屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



日本瓦の修理・調整・漆喰のやり直し

   川崎市;日本瓦のズレ止の為のコーキング(シリコン樹脂)、瓦のズレ調整、漆喰やり直し築年数は 20年、小さな地震、台風でのでの瓦ズレ、経年変化での棟三日月部分の漆喰の剥がれ瓦のズレ防止の為のコーキング施工。コーキングでも瓦の奥まで約5cmほど入れ込んでの固定です。普通のコーキングでは、2,3cmほどの施工ですが、それですと耐用年数が短くなりますので、耐用年数を成る可く長くするために、より深くシリコン剤を深く施工しました。
補修内容:
 瓦のズレ調整の後平瓦全体を深くコーキング施工、このコーキングは、私はあまり奨めないのですが、この業者さんは、コーキングの弊害を良く知っていて、かなり適切にコーキングの施工をして
あります。 漆喰は 7、8年で剥がれが始まり、中の土が見える、出てくるなどの症状が出たら、修理の必要があります。 特に土が出てきて棟が崩れ始めると棟のやり直し工事が必要になります
ので、早めの補修が修理費の低減のコツになります。
陶器瓦の漆喰の傷み 陶器瓦の漆喰の剥がれ
棟・三日月部、漆喰の剥がれ 漆喰のやり直し修理
陶器瓦 漆喰の剥がれ拡大写真 茶色の土が見えているところがあります。
やがて土が雨等で出てきて、棟が部分的に崩壊
していきます。 そのときは、棟のやり直しになりますので、早めの補修が必要です。
土が見えているだけなら、まだ漆喰の補修だけで
元にもどります。
漆喰部分;土が見えています
1: 棟部分の漆喰のやり直し
2: 瓦のずれ調整
3: コーキング(瓦の山部分の白いシリコン)作業
の施工後
矢印
瓦工事完成後 写真 漆喰工事 コーキング 瓦工事後 完成 漆喰 コーキング作業2
瓦補修工事完成1; 瓦本体コーキング 瓦補修工事完成2:棟部分漆喰修理

瓦補修後 コーキング作業3

瓦補修工事完成3: 
コーキング作業は、奥深く(写真では分かり難い)
たっぷり中まで入れ込みます
瓦補修工事完成4: 
棟部分の補修、冠瓦もコーキング
 コーキングの施工はそのコーキングの場所、本体の滑り止で施工する場合は、要注意が必要です。場所は、平瓦(桟瓦)の山部分に施工します。 谷部分ですと中の湿気、水分が淀んでしまう可能性があり雨漏りの原因に成りかねないです。 熨斗瓦、冠瓦部分にも施工しました。 半透明の白い部分がコーキング部分です。
  瓦補修の費用; 陶器瓦屋根の面積:約 50平米
 ・棟部漆喰修理 ・平部のズレ止の為にコーキング ・熨斗(のし)、冠瓦コーキング
   A: 棟部漆喰修理 ・ ・ ・ \2,500/m(片側1mで) 棟部片側7m,両側14m
    ・ ・ ・ ・ ・ 棟部やり直し総計 約 \35,000-
 B:コーキング(平部分) ・ ・ ・ \4,000/uで \200,000-
 C:棟部分で ・ ・ ・ ・ 14m X \2,000- で \28,000
 D: 合計で \ 263,000- ( 税込価格 )
   足場は設置せず工事を行いました。
 瓦特に陶器瓦は、表面がガラス質になっているので、長持ちし、耐用年数は 60年以上もあります。
今のところ一般木造住宅の屋根仕上げ材としては、一番長持ちの仕上げ材です。 しかし、瓦本体より
早くに寿命が来てしまう漆喰部分や、引っ掛け桟工法の瓦屋根は、地震などの揺れに弱く、東日本大震災時には、多くの瓦屋根で、瓦のずれ、棟の崩壊が起きました。 

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください

お助け隊・屋根葺き替え事例・メニュートップへ

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved