トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



屋根構造1:屋根工事の時知らないと困る!?

 良く屋根葺き替えの時に見る見積の見積項目で、普段使わない専門用語が出てくると、見るのも嫌になり
ます。 その施工価格は、いったい家の、屋根のどの部分の長さなのか?広さなのか?特に見積に解説など
書いてありません。 聞けば良いのかもしれませんが、例えば、唐草;10m、XXXX会社製:¥ 35,000-といった
て、どの部分の部品で、それは何のためのものなのか?必要なものなのか?が分かりません。 話だけでは
良くわからないので、ここで図解をして、本当の基本、屋根の構造について、お知らせします。 その1

 ●屋根の基本構造

 屋根の骨組み、は頂点から延びる垂木という、角材で構成されます。この垂木に一般木造住宅では下地材
と呼ばれるコンパネ(合板)をまず張ります。 かつては、幅15cmほど、長さ70〜60cmほどの板(野地板)を
使っていましたが、現在では、コンパネを使うのが殆どです。 耐用年数は、詳しくは不明ですが、30年以上
もつと思います。(30年経過した住宅でもそのコンパネを使用する場合もあります)

 3:は防水材、ルーフィングとも言います。の施工をコンパネ(下地材)の上から張ります。 このルーフィング
は、極普通の製品では、20年程度の耐用年数です。 30年の耐用年数を持ったもの 60年の耐用年数を持っ
たものなどいろいろあります。ルーフィングの上に、最後に施工するのが、仕上げ材という屋根材です。
上の例では、ガルバリウム鋼板の施工例になります。 以下下に瓦、スレート(コロニアル、カラーベストとも)
の例を掲載しました。 ガルバリウム鋼板も上の例では、横に張っていく、横葺きの製品です。
勿論、縦葺きの製品もあります。

 瓦は、ルーフィングの次に、桟木という瓦を固定する角材をルーフィングの上から施工します。 ガイドライン
工法では、この桟木に瓦を一枚一枚ステンレスの釘かビスで固定し地震に強い瓦屋根を構築します。

 上の例は、スレート(コロニアル、カラーベストとも言う)の施工です。図にあるように、仕上げ材は全て、下
から、軒先から上へ張ります。下の材料に重ねて施工するため、下から上の方に施工しないと、大変です。
上からの施工はできません。 軒先から棟に向かっての工事になります。 
 その他、アスベストシングル、自然石粒付鋼板などの新しい材料もありますが、その構造はかなり似ています

 屋根の各部の名称:
上の基本構造を覚えたら、次は屋根の部分の名前です、簡単ですから、しっかり覚えてください。
 瓦屋根の各部分、こんなもので充分です。 これ以外にわからないものが出てきたら、電話ください。
または、屋根屋にしつこく聞いてください。その部品は何なのか、どうして必要なのか?どこにつかうのか?

 で、最も基本的な各部分の名前です。
 ・屋根の一番広い部分、本体部分です: 平部とか、屋根の本体などと言います
 ・切妻屋根の三角状のヶ所:けらばと言います。 寄棟型、方形棟の場合は、けらばはありません。
  切妻型の屋根にしかない部分です。 寄棟と切妻のハイブリッド形の屋根もありますが・・・
 ・屋根の頂上部分を棟と言います。
 ・けらば部ではない、雨樋のある部分を軒先と言います。
 ・軒先周辺にある、屋根の中身を隠す、保護する板を破風と言います。
 ・1階の屋根と2階の外壁の間は結構重要で、壁の取り合い部分と言います。
 ・更に書いてないですが、軒先の裏側、軒先を下から眺めたときに、あるのが、軒の天井で
  軒天と言います。 ・ ・ ・ 以上、これくらいは、頑張って覚えてください。

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved