トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板
施工ランキング
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



スレート屋根葺き替え:カバー工法は果して良くない工法か?

 コロニアル、カラーベストの商品名で販売されていた、今もされている一般名スレート材、これの屋根葺き替えでは、ガルバリウム鋼板などの非常に軽量な材料で重ね葺きをするのが、多いですが、数社のサイトで重ね葺き工法、カバー工法は良くないという記述があります。カバー工法のデメリットについて考察していきます。メリット、デメリットがありますが、選ぶのはお客様自身です。ひとつでも許せないデメリットがあったら、撤去するのが良いと思いますし、メリットの方が勝っていると考えればカバー工法を実施すればよいのです。

 言われている、そのデメリットは正しくないとしたら・・・

 間違った情報、故意に自社に有利な誘導をする業者の主張もありますので、ここではそのデメリットが本当のものかを含めて考えたいと思います。ご自身で再考するなり、再調査するなりして確認してください。屋根屋の言う事を良く聞いてください。カバー工法を勧めないのは何か意図があってのことと思いますので、その意図、意思は何か?を見抜く常識力が必要です。お客様のことを考えて言っているのか?自社の利益の為に言っているのか?そのデメリットは本当なのか?を考えてもらう為にこの記事を是非読んで頂いて、お役に立てたら嬉しいです。 そして納得頂けたら「お助け隊」にも見積を依頼して頂きたいです。


●各サイトのカバー工法での屋根葺き替えについての主張

 サイト1: 屋根屋さんの紹介サイト
 ●スレート屋根をガルバリウム鋼板でカバーをする際のメリット
   ・廃材が出ないので、費用が抑えられる(スレート撤去費用と廃材処理費用)
   ・スレートを撤去するより、撤去作業中の音やホコリがでないので、ご近所の迷惑にならない
   ・遮音性を向上できる
   ・断熱効果を向上させられる
 ●デメリット
   ・屋根が重くなる
   ・上から被せるので、下地材の現状が把握できない
   ・既存の屋根材が瓦の場合は、お薦めできない


 サイト2: リフォーム専門店
 ●メリット
   ・廃材がでないので廃材処理費用がかからない
   ・撤去費用がいらない
   ・工期が短くなる
   ・遮音性を向上できる
 ●デメリット
   ・屋根が重くなるので耐震性が悪化する
   ・瓦屋根では、100%不可能ではないが、お薦めできない。
   ・屋根が劣化しすぎていると、カバー工法はできない


 サイト3: 火災保険を使った無料屋根修理屋さん
 ●メリット
   ・工期が短くなる。(これしか書いてありません)
   価格、費用については言及なし
 ●デメリット
   ・既存のスレートを撤去しないと、アスベストがある場合、有毒なので安心できない。
   ・スレートの水分が乾燥せず、最悪の場合下地材を腐食させてしまう恐れがある。
   ・屋根が重くなる。耐震の観点からよくない。
   ・今後の屋根修理費用が高くつから。屋根が二重になると、構造が複雑になって、工事が終わって
    もし雨漏りがしたら、その原因箇所を特定するのに、時間がかかり、費用も高くなる。
    雨漏り専門業者でのお手上げになるかも?
   ・カバー工法で工事した屋根は火災保険の保険金がおりにくい。(査定で?)

 カバー工法の問題・デメリットをまとめると:
  ・屋根が重くなる、耐震性が損なわれる ・ ・ ・ 下に反論(長いです)
  ・スレートをカバーすると、水分が残り雨漏りになる可能性がある 
  ジャンプ
  ・屋根が二重になると、構造が複雑になって修理がしずらくなる  
  ジャンプ
  ・火災保険の風災で保険金がおりなくなる可能性がある       
 ジャンプ
  ・古いスレートはアスベストあり、有害なものが残って安心できない  
ジャンプ

 スレート屋根の葺き替えの問題で、簡単にインターネット上で各屋根屋さんが言っているカバー工法の問題・デメリットをあげると、上のようなことになっています。これについて一つ一つ考察してみます。


●カバー工法の屋根が重くなる問題(耐震について)

スレート屋根のカバー工法は、ガルバリウム鋼板での工法が一般的です。
ではこのガルバリウム鋼板の重量を考えてみます。  結論を先に見たい方

 アイジー工業のスーパーガルテクト; Webのカタログの記載は、5.0Kg/u、ニチハの横暖ルーフSは4.87Kg/u、JFE鋼板の優雅やねで、4.16Kg/u、稲垣商事のヒランビーが、4.77Kg/uでした。この中で、ヒランビーだけが断熱材が入っていません。 ガルバリウム鋼板横葺きの材料の重量は、5Kg/u程度だと言えます。

 一方既存のスレート屋根の重さは
    グラッサ600: 24.5Kg/u
    スペリアルグランデグラッサ: 24.2Kg/u
    コロニアルグラッサ: 20.6Kg/u

 参考に瓦の重量は;
    陶器瓦平板: 42.4Kg/u
    丸スギの銀黒: 41.7Kg/u
    鶴弥 スーパトライ110: 43.2Kg/u
    和型 J型防災瓦: 41.7Kg/u

 ガルバリウム鋼板の重さを 5Kg/u、スレート材を 20Kg/u、瓦を 40Kg/uとしましょう。この数字は、後で使います。 ガルバリウム鋼板はスレート材の1/4 の重量です。
 1uあたり5Kgの重量、100uの屋根で500Kg、スレート屋根は、100uで、全体は2,000Kg(2トン)の重量ですが、各々どれだけ耐震、耐震診断に影響を与えるのか?考察します。


●屋根が重くなると地震に弱くなるのは、本当か?ではどのくらい?

 この主張は屋根が重くなるので、耐震について弱くなる、カバー工法でガルバリウム鋼板を加えると屋根が重くなる。重くなるのは耐震について弱くなるということを言っていると思います。  解説、長いです

 では木造住宅について、その耐震とはどのようなものなのか?調べましたので、お知らせします。日本の木造住宅に置ける耐震の評価、考察は国土交通省と(財)日本建築防災協会が協力してまとめた木造住宅の耐震と補強方法という本があります。2012年に改定されました。これに則って耐震診断がされています。この耐震診断は、自分でできる簡易診断「誰でもできる耐震診断」、「一般診断法」「精密診断法」の3つがあります。

 「誰でもできる耐震診断」は、簡単に質問に答えるだけで、住宅の簡易な診断ができますので、やってみると良いです。しかし、何故そのような診断になるか?までは、わからないので、耐震診断の中身がわかるものをというと、「一般診断法」「精密診断法」です。 「一般診断法」の診断ではどのような数字を使うのか?どのような計算をするのか?屋根の重量がどれほど耐震に影響があるのか?が分かりますので、これについて解説をしていきます。


 ●木造住宅の耐震診断: 国土交通省&日本建築防災協会の「一般診断法」

 耐震診断の結果は、その家が大きな地震にあったとき、当該家屋が倒壊するか?その可能性があるのか?で記載されます。大きな地震とは、阪神淡路大震災、東日本大震災など、震度7クラスなどの地震を想定しています。この想定した地震により当該家屋が倒壊の可能性が高いのか?大丈夫なのか?の判定をするのが「一般診断」です。一般診断の考察する箇所は、次の4つ;

 1: 上部構造評点: 建物自体の耐震評価・・・ここで住宅の重量がでてきます
 2: 地盤の評価: 良い・普通、悪い、非常に悪いの3段階評価: 何かあれば注意事項
 3: 家が建っている箇所の地形についての評価: 崖、急斜面などの評価
 4: 基礎について: 鉄筋コンクリート、無鉄筋コンクリート、玉石基礎、その他の評価 
 この内、上部構造の耐震に関する評価だけは、点数が付けられて、その点数によって
   ・ 1.5以上: 倒壊しない
   ・ 1.0〜1.5未満: 一応倒壊しない
   ・ 0.7〜1,0未満: 倒壊の可能性がある
   ・ 0.7未満: 倒壊の可能性が高い

 2,3,4項目は屋根には関係しないので、問題は1の基礎部分から上の1階と2階の建物部分です。この上部構造に屋根の重量が関係する計算項目があります。長いですが、我慢して読んでください。

 上の上部構造の耐震評価点ともいう点数は次の計算式で求めます。

     ・上部構造の(耐震)評価点 = 保有する耐力 / 必要耐力

 参考: 「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断 と補強方法」 国土交通省監修、日本建築防災協会参照
      価格¥7,200、A4,400頁、価格が高いので、国立国会図書館に1冊ありここで無料で読めます

 ●必要耐力

 まず分母から、「必要耐力」は、想定した大地震によって、当該家屋、あなたの診断しようとしている家がゆすられます。とてつもない力が働くわけです。この地震によって家に加わる力、倒壊するであろう力が働き、倒壊しないためには、これに対抗する力があれば家は倒壊しないという考え方です。これを「必要耐力」、地震の力に対抗して倒れない為の耐力という訳です。 大地震の力 = 必要耐力と考えて良いです

 ●保有する耐力

 これに対して、診断しようとしている家の、この地震に対して、今持っている耐力が「保有する耐力」です。今計算で求めよとしている、「保有する耐力」が、必要耐力より大きければ倒壊しない、小さければ倒壊の可能性がある。という訳です。

 ●「必要耐力」の計算方法&式

 では必要耐力はどのうに計算するのか?どのような項目が計算式の中にあるのか?
 必要耐力は次のように計算されます。
  その住宅の床面積(u)
 X { 必要耐力係数 + 多積区域加算(係数) }
 X 地震係数 X 軟弱地盤係数 X 形状割増(係数) X 混構造割増(係数) 
 地震時に住宅にかかる水平の力は、その住宅の重量に比例することから、住宅の重さが必要耐力の元となります。その必要耐力(建物重量から計算)は、いろいろな係数を掛けて計算されますが、必要耐力係数は、屋根の重さが関係する重要な係数で、ここで屋根の重量がでてきます。この必要耐力係数は、屋根の重さ、種類によって; 
 のように決められています。
ここで;
 ●軽い建物: 石綿スレート板、鉄板葺の場合
 ●重い建物: 瓦の建物の場合
 ●非常に重い屋根: 瓦+土葺きの屋根の場合の係数
屋根屋として、注意するべきは、スレート材と金属とが同じ係数になっています。
 ではこの地震の建物を倒壊させる力: 必要耐力を具体的に求めてみます。建物の例が必要ですので、
 木造総二階建て、スレート葺き、1階床面積:50u、2階床面積:50u、地域:東京、平たい土地、軟弱地盤ではない、形状での割増なし。の条件で必要耐力を求めると。
 1階の必要耐力 = 50u X ( 0.83 + 0 )kN/u  X 1.0 (多積区域加算)  X1.0 (地震係数) 
  X1.0 (軟弱地盤係数) X1.0 (形状割増) X 1.0 (混構造割増) = 41.5 (kN)
 2階の必要耐力 = 50u X ( 0.37 + 0 )kN/u  X 1.0 (多積区域加算)  X1.0 (地震係数) 
  X1.0 (軟弱地盤係数) X1.0 (形状割増) X 1.0 (混構造割増) = 18.5 (kN)
 今度は、この家の地震に対する保有する耐力ですが、細かな計算の為にいろいろな条件設定が必要ですが、一様に、耐震の優れた家として、1階の保有する耐力は例えば、40 kN、2階は、20 kNとします。
 これで、上部構造の(耐震)評価点 = 保有する耐力 / 必要耐力から評価点を求めると。
  1階: 40 / 41.5 = 0.96  2階: 20 / 18.5 = 1.08
 一般耐震診断、上部構造評価点は:
1階は、
0.96で、「倒壊の可能性」がある。2階は、1.08で「一応倒壊しない」
になります

●スレート屋根をガルバリウム鋼板でカバーした場合の耐震診断値

 屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板へ葺き替えるとき、耐震診断上、何が、どの値が変化するかと言うと、地震の力、必要耐力です。この値は屋根の重さで変化しますので、ここが変わります。ではどのくらいの変化があるのか?そして耐震の診断にどれほど影響をあたえるのか? です。
 耐震診断では、地震の住宅を倒壊させる力・必要耐力の計算で、必要耐力係数が重要です。スレート屋根にルーフィングとガルバリウム鋼板が加わるカバー工法での必要耐力係数は、この本には書いてありませんが、屋根の種類と1階、2階の必要耐力係数との関係は、下図の通りです。
重要ポイント:
ここで、スレート屋根の重量は、20Kg/uで、ガルバリウム鋼板の重ね葺きでは、+6Kg/u:(ルーフィング:1Kg.u+ガルバリウム鋼板:5Kg/u)なので、上の図から、スレート材+ルーフィング+ガルバリウム鋼板の必要耐力係数を求めたいです。
必要耐力(=地震の力)は、その住宅の重量に比例しますので、必要耐力係数が比例関係でリニアに変化するとすると(本当は複雑な計算をするのですが)、屋根材の重さの変化率、1階の必要耐力の変化率、1.3倍、2階は1.45倍を鑑み、屋根の重さが、スレートの1.25倍のときの必要耐力は、1階では:0.89、2階で:0.40になると考えます。(予測値)。これを評価点の計算式に当てはめて計算すると;
  スレート屋根+ルーフィング+ガルバリウム鋼板の必要耐力と評価点:
、 上部構造の(耐震)評価点 = 保有する耐力 / 必要耐力から評価点を求めると。
  1階: 40 / 44.61 = 0.90  2階: 20 / 19.89 = 1.01
 この場合の 1階の評価点は:
  
0.90で、「倒壊の可能性」がある。2階は、1.01で「一応倒壊しない」になります
 倒壊しないレベルでの評価になるよう、保有する耐力を設定して比較をしてみました。スレート屋根とガルバリウム鋼板のカバー工法を施した屋根での耐震診断、上部構造の評価点は、そんなに変化、増加はしませんでした。屋根の重さは、スレートから25%重くなりましたが、その耐震に与える影響は、そんなに大きくありませんでした。しかし、屋根の重量が増加したことは、耐震への影響はゼロではなかったこと、この例では引き続き、耐震の対策、耐震の診断士に詳細を検討してもらうことを求めています。サンプルの計算ですが、参考にしてください。
********
 結論としては;
 スレート屋根のガルバリウム鋼板によるカバー工法を施しても、耐震についての心配は
良くなることはありませんが、あまり変化がないと言えそうです。
 注意と考察:
 「一般診断法」での必要耐力係数ですが、軽量な屋根の場合は、2階建ての2階で、0.83です。そしてこの軽量な屋根の仕様は、石綿スレート板、鉄板などとなっています。つまり、必要耐力では、重量20Kg/uの石綿スレートと、鉄板(瓦棒を想定しているか?);5Kg/uが、同じ必要耐力係数であることを見ると、重量が1/4の屋根材でも同じ必要耐力になります。これは、耐震診断の思想が、かなり安全な値を取るように書かれているのでは?と考えます。ですから、地震の力は、どちらかと言うと多めに、見積もられる。より安全の為に、そして住宅の保有する耐力は、不明な場合やどちらか2者択一の場合は、より安全値になる値を選ぶようになっています。

@@@@@

●スレートをカバーすると、水分が残り雨漏りになる可能性がある。

 これへの反論は、簡単です。
 もし、カバーする前のスレート材料(コロニアル、カラーベスト)には、雨が大量に染み込んでいると言っているということは、ガルバリウム鋼板でカバーしなくとも、雨が続けば雨漏りになるのでは? カバーをしたらもう水分はかなり長い期間スレート材に残って屋根を腐食させ、雨漏りを発生させると言っていますが、でもカバーをしてしまえば、そのスレート材に残っている水はなくなりそれ以上水は供給されないので、やがて雨漏りは止まります。あとは乾燥するだけです。これはイメージ操作です。ガルバリウム鋼板でスレートをカバーする、塞ぐと水分は、乾燥されず、スレート材の中にとどまることを前提に言っています。そんなこと有りえますか?
 金属の材料をカバーしたら、水分は封じ込められるような印象を使った嘘です。良く考えてみてください。

@@@@@@

●屋根が二重になると、構造が複雑になって修理がしずらくなる

 ガルバリウム鋼板屋根の修理は、まだそんなに多くないです。しかし、スレートのガルバリウム鋼板によるカバー工法でその修理に手間がかかる、高くなる可能性は否定しません。しかし、ガルバリウム鋼板単体の修理自体の話しと同じです。カバーしたから修理が大変なのではなく、ガルバリウム鋼板の屋根の修理が大変なのです。ですから、ガルバリウム鋼板のカバー工法だから大変なのではありません。解説します。
 スレートのガルバリウム鋼板によるカバー工法の屋根は修理するのが大変だ。ではスレートを撤去した、ガルバリウム鋼板屋根は簡単なのか?と聞いてみたくなります。私はそう思いません。二重になったら、雨漏りの場合発見するのが大変だ!も嘘と思います。または思い違いです。でも修理金額は高くなるかもしれません。
 ガルバリウム鋼板屋根の修理が、手間がかかるのは、こうです。
ガルバリウム鋼板の横葺きタイプの話しに限定しますが、この材料は例外無しに、屋根の下、軒先部からの施工です。主にスターターと言う軒先部品を取り付けて、ここに嵌合(次の材料を接合する折込、折りがあります)部分があり次の材料をジョイントし、ビス止めします。また次の材料をジョイントしてビス止をするのですが、ビスの位置は、嵌合部分に隠れる箇所にあります。当たり前ですが、穴が空いたビスの部分を完全に隠します、雨に濡れないようにです。ビスを打った箇所をむき出しにすると、当然錆び、劣化を早めますので、隠す構造です。そして、上に向かって施工が続きます。一番頂上、棟部分で棟板金によって、最後の材料の端がカバーされて、完成します。
 と施工するときは、良いのですが、修理は、例えばどこかの箇所で雨漏りが発生している場合、ガルバリウム鋼板には外傷がなく、どこから漏れているのか?不明の場合は、上の材料(棟から)から順次剥がすしか方法がないのでは?と考えます。なぜなら途中の材料を部分的に剥がすことは困難です。何故ならガルバリウム鋼板の嵌合部分(横方向のジョイント、材料の折りによって嵌合しています)を一部外すことは、この嵌合部分を破壊する、バールのようなもので、接合を外さなければなりません。屋根屋によると、材料によってはできるが、綺麗に傷を付けすに元に戻すのも大変と言っていました。
 なので、棟から順次ガルバリウム鋼板を一次撤去し、問題のある箇所を見つけるまで、剥がす。でも考え方によっては、雨漏りの場合は大抵ルーフィングの破れ、裂け、穴がなどで起きます。これを正確に、見つけるのは、剥がすことでルーフィングの不良箇所を的確に発見する良い方法はないのではないかと思います。そして、ルーフィングの不具合、裂け、破れ、穴空きなどを手当します。そして、ガルバリウム鋼板は傷を付けずに元に簡単に戻せます。ただ時間がかかります。ですのでガルバリウム鋼板の修理は、高くなる可能性が高いです。
でもカバー工法だからではありません。ガルバリウム鋼板だからです。
 参考と追加の記事:
横葺きのガルバリウム鋼板屋根材は、簡単にルーフィングを劣化させないし、雨漏りのし難い材料です。何故なら、嵌合部分が簡単には外れない、横方向の強い雨でも簡単に雨が入り込みません。しっかりとジョインする為に外し難い構造の屋根材です。雨水が侵入し難いということは、ルーフィングの劣化を早めません。ルーフィングもきちんと守っているわけです。これがガルバリウム鋼板横葺きタイプの良いところと悪いところです。
 それに対して、コロニアル、カラーベストなどのスレート材は、隙間だらけで、少しの横方向の雨でも簡単に雨水が侵入します。しかし、スカスカの構造の為その水を簡単に排出できる仕組みです。言い方を変えると、風通しが良いのですが、頻繁にルーフィングとスレート材の間を水が流れますので、固定された釘、ビスが頻繁に水に濡れます。つまり錆びを早く進行させ、劣化を早め雨漏りになりやすい。理屈です。

@@@

●火災保険の風災で保険金がおりなくなる可能性がある

 これは、スレート材をガルバリウム鋼板でカバーした屋根では風災が発生したとき、火災保険の保険金が下りにくいという意味と解釈しますが、「ただ私たち専門業者はそう感じていると」言っています。どうも雨漏りが発生したとき、その修理を火災保険を使って無料?、保険金を使って修理をする話しのようなのですが、元々雨漏りは、経年劣化のためと査定されることが多いです。
 風災とは、明らかに風(暴風雨、台風、疾風、竜巻)などが原因で屋根に損害を受けたときに適用される火災保険の付帯条項で、被害の程度で保険金が保険の加入者に支払われます。これで、修理をするわけです。
しかし、強風で屋根の一部が破損した、飛ばされたなどの被害がなければ保険金は下りません。当たり前ですが、経年劣化によって雨漏りが発生したら、それは風災ではありません。
 この無料屋根修理会社は、カバー工法と風災の話しをごっちゃにしていますが、理論的に変なことを言っています。古い屋根材に問題があって、雨漏りがあったときにこの古い屋根材からの雨漏りが原因と思われるので、カバー工法では、保険金が下りにくいと。待ってください。古い屋根材が傷んでいても、その上にはきちんとルーフィング(防水材)とガルバリウム鋼板があり、雨漏りを防いでいます。何故古いスレート材から雨漏りがあるのか?上での説明でもあるように、古いスレート材が原因で雨漏りが発生することはないです。雨漏りがあるとすれば、新しいガルバリウム鋼板とルーフィングに問題があった場合のみです。古い屋根材は関係ありません
さらに、カバー工法で古いスレート材に釘を打ちこむので、雨漏りが発生しているのかもしれませんという趣旨ですが、その場合は風災ではなく、施工不良か経年劣化ですので保険金はおりません。これはカバー工法だから保険金が下りにくいのではなくて、カバー工法だから、材料を二重にすると雨漏りになりやすいと言っているに過ぎません。保険金とは関係ないことを言っています。これは上の解説のように、カバー工法で(より)雨漏りになり易いと言うのはのは嘘です。何故ならガルバリウム鋼板はカバーであろうと、スレート材を撤去してからの施工と同じ施工方法だからです。何が違うのか?その説明が必要と思います。

@@@@4

●古いスレートだとアスベストがあり、有害なものが屋根に残り安心でない

 これについては、実際にアスベストが屋根に残るのが好きではないので、アスベストはずべて撤去してガルバリウム鋼板の屋根葺き替えをやるお客様もいます。
 ただ確認したいのは、スレート材がそのままの状態では、人間に害はありません。アスベストの被害について解説しますと、アスベストが粉々になって、空中を浮遊するほど小さな粉末になったとき、それを人間が吸って肺にいれると、肺がんや肺気腫になると言われています。ですからスレート材がそのままでは、それは肺に入らないので全くと言っていいほど、害にはなりません。
 しかし、それをガルバリウム鋼板で上から封じ込め、何年も放置するのは、気持ち悪い、不安だ。ということは理解します。これは実際の害ではなく、お客様の特に奥様が多いのですが、気持ちの問題です。
 10件スレートの屋根葺き替え案件があったら、1件程度、スレート材を撤去されます。これは正確にはカバー工法のデメリットというよりは、お客様の選択、気持ちの問題と言うべきことと思います。スレートをカバーすること自体、アスベストの実際の害があるわけではありません。アスベストがなくなるわけでもありません。

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格お助け隊トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved