トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



ルーフィングの工業規格 JIS A6013 

  このエントリーをはてなブックマークに追加      

  防水材である「ルーフィング」は日本工業規格の製品です  
  屋根の仕上げ材が割れても欠けても、それだけでは漏水はしません。
防水機能を持ったルーフィングが、破れる、裂ける、穴が開くなどして
防水性能が失われると雨漏りになります。
 

 

屋根の防水をしているルーフィング、その重要な役割

 防水材であるルーフィング、仕上げ材(瓦、スレート、ガルバリウム鋼板など)とコンパネとの間に施工されてあまり目立たない存在の材料ですが、その役割は重要で、仕上げ材からもれる雨水を部屋に侵入しないよう雨水から家を守っています。仕上げ材が破損しても、このルーフィングが破損していなければ、雨漏りは発生しません。「屋根」の耐用年数は、仕上げ材の耐用年数ではなく、 「ルーフィング」の耐用年数です。
 上の図は、モデル化した一般木造住宅の屋根の様子の断面です。 濃い茶色の下地材の上にルーフィング(青)、仕上げ材としてのスレート瓦が乗っています。 スレート及びルーフィングは、それぞれビス、タッカーで固定されています。強い風を伴う雨の場合は、スレートの隙間からどうしても雨水が侵入し、この雨水を下地材までいかないように防水材しているのが、ルーフィングです。雨水はルーフィングの上を伝わって、軒先のほうへ流れていき、排水される仕組みです。スレートの重なり部分からも排水されるため、スレートの重なり部分は、隙間がわずかあいています。塗装するときは、この隙間を完全に埋めないよう縁切りというスペーサーをかませて隙間を確保します。この隙間を完全に塞いでしまうと、雨水が滞留し、ルーフィングの劣化を早め、釘の腐食を早め、屋根の耐用年数をより短くしてしまいます。縁切りは再塗装する際には必須のものになります。
 ルーフィングは通常タッカーで固定されます。スレートやガルバリウム鋼板は、ステンレス製のビスで固定されています。これらは防水材であるルーフィングを貫通しています。特にビスは、2mm径ごどのものなので、ここから雨漏りはしないのか?疑問をもつと思います。

 

ルーフィングはタッカーや釘から雨がもれない機能になっています

 ルーフィングは、丈夫な不燃布にアスファルトを塗布した厚さ2mm程度のシートです。 アスファルトですから防水の機能を持ち、かつシート自身が柔軟性をもっていますので、開けられた釘穴を包みこみ、釘とのわすかな隙間を埋める機能があります。これで釘穴からの漏水を防いでいます。またこの釘に対する漏水試験もJIS規格の中にあります。

 

ルーフィングのJIS規格には、どのような試験、性能評価があるのか?

ルーフィング(防水材)は、JIS(日本工業規格)の規格品です。 JIS規格 A6013は、ルーフィング(正式名称:改質アスファルルーフィング)の規格です。 日本国内で製造・販売されている製品は、そのほとんどがJIS規格を通った製品でその規格をパスするためにいろいろな、規格適用試験があります。 その試験項目に左の漏水試験があります。つまりルーフィングに釘などで穴を開けるのが前提でルーフィングが漏水しないようになっているか?のテストなのです。
 静水圧試験と言いますが、共試体がテストするルーフィングで、釘を打ちここから漏水しないかを試験します。水をいれる円柱の筒を釘の上に設置して、規定の量の水を入れます。釘を打たれたポイントに水圧をかけるわけです。この状態で水が漏れなければ合格になります。・ ・ ・ しかしこれは耐久試験ではありません。このまま10年、20年放置してテストしているわけではありません。この試験は、メーカーが新しいルーフィングの製品を開発、製品化したとき、同じ材料で同じ製造固定でつくれられる製品にたいしてJISの認定を与えるものなので、耐用年数のお墨付きではありません。
 JIS試験項目;
 ルーフィングに対してのJISの規定、実施している試験項目には、次のものがあります。
 ●引張強度試験;ルーフィングをある規定の力で引っ張って切れないか
 ●耐熱試験;加熱して亀裂が生じないことを確認するもの
 ●厚みの試験、測定
 ●単位面積あたりの重量、(規定はあるが、実際はメーカーと取引業者とに任されている)
 ●アルカリに対する試験
 ●寸法の安定性(変形に対する規定)
 ●折り曲げに対する耐性試験
 ●外観検査
 ●凹みに対する試験 他

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved