トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラニー
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします

無料屋根修理業者について 

   はてなブックマークに追加  
 火災保険の風災(台風、暴風雨、疾風などの風の被害)条項を使っての屋根修理を「無料」で行うとする、業者があります。 その実態、やり方を包み隠さずお知らせします。 ただこの資料は、2013年ごろのもので、他の「無料屋根修理業者」は、違う過程、方法で火災保険を使っての屋根修理事業を行っているようです。 ただ基本的には目的は同じで、火災保険の風災事故申請で下りた保険金の殆どを業者が手にしています。 この頃は表にはっきりと火災保険の申請、調査に関わる手数料として、下りた保険金の全額を取っていました。 現在はこの手数料は、表向き取っていないことに・ ・ ・ 私見ですが修理料金に上乗せしたりしていると考えられます

●現地調査依頼書兼保険申請支援申込書

 火災保険(風災)での保険金で屋根の風災での損害を申請するときに、これらの火災保険申請支援業者に依頼するときに、契約することになる契約書、申込書です。(ある業者の申込書;下図)
現物の写しですが、文字が小さくて読みずらいので、重要な項目を4つ下記に書き直しました。 赤く囲んだ箇所は特に重要です。 ①、②は、屋根を調査する際に、屋根の補修工事は、この火災保険申請支援会社・「日本●●●●会社」に依頼することが、書かれています。 つまり屋根の調査を依頼したら、修理、補修も依頼しますという契約、お約束です。 これは法律的に違反をしているという他サイトもあります。(抱き合わせ商法の可能性を指摘されています。) 火災保険の申請はしたい、でも修理は価格・屋根屋を比較したいということは出来なくなっています。 この現地調査及び保険申請支援を申し込むと屋根の修理もここに依頼しますという契約です。
 :当サービスは、お客様の保険申請の支援となります。 当代理店から依頼を受けた日本●●●●(株)
   現地調査や保険申請支援などを実施します。 保険が適用された場合の補修工事は、日本●●●●
   (株)が実施します。
 :現地調査の結果、災害が確認された場合は、日本●●●●(株)とお客様の間で 
  「申請支援及び補修工事請負契約書」を締結します。
 :現地調査をするにあたって、現地調査費用などは、一切かかりません。
 :保険申請により保険適用された場合の保険金は、全て補修工事及び報告書作成・申請支援報酬
  に充当します。
 ③:現地調査の調査費用は無料で、⑤:もし保険申請をして実際に保険がお客様の口座に振り込まれたらそのお金は「全額」 補修工事費用と報告書作成と申請支援の費用として取ります。と言っています。

●申し込後のサービスのご案内、確認の為の資料

 また、屋根の現地調査を依頼する申込書を書いた後、火災保険災害申請支援;サービスのご案内として
 冊子を配布して、契約内容の確認をしています。 苦情が出ないように、再確認をしています。 その確認内容
 は、下記の通りです。 また文字が小さくて読めないので、書き直しています。 拡大図は別紙にあります。
 拡大図は、別紙をみてもらいます。
 このサービスの案内で、重要なのは、2つ;
 1: 「お申込の前に」の第6項目; (繰り返しですが)
 現地調査時に「申請支援及び補修⼯事請負契約」を本部とお客様の間で締結いたします。
 (当契約はお客様を保護する上でも必要となります。ご理解ご協⼒をお願いいたします)
 2: 手数料の明記
 現地調査及び調査報告書作成・申請支援手数料として、お客様が受け取られた保険金の
 45%を頂戴いたします。
 上の案内によると、現地調査を申し込みする際に;
 1:屋根の修理は、この会社に依頼すること、工事請負契約書を結ぶことを約束します
   (他の屋根屋へ修理依頼することを防ぐ為)
 2:火災保険の申請文書作成費用、火災保険申請支援(修理、工事費用は別途)の手数料として、下りた
  保険金の45%を支払うことを約束します。

●保険金って、それは修理するためと称して、保険申請をして得たお金です。
それの 45%、約半分を取られたら、実際の工事は、大丈夫?できるのですか?
良く考えてください。


ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved