屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



瓦の葺き直し例;ルーフィング劣化による雨漏り

雨漏りの典型例;ルーフィングの劣化、防水機能の低下;雨漏り

 
千葉県佐倉市のセメント瓦の葺き直し例:
築25年、中古住宅を購入後、3年で雨漏り発生。一部は、購入した不動産に修理を無償で依頼していたが次々と雨漏りの箇所が増え、相談に。 瓦そのものはひどく傷んでいる箇所はありません。 
雨漏りの直接の原因は下り棟の南蛮漆喰(屋根専用のセメント)が劣化で消失。
釘、穴がむき出しになったために釘の錆の為、穴が大きくなり、ルーフィングの硬化によって、ルーフィングが、その穴を塞ぎきれず雨漏りになったと考えられます。
漏水していたと思われる箇所;雨漏りは複数箇所発生していて、ここはその一つ。
釘が打たれていたところ;赤い矢印。
釘が錆びてその径が大きくなります。 ルーフィングが生きていれば、その柔軟性で釘が太くなるのを
対応し、隙間を塞いでくれますが、ルーフィングが硬くなり釘の変化に追随できなくなると、ルーフィングと釘の間に隙間が発生して、ここから漏水がはじまります。 ルーフィングそのものの防水機能が失われることもあります。 この屋根の平部分(本体)では、桟木の部分で防水機能の著しい低下が発見されています。 ・・・ 後述
(上の真ん中の矢印は釘ではないかもしれません。)

 築25年、セメント瓦の屋根です。 外見上は問題無いようにみえますが、下記写真のような劣化が進み雨漏りが発生していました。 数カ所。 予算、諸事情で別の材料にはせず、葺き直しにしました。既存の瓦は、そろそろ耐用年数ではありましたがまだ使えそうな瓦なので、使用することに。所謂瓦の「葺き直し」工事です。 瓦を撤去すると、いろいろ雨漏りの跡(気付かないような)が発見されました。 地元の屋根屋さんには、葺き替えで 350万円と言われ、驚いて「お助け隊」へ相談があったという経緯です。
 「瓦の葺き直し」工事は、面倒で、工事金額もあまり増えないので敬遠する屋根屋さんもいます。 また確かに新しい瓦か材料に全面敵に交換をした方が長い目でみれば、良いのですが、予算敵に厳しいのでやむなくこの工法を選択されました。 既存の瓦は、屋根から下ろさずに、剥がして横にどけて工事を進める方法をとっています。 工期は実質4日、雨の季節でしたので人数をかけて早めの工事でした。 

 
下り棟の1本、棟の下の南蛮漆喰がずべて無くなっています。 ここの棟部分では雨漏りはありませんが、南蛮漆喰(瓦棟専用のセメント)がずべて無くなっています
この屋根の棟部分の南蛮漆喰はほとんど失われていました。 なので平部のルーフィングもかなり劣化していたので、瓦撤去してルーフィングの交換工事です 
 
雨漏りしていた箇所3箇所の1箇所;
修理中;かまぼこ型の冠瓦の下の南蛮漆喰
のやり直し後の写真です。 
しかしこの棟の構造があまり良くありません。 
構造上の問題で、短期間で漆喰が老朽化します
修理中の下り棟部分全景:青いルーフィングがあるところが修理完了の部分です。

雨漏りの原因となるところ

これから、かなり近い将来雨漏りになるところ
またはすでに始まっていると思われる箇所

 
 拡大写真: この瓦は引っ掛け桟工法で施工されていますので、桟木があります。
この桟木の下に防水材があるのですが、その防水材(ルーフィング)が劣化して、下地が見える箇所も多々あり、かなり防水機能が低下しています。 はっきり言っていつ雨漏りが起こってもおかしくない状態でした。・・・実際に棟部分からですが、雨漏りが数箇所ありました。

 で、この屋根の工事ですが、具体的には、ルーフィングのみの交換です。
工法は、瓦を降ろさず、横に片付けて、剥がした箇所のルーフィングを張り替え、瓦の再施工。
場所の移動、瓦の撤去+横に片付ける、ルーフィングの再施工で対処しました。 瓦を降ろすより効率が良いです。 (非常に良くやる方法です)
 
 防水材(ルーフィング)の交換工事後、セメント瓦を戻し、勿論棟部分、冠瓦のしたの南蛮漆喰をやり直して瓦の塗装で工事完成。
 

お助け隊・屋根葺き替え事例・メニュートップへ

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved