屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像 葺き替え価格への電話番号
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



日本瓦葺き替え工事;耐震工法・瓦・ガイドライン工法

 ●工事を見て分かる良い屋根屋とそうでない屋根屋

 この工事例、撤去するときの以前の屋根屋と、新しく瓦を葺いた屋根屋のやり方で良い屋根屋とそうでない屋根屋の違いが分かります。 屋根屋の広告だけ見ていてもその違いは分かりません。 自分のサイト、広告に悪いことなど書くわけがありませんし、言いません。 それは実際の工事を評価しないと分からないのです。 では、良い工事とダメな工事を今回の日本瓦工事が良く現していますので、解説します
施工前:全体の様子 施工後:全体の様子
 今回の工事では、セメント瓦を平板の日本瓦で葺き替えをする依頼でした。 2年前から雨漏りがあり、火災保険の申請も通って、最終的に葺き替えになったと言う経緯です。セメント瓦を撤去するときにはいろいろこの屋根工事の問題点が見つかり、雨漏りになりやすい施工方法でした。 不良と言う言葉はあえて使いませんが、あまりよろしくない工事です。 詳しく見ていきます。

 ●雨漏りが早く発生してしまう、屋根工事(桟木、ルーフィングの施工)

雨漏り箇所、広い範囲の写真 白いところが雨漏り箇所

雨漏りの箇所を、瓦を撤去すると・・・ 拡大写真
   この部分から雨漏りがしていました。 もっと詳しく言うと、黒い矢印で示している桟木は釘で固定されています。この釘穴が錆びて僅かに太ります。 その隙間から水が漏れて雨漏りになっていました。
 この箇所の上の方から(多分棟からと思いますが)雨水が流れてきます。 瓦の隙間から侵入した雨水です。横殴りの強い雨ですと、瓦の隙間から入り込みます。 しかし、屋根は多少の雨水は屋根材から侵入しても、屋根システムは排水する機能を持たせています。 しかし、この施工では、排水する機能があまり働かずに桟木のところで滞留しています。 証拠に桟木の右側で土が溜まっていて、湿り気が多くあります。(写真参照)これは上からの雨水の流れがきちんと下へ排水されれる仕組みがなかったためと考えられます。 下の図を見てください。
   図は雨漏りのあった箇所のモデルです。 下地材の上に防水材(ルーフィング)があり、桟木+釘で瓦を固定しています。 激しい横殴りの雨は簡単に瓦の隙間から侵入し、下へ流れます。 この時桟木に何も仕組みが無いと、そこで水は滞留します。 やがて桟木の高さまで達し超えると瓦と瓦の間から外へ排出されます。 しかし、うわずみだけで残りは桟木のところで溜まったままです。 
   強い雨の度に桟木は濡れます。そしてしばらく濡れたままになって、釘も濡れます。錆の始まりです。
これを、1年に何度か繰り返し、釘の錆は大きくなります。 しかし、防水材が効いていますので、まだ雨漏りにはなりません。 やがて防水材は経年変化で硬化して、釘との隙間を埋めきれなくなると、隙間から水がもれるのです。 これが雨漏り(漏水)です。
   雨漏りの直接の原因は、防水材、ルーフィングが防水機能を失ったからなのですが、釘を濡らして錆の進行を早くしたのが、水の滞留です。桟木に滞留した水を排出できなかった為に起きた雨漏りです
   この桟木に水を滞留させず、上手く排出させる為に、いろいろな工夫をします。
 1:桟木の所々に切れ込みを入れてその隙間から水を通す
 2:桟木に対して、縦に(直角に)縦方向に桟木(縦桟と言います)を施工する
 3:ルーフィングに工夫を凝らしたものを使い上手く水を流す
 瓦の葺き替え工事を担当した屋根屋は、工夫されたルーフィングを使用しました。
 それが下の写真のルーフィング(防水材)です。
上から水を流してみたところ
勢い良くルーフィングと桟木の隙間から
水が流れていきます。
ルーフィングにワイヤーを縦方向に入れ
施工した時に桟木との間に1mm程度の隙間
を作ります。
   ルーフィングのメーカーもいろいろ考えていて嬉しい限りですが、この使用したルーフィングはワイヤーが付いていて、ルーフィングと桟木との間に隙間が出来るようになっています。 (写真右)
この隙間のおかげで、侵入した雨水は、桟木のところで滞留することなく、下に流れて行きます。
 これによって、横殴りの雨でも桟木をあまり濡らすこと無く、釘の錆も進行しません。 よって雨漏りもより発生し難くなります。 良い屋根屋の例です。

瓦を全て撤去したところ

ルーフィングと桟木を施工したところ

 ●この屋根はもう一つ致命的な工事をしたために、雨漏りのし易い屋根になっていました

 
   葺き替える前のセメント瓦の写真ですが、施工してから一度塗装をしたそうです。 セメント瓦の再塗装です。 一見良さそうな塗装ですが、一番やってはいけないことをしています。
 
   屋根を施工した会社と塗装をした会社は違う会社ですが、屋根の雨排出の仕組みを知らない塗装屋が、施工すると、こうなると言う見本です。 赤丸;塗料で隙間を埋めてしまった箇所、青丸;隙間がある箇所です。 赤丸のように隙間を埋めてしまうと、中に流れてきた雨を排出することができないので、余計に雨が溜まってしまうのです。 
   スレート材の屋根を再塗装する際には、スレートの間の隙間を埋めてしまわないようにスペーサーを入れるのですが、このようなセメント瓦でも同じことが言えます。(縁切りと言います)


瓦の施工の様子

 施工した瓦は、軽量平板瓦ですが、当然ガイドライン工法(耐震工法)で施工ですので、瓦を一枚一枚釘で固定します。 (左写真)

完成写真1 完成写真2
 

お助け隊・屋根葺き替え事例・メニュートップへ

屋根葺き替え価格お助け隊・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved