トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



コロニアルの耐用年数と葺き替え時期 

  はてなブックマークに追加  

築30年、コロニアルが劣化してきたので葺き替えたほうが良いのか?

   この質問、本当に多いです。 でも屋根屋は必ず葺き替えを進めて来ますし、築30年で表側のコロニアルも劣化があり雨漏りが発生していると、早く葺き替えをしないと大変なことになる・・・と言います。
でも本当に、葺き替え時期なのでしょうか? 葺き替えをしないといけないのでしょうか? 葺き替えをしないと大変なことになるのでしょうか?
   勿論雨漏りを放置すると、そこから水が雨の度に屋根の中に侵入し、垂木を濡らし、柱を濡らし、梁、天井を濡らしていきます。 でも1回の雨漏りで屋根全体の葺き替えが必須なのか?
   または、築20年以上、例えば建築してから 30年程度経ってコロニアルがかなり外観的に傷んでいたら直ぐに葺き替えをしないといけないのか? このような質問が、多いです。
   お助け隊の答えは、「NO」です。
 少なくとも直ぐに、直ちに葺き替えをしなければならないと言うのは、言い過ぎ、思い過ぎと思います。
 築20年以上建った屋根であるなら、雨漏りの可能性が高いのは確かですが、今雨漏りが発生してい
 ないのなら、葺き替えの必要はないと言えます。 
   そもそも、コロニアルの外観上、割れ、欠け、ヒビなどが無いのにも関わらず、何故雨漏りが発生するのか?をきちんと説明する屋根屋は、いないです。 雨漏りの発生理由を説明して、このような状態だから、葺き替えが必要、こうだから今は必要ない。 と納得できる説明が欲しいです。 雨漏りの仕組み原因へ
   でも、ほとんどの方が屋根屋のこの「大変なことになる」の脅しともとれる、セールストークに騙されるとは言いませんが、乗せられて葺き替えをしてしまいます。 納得し、葺き替えたいという意思があれば葺き替えても何ら問題ないのですが、「本当に葺き替えが必要なのか?」という相談が多いということは、お客様は疑問があるのです。 屋根屋が言っているが、本当か?本当に今葺き替えたほうが良いのか?
   屋根の機能には、2つあります。
 1:屋根はマイホームの一部であり、家の美しさを作っています。 (美観)重要な機能です
 2:家を雨、風から守る、特に雨漏りを防ぎ、家を腐食から保護しています。、
   機能 1は、お客様の趣味、嗜好の問題で、2とは関係なく、コロニアルの塗装が剥げた、色が変色した、雨漏りとは関係なく、美観が損ねたら葺き替える。何も問題ないです。 家の美観を保つ為に葺き替えるお客様も少数派ですが、いらしゃいます。 屋根屋としては、仕事をくれるありがたいお客様です。
   機能 2が問題です。 コロニアルの屋根(今の場合はコロニアル限定とします)はいつ葺き替えれば良いのか?いつ葺き替えなければならないのか? それは、屋根の耐用年数が来たときです。 当たり前ですが、では屋根の耐用年数はいつなのか? それは屋根の機能 2を失うとき、コロニアルに何も無いのに、雨漏りが発生するころです。 コロニアルの耐用年数は、20年ですが、実はコロニアル、仕上げ材と言いますが、コロニアルは、雨漏りを防いでいる主役ではありません。 その下のルーフィングが雨を部屋の中に入れないようにしている主役です。 ですから、機能 2を失うのは、ルーフィングがこの機能、性能を失うときなのです。 これはコロニアルの下にあるので、その状態を確認するのは少し難しい。

一般のルーフィング(防水材)の寿命は20年程度

   一般に、ルーフィングの耐用年数は、20年程度ですが、30年経っても雨漏りのない屋根屋は多数あります20年を過ぎたら、そろそろ雨漏りを心配し始めるときです。 20年経っら葺き替えではありません。
   屋根の平部、本体部分に何も損傷などがない場合で、そこから雨漏りが始まったらルーフィングの耐用年数が来たのか?と疑ってください。 築後20年後が一つの目安です。 例えば築後30年で、初めて雨漏りが起こったら、ルーフィングの寿命のサインです。 しかし、直ぐに葺き替えにはなりません。 どうするかは、その雨漏りの状態、予算、などで決めなくてはなりませんが、必須ではありません。
   お助け隊では、初回の雨漏りの場合は、とりあえず直ぐに部分修理です。 これは放置してはいけませんし、屋根屋が決定的な葺き替えなければならない証拠や納得するものを提示しないかぎり、部分修理で良いと思います。それから、葺き替えを考え始めるで問題ありません。 その修理の際にルーフィングの様子や屋根の裏側、小屋裏があれば、そこから屋根の裏側をチェックしてもらってください。 屋根のチェックの良い機会と思います。 直ぐに葺き替えを依頼せず、屋根の状態の情報、できればルーフィングの写真やコロニアルの普段見れない箇所の様子を見てもらえます。 そして葺き替えに備えてください。
   屋根の葺き替えは、多額のお金が必要です。数十万円、百万円を超えることもしばしば、その家の大事業です。 安易に雨漏りだから葺き替えと思わず、迷ったらまず直ぐに部分修理です。
   屋根にとって、その家にとって、雨漏りを放置することが一番まずいことです。
 半年、1年その雨漏りを放置すると、本当に「やばい」ことになります。 

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved