営業地域;茨城県北部; 北茨城市、高萩町、大子町、城里町、常陸太田市、常陸大宮市
日立市、那珂市、東海村、ひたちなか市、水戸市、笠間市、茨城町、小美玉市、鉾田市
瓦屋根葺き替え
瓦屋根修理・Top
耐用年数は瓦と
同じ50年:
石粒付鋼板
七寸丸への棟
交換工事価格
モデル例集
耐震工法
ガイドライン工法
屋根全体瓦の
葺き替え
葺き直し工事

千歳瓦店
会社概要
千歳瓦店が
加入している
損害保険
屋根工事
お助け隊Top



棟の工事、瓦工事,耐震工法 ガイドライン工法

 弊社は、瓦の葺き替え時には、必ず国土交通省、全瓦連が定めた震度7に耐えられる耐震工法を施工しています。1995年の阪神淡路大震災後に規定された耐震工法、別名ガイドライン工法を標準の工事方法として遵守しています。
 土葺き、引っ掛け桟工法は、棟瓦(冠瓦、熨斗瓦;かんかわら、のしかわら)は、基本的に屋根本体としっかりと固定、緊結されていませんでした。
千葉県での棟部分の破損です。家の倒壊、大きな破損はありませんでしたが
震度5〜6程度の揺れにも弱い棟部分は破壊されます。

耐震工法・ガイドライン工法の生まれた訳

 昔の阪神淡路大震災以前の瓦屋根の施工方法には、土葺(どぶき)、引っ掛け桟(ひっかけざん)工法での施工でした。いずれも屋根本体には棟瓦は土、漆喰、専用のセメント(南蛮漆喰)で固めて簡単に言うと屋根の上に乗せただけの脆弱な施工だったのです。阪神淡路以前にも、多くの地震、災害があったにも関わらず、政府と瓦の全国組織である全瓦連は放置していました。1995年の震災であまりにも多くの瓦屋根で、棟の落下、ズレ、破損があったのでようやく瓦屋根の耐震工法が策定されたというのが実情です。この耐震工法・ガイドライン工法は、震度7の揺れにも瓦は崩れることがありません。
 もう一度、耐震実験の写真を見ます。
 実験は、具体的に神戸市須磨区JR鷹取駅で観測した地震のデータ;震度7、マグニチュード7.3 を元にその揺れを再現したもので、耐震対策をした家(右)と耐震対策をしていない家(左)との比較検討でした。建築の専門家はこの結果でいろいろ解析をしたのでしょう。屋根屋はこの結果を見て耐震工法は震度7でも耐えられると考えました。
 対策がなされていない左の家でも実は瓦屋根は耐震工法で施工されていました。多少棟部分で歪んでいますが、破損はありません。右は耐震対策をした家で、かつ屋根は耐震工法です。瓦の耐震工法・ガイドライン工法は、震度7でも耐えられるということが言えると思います。

耐震工法;七寸丸での施工手順例

 ではこの瓦の耐震工法は、どんなものか?実際の七寸丸での施工例を見てみます。
 左写真:金具がありますが、この金具は屋根本体にしっかり固定されたもので、これに芯材
 (今は腐食し難い材料)をビス止めします。
 写真右:金具、芯材を南蛮漆喰(屋根専用のセメント)で芯材、金具を固定、芯材は屋根本体と金具で しっかり緊結されています。南蛮漆喰は雨止の役割と七寸丸の隙間を埋め、見栄えを綺麗にする為で
 す。(この南蛮漆喰は白色、グレーなどの色があります;瓦と同色にしたい場合はグレーを使用) 
 左写真:太いステンレスのビスで、冠瓦である七寸丸を芯材に固定します。
 右写真: 完成です。白色を選んで、綺麗な仕上がりです。白色は映えます。
 弊社では、このような七寸丸施工の費用が、標準で; ¥6,500/mで仕上がります。
 金具施工、芯材施工、南蛮漆喰施工、七寸丸の冠瓦施工の費用、材料共の価格です。
 丁寧で頑丈な瓦棟になります。勿論震度7に対応です。(ガイドライン工法)

七寸丸以外の冠瓦+熨斗瓦の耐震工法

 七寸丸1段以外の冠瓦+熨斗瓦の耐震工事も原理、やり方は同じで、芯材と屋根本体とを金具で固定し、熨斗瓦は南蛮漆喰でそれそれ固定、冠瓦を熨斗の高さに対して十分な長さのあるボルトで芯材に固定します。熨斗瓦も3段、5段、7段と南蛮漆喰の量や芯材との固定用ネジは長くなり不安定さは増加します。耐震実験では、棟は一段でしたが、何段まで震度7に耐えられるのか?具体的なデータはありません。ガイドライン工法にも、震度7に耐えられる熨斗瓦の段数までは記載がありません。
※ガイドライン工法でも棟の破損に対する保証は元々ありません。勿論七寸丸でも保証の限りではありません。勘違いのなきように。
 冠瓦、熨斗瓦で施工した方法を横から見た図面

瓦屋根のその他の部分での耐震工法; 平瓦(本体瓦)

 一番施工する瓦の数が多い平瓦・本体瓦の施工は、桟木に平瓦をステンレスの釘、ビスで固定するやり方です。下の図参照: 平瓦全部釘打ちするやり方と、ちどり状に施工するやり方があります。どちらもガイドラインに沿った緊結方法になります。図はちどり緊結です。
 古い瓦を再利用して耐震工法をやる場合、平瓦に緊結用の釘穴がない場合は、既存瓦の再利用はできません。緊結用、釘穴がある新しい瓦に交換する必要があります。
※瓦は隣の瓦と嵌め込みになっていて、隣の瓦とはかなりしっかり結合しますので、瓦の緊結は一枚飛ばしの固定で十分です。
これはガイドライン工法で認とめられた施工方法
 実際の施工例(防災平板瓦を使用しての施工です)

棟・瓦屋根工事専門サイト・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
千歳瓦店では、「瓦棟の修理」「瓦屋根の修理」「瓦屋根葺き替え」の工事価格をわかりやすく公開しています。
また、屋根のことで、他のサイトや瓦屋が公開していないm言わない知らない?ことがらを公開!
瓦屋根のトラブルは早めの発見、早めの対処が修理コストの低減になります。是非無料点検を依頼してください
________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ、茨城の瓦屋根修理、工事は千歳瓦店へ______
Nobilis Works 「棟・瓦屋根工事専門サイト」/copy right all reserved