価ではないですが、それでも ZAMは、優秀なメッキであると思います。 ・・・ 何故屋根材に応用してくれないのか?

@@@@@ 

 ●月星商事のガルバリウム鋼板屋根材製品:
 月星商事のガルバリウム鋼板屋根材は、大きく工場や最規模建物に使われる折板屋根と住宅用横葺き、縦葺のガルバリウム鋼板(日新製鋼のガルバリウム鋼板を使用)が大きなウエイトを占めています。
 こられの製品の特徴は、日新製鋼のガルバリウム鋼板を使い、断熱材などの付随物がなく、鋼板のみなので価格が安い。屋根屋やお客様の言い分では「薄くて価格が安い分、少し安っぽい」です。 価格帯や製品の質、堅牢さ、などで同等な製品は、稲垣商事のヒランビー、日本ルーフ建材のさざなみなどと同じ製品群になるかと思います。 
 稲垣商事:ヒランビー、 日本ルーフ建材(さいわいルーフ):さざなみ
 月星商事の住宅用横葺きガルバリウム鋼板屋根材:
 MSタフシリーズ、この他にも、縦葺のガルバリウム鋼板屋根材があります。
 2017年4月現在は、目新しい屋根材料での新製品はありません。

 屋根材としては折板屋根材、住宅用の横葺き、縦葺のガルバリウム鋼板材です
 一部に溶融亜鉛メッキ鋼板製品があります。2017年4月現在は、他社が新しい材料での屋根材を発売していても、ZAMという優秀なメッキ鋼板を持っていながら、屋根材としての発売はありません。鋼板は、市場が非常に多岐にわたり、どこへターゲットを絞って製品化するのか?という商品戦略は、企業にとって最重要課題です。ガルバリウム鋼板屋根材市場は、競合が激しく、また金属屋根材市場を抑えている大手金属屋根材メーカーが強いので旨味が少ない市場なのかもしれません。2017年現在では、金属屋根材市場の90%がガルバリウム鋼板です。その市場は、大中屋根材メーカーが沢山います。
 それよりは大手鉄鋼メーカーがあまり手間がかかって市場に入らない他の市場へ行くのは企業としての日新製鋼の選択です。日新製鋼が力を入れている「ZAM」のお客様は、屋根材のメーカーではないのかもしれません。


屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved