屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



瓦葺き替え、葺き直し工事価格@茨城県北部地域

 北茨城市、高萩市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町、日立市、那珂市、東海村
 城里町、ひたちなか市、水戸市、笠間市、鉾田市、茨城町、石岡市
 瓦の施工価格、葺き替え価格、葺き直し価格は、全国の相場を出すのは、地方による相場、屋根屋が多い地域、瓦屋根が多い地域でその相場感は大きく違ってきます。関東では茨城県が瓦の家が多くその為に瓦屋さんが多い地域になっています。それで、瓦の葺き替え価格がその市場原理によって、低くなっています。

●瓦工事・瓦葺き替え専門業者の屋工事価格とは?(茨城県北部担当)

 まず、一番簡単な比較は、瓦組合の修理・標準価格表との比較です。
 組合の価格、瓦本体の施工価格は、¥7,200~¥8,200/㎡程度とお知らせしました。
 しかしこの茨城県北部を担当する屋根屋は、全瓦連の価格は高いと言います。

 「千葉県瓦販売工事業」の標準価格には、平部の施工費は、¥5,000/平米ですが、瓦の材料費が含まれていませんし、瓦の価格は定価となっています。瓦のお客様への提示価格が、一枚¥200とすると、1㎡あたり16枚の瓦を使いますので、材料費は、¥3,200、瓦本体工事費は材料費込で、¥7,200になります
 ・ ・ ・ 瓦の価格調査・考察
 この一般的な相場とは少し違う価格でやっている瓦屋さんもいます。下はこの業者さんの瓦工事価格になります。この価格(お客様直接価格)で商売を継続し、やっていけるということです。

 瓦本体の種類別施工費用

 茨城の屋根屋さんの本体瓦工事単価
   ガイドライン、耐震工法を採用しての本体施工価格(材料費込価格)
   ・ぎん黒(区別的には、燻瓦)  ¥4,200/平米
   ・陶器瓦(区別的には;釉薬瓦)  ¥4,700/平米
   ・陶器瓦の黒色:(材料費の違い)   ¥4,600/平米
   ・スペイン風瓦(素焼き瓦S型)  ¥4,800/平米
   ・平板瓦  ¥4,600/平米
   ・日本瓦(和瓦J型)  ¥4,200/平米
    よっぽど特殊な、高価な瓦を使用しない限り、瓦の種類によって大きく価格は変化しない
 この屋根屋さんの営業地域:
 
(北茨城市、高萩市、大子町、日立市、常陸太田市、常陸大宮市、那珂市、城里町、水戸市
  ひたちなか市、笠間市、茨城町、鉾田市、小美玉市、石岡市他)
 千葉県瓦販売事業組合の平部分の施工価格が、¥7,200~¥8,200/㎡程度(しかもガイドライン、耐震施工とは書いていません) 下記の屋根屋さんらの瓦本体施工価格が、¥7,000~¥9,000/平米と比較すると、かなりの低価格になります。しかもガイドライン工法での価格設定です。お助け隊の相場感は、今まで安いと思っていましたが、この価格は脅威です。その他の役物(棟、けらば、軒先、葺き替え時の付帯工事などの価格・費用を記載しておきます。

●その他の屋根付帯工事価格:@ガイドライン、耐震工法にて
●既存瓦の撤去費用: ¥1,500~¥2,500/平米
●廃材処理: ¥8,500/トン、@100平米でおおよそ、瓦4.5トン、土砂:4.5トンになります。
●ルーフィング;きずり ¥600/平米
  (きずりのルーフィングとはワイヤーがあり1mm程度桟木から浮かせたルーフィングで、水の通りを
   確保する意味で優れたルーフィングです)
下地材、コンパネ施工費(9mm): ¥2,000/平米
●桟木施工: ¥850/平米
  (桟木とは瓦を固定するための角材です、ガイドラインでは瓦を引っ掛け桟で固定するのではなく、
   釘にて瓦を一枚一枚固定します)
●棟(七寸丸での施工で): ¥6,500/m
  段数が変わると、価格も変わる
●袖瓦(けらば等の施工): ¥3,800/m
●軒瓦: ¥3,600/m、唐草部分

●熨斗瓦: 一段新設で¥2,000/m
●冠瓦: ¥2,000/m
●鬼瓦は、種類による; ¥6,000/個、¥20,000/個、¥30,000/個、¥60,000/個など様々

 屋根屋施工価格概算例

 上記モデルの瓦屋根を使って、茨城北部担当の屋根屋の施工価格を出してみます。
 使ったモデル屋根は、簡単な切妻屋根で、2階建て、屋根の広さは; 約 74㎡、瓦葺きでこれを新瓦
 葺き替える葺き替え費用の比較です。各部分の寸法は上図のようです。
 この施工概算価格は、実際の施工価格を保証するものではありません。実際の工事価格・費用は、屋根屋さんに現地調査をしてもらい正式見積を取ってください。
 ※通常の屋根屋であれば、瓦の廃材処理費用は、産業廃棄物業者に引き取ってもらう価格が¥8,000/トン程度、もちろんその業者によります。現場から処理場までの運送代、ダンプのレンタル料、運転手代、儲け、また、道路が狭く屋根から下ろした瓦をダンプまで運送する人手の費用もある場合があります。その場合は別途金額を変えます。¥2,500/平米などへ。
 一番項目の金額の高い瓦本体工事は、施工費+材料費+儲けの内容になっていて、全瓦連の標準価格表では、施工費:¥5,000/平米で、瓦の材料費は定価となっています。材料費が一枚¥200とすると、74平米で1000枚ほど平瓦が必要で、¥200,000となります。これに儲けが屋根屋によってまちまちに入るわけです。
 ですから、瓦本体の価格はここでは¥8,000/平米としましたが、これより高い瓦屋も多くあります。(全ての瓦工事業者が全瓦連の価格を採用しているとは限りません)。他の役物と言われている部品の施工費も材料費+施工費+儲けなのですが、その内訳価格はまちまちなのが現状です。※ここでは施工費とは職人さんの費用で儲けとは棟梁、もしくは建築会社のマージンのことです。下請けにやらせる場合は、下請けの費用が施工費用となります。
 工事費はその施工をする会社がどのような形態で仕事を請けているかによって金額が変わります。工務店や建築会社は、下請けである屋根屋に施工費のみで仕事をやらせて、材料費に儲け、工事費にさらに儲けを乗せて価格を決めていますので、屋根屋直接の価格より高いなるのは当然のことです。
 サイトのちょっとした調査から、瓦業者の上記屋根葺き替えの相場は、足場を入れて、およそ 160万円程度になるのかな?と考えます。 もっとも本体部分を高くして、その他の部品を安くする業者さんもいるでしょうし、下地材、ルーフィングをもっと低い価格で施工する業者もいるかと思います。
 ●公表されている瓦の施工価格は、それぞれ思惑があって、瓦のメーカーの価格表は、良く参照、リンクがなされていますが、メーカーや組合の価格表は、組合員や瓦を仕入れてくれる業者の不都合が無いように作られています。安く書くと施工業者が、クレームを言います。高い価格を言っていれば、業者はそれより低い価格なら、お客様も納得してくれると考えます。最後にこの業者の施工例を載せます。

 注意: この例では、築年数に関係なく、下地材・コンパネも撤去し、下地を新たに新設する仕様にしました。また、瓦工事で結構費用のかかる棟部分も良く見る仕様;冠瓦+熨斗瓦2段のもので、概算を計算しました。瓦は、銀黒、組合の価格表では、銀黒を使用すると、割増になる価格付です。また、組合の標準価格には、ガイドライン工事の規定がありませんので、屋根屋の裁量まかせです。 提携屋根屋はガイドライン工法での価格設定になります。他の屋根屋は、ガイドラインは割増になっているところもあるようです。仮設の足場の費用は、省きました。上記価格は材料費+施工費用の合計です。
 この茨城北部を営業地域としている屋根屋の価格は、上記のように、瓦本体価格の施工費用、廃材処理費用、棟の施工費用において、低い価格となっていて、特に瓦本体の施工費用(瓦の材料費+施工費用)のコストが大変に低いことで、全体の価格が抑えられています。 あくまでも概算ですが、私が使っている瓦工事相場の標準施工基準価格より、30%程度低くなっているのは、特記するべきと思います。
 これでも、屋根屋単体として、十分に利潤をだせる体質になっています。 小規模の屋根屋ではありますが、仕事も丁寧でお客様の評判も上々です。 茨城県の北部地域では、トップクラスの技術と価格競争力を持っていると思います。

 この屋根屋の営業範囲・地域:
 茨城県北茨城市、高萩市、太地町、日立市、常陸太田市、常陸大宮市、那珂市、城里町
 茨城県水戸市、ひたちなか市、笠間市他地域になっています。見積依頼をお待ちしています。
 全国でも特に瓦の屋根を施工した木造家屋の多い、茨城県、瓦屋、瓦工事業者も全国有数の件数に上ります。その中でも瓦に愛着を持っていうご主人が多い、茨城県北部の; 北茨城市、高萩市、太地町、日立市、常陸太田市、常陸大宮市、那珂市、城里町、茨城県水戸市、ひたちなか市、笠間市は、屋根が瓦葺きが多くまた、少し複雑な入り母屋造りの瓦屋根が多いのも特徴になっています。
 そして、東日本の大震災で、瓦の耐震を心配されている施主様も多く、瓦は地震に弱いという印象を残しています。しかし、家は瓦の重量を鑑みて建てられており、瓦の重量が倒壊を招くのではないかという風評が日本中にあると思います。屋根を軽くすることは耐震にとって意味のないことではありませんが、耐震の最重要項目は、ほぞの抜けの対策と、耐力壁、筋交いによる横揺れの対策です。詳しくは、木耐協の耐震診断による診断が一番信用できる耐震計測ですが、その中に屋根の重量も加味されるというもので、屋根の重量がいの一番の対策ではないのです。ひどい縦揺れに対してはほぞ抜け対策、横揺れの倒壊には家の柱、梁に強度があるか?耐震補強をどれくらいするべきなのか?が重要になっています。事実国土交通省の実験では、瓦の耐震工法を施した2つの木造家屋、一方は耐震対策あり、もう一方は耐震対策なしの震度7クラスの耐震実験の結果、耐震対策をした家は倒壊せず、していない家は簡単に倒壊しましたが、瓦落下は勿論、瓦の損傷は何もありませんでした。明らかに家の倒壊は柱、はり、ほぞの対策の有無ということが証明された実験だったのです。
 地震による瓦の落下、剥離を危惧するのであれば、間違いなく瓦の耐震工事、ガイドライン工法での葺き替えが必要です。ただ地震対策はこれでは不十分で、家全体の耐震対策が必要です。

@hokanoyaneya
●一般のサイトにでいる瓦の施工価格調査:瓦本体・平部の施工価格
 下の会社がサイト上で瓦の施工価格を表示していました。基本的には瓦本体の材料費(瓦の)込みの施工費用を探したのですが、条件の合わないものも上げておきました。瓦葺き替え価格¥21,300は、多分ですが、棟、けらば、軒先部分、ルーフィングなど本体以外の費用を全て含めての価格と思われますが、このような表記も時々見られます。一番多い表記は、瓦施工価格¥●●●●/平米で、瓦本体部分(平部)の材料費と施工費の価格と思われます。はっきり記載のないものもありました。これらを見ると瓦本体の施工価格(材工共:材料費+施工費)は、¥7,000~¥9,000/平米が相場のような感じです。一社だけ¥3,800/平米がありましたが(新潟の業者さん)、ここが最低の価格になっていました。おおよその価格帯が分かったと思います。
 全国の瓦本体施工価格(材工共)と言うにはデータ不足ですが、感じとしてこんなものか?程度はわかったと思います。読者も同じように、瓦本体の価格を調べてみてください。
 播州瓦工業株式会社  いぶし銀瓦施工: ¥7,000/平米~ 
(ルーフィングは含まれず、屋根形状によって価格は変わる)
 新東亜工業  瓦葺き替え  ¥21,300/平米
 ・・・100平米で、 ¥2,130,000 ってこと?
 丸栄陶業株式会社:  非常に良く参照・リンクが張られている瓦のメーカー
 いぶし銀施工、本体  ¥9,000/平米
 ハピすむ  日本瓦: ¥9,500/平米 ・・・ 100平米で、 ¥950,000?
 株式会社 鶴弥  大手三州瓦のメーカー:
 (瓦)本体工事価格: 切り妻屋根  ¥8,600/平米
 有限会社 植田瓦工業   いぶし銀瓦 本体標準工事価格: ¥9,000/平米
 (丸栄陶業株式会社のサイトへ価格リンク)
 株式会社 丸惣  石州瓦:(瓦)本体施工 切り妻  ¥9,500/平米
 いけど瓦や  (多分、瓦本体施工費用): ¥9,500/平米
 熊本県瓦工業組合  価格表は、組合会員にのみ公表
 瓦勝  三州いぶし和瓦   ¥13,000/平米
 三州陶器瓦     ¥8,000/平米
 株式会社 綿内瓦工業  平部(6寸以下、屋根面全体) ¥ 3,800/平米
 瓦屋根の工事・葺き替えは、本体工事だけではなく、他に防水材(ルーフィング)、桟木、下地の工事、棟部分、けらば(切妻屋根)、下り棟部分(寄棟屋根)などいろいろな本体以外の工事がありますが、本体が通常は一番金額の多い工事ですので、これを比較することは一番肝心なところです。

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved