トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



築25年、スレート葺、1回目の雨漏りの場合 

築25年、コロニアル・スレートが劣化して雨漏り; その対処は?

   単刀直入に言えば、葺き替えはまず考えません。 1回目なら、徹底的に雨漏り箇所を探します。
まず何故雨漏りが起こったのか?を調べます。 まず自分でできる範囲で雨漏りの箇所を探します。 まずは外から簡単にわかる軒先の軒天部分。 ここに染み、黒ずみなどがあったら雨漏りです。 また天井に染みや水の跡を発見したら、押入れの上に点検口(簡単には押入れの天井のベニヤ)の板をずらして屋根裏を懐中電灯などでチェックします。
  しかし、見える範囲はそんなに広くないので、染みのあった箇所の周辺だけ良く見ます。 もし梁、柱に水の通ったあとがあったら、その上の屋根から雨漏りがあったことの証拠です。 実際はそんなに簡単に見つかることはないので、あとは専門の屋根屋に依頼して、雨漏り箇所を探してもらます。 ・ ・ ・ 屋根屋によっては、葺き替えを薦めて屋根の外側だけみて諦めてしまう屋根屋もいます。 
  一番やっかいなのは、瓦屋根、スレート屋根、金属でも同じですが、仕上げ材は何とも無いのに、雨漏りがある場合です。 ルーフィングのみ劣化して雨漏りが発生している場合ですが、これは屋根の裏側からあたりをつけるしかありません。 ある程度範囲が特定できたら、仕上げ材を撤去してルーフィングの異常個所を特定します。 スレートの場合は一度材料を撤去すると、その材料は再利用できないので、その部分は新しく葺き替える覚悟です。 瓦の場合は、再利用できます。 外す範囲は結構難しい場合がありますので、専門の業者に依頼します。 雨漏りの発生している箇所が判明したら、その部分だけ修理です。
   では何回目の雨漏りで葺き替えなのでしょうか? 
 こういう質問の仕方をするお客様はいませんが、築20年以上経ち、雨漏りが複数回続くなら、それはルーフィングの寿命と考えるべきで、そろそろルーフィングの交換です。 何回雨漏りの部分修理をやるか?
それは、我慢と予算と屋根の状態によります。 葺き替えには、100万円以上の費用が必要なので、簡単に工事すると言うわけにはいきません。 また屋根の仕上げ材の劣化が酷くなければ、部分修理で良いと思います。 スレートの苔、カビが多く外見的にも汚いと感じていたら、3、4回目の雨漏り時に葺き替えをしても良いと思います。 その頃には30年程度経過しているかもしれませんし、時期としては妥当です。 

スレートから何に葺き替えるのか?

   今までスレートだったので、同じで良いと思うかもしれませんが、私だったらスレート(今は大手がケミューが製造しています)には、しません。 アスベストが2006年に全面的に禁止になってから、スレート、コロニアル、カラーベストなどの鉱物繊維をセメントなどで固形化した材料は、そのアスベストに代わる良い鉱物繊維が開発できていないので、10年程度で材料の端が反ってくる、小さなヒビができる、表面が剥がれると言った雨漏りには直結しませんが、まだ弱いです。 耐用年数が20年以上本当にあるのか? かなり疑わしいです
   また、ケミュー社は、コロニアルグラッサ、カラーベストの商品名で屋根材を販売していますが、サイトをみると、製品の保証が書かれていません。 ただ技術的に一生懸命やっている、技術力の高さを謳うたっていますが、その材料の20年持った実績は、どの新製品もありません。 
   2006年にアスベストが禁止になりましたので、実績が出てくるのは、2026年以降になります。 
もちろん環境促進試験(わざと悪環境下で材料の試験をする)はやっているとサイトでも言っていますが、その説明や根拠の解説は、完全に納得するものではありません。(あくまでも個人の感想です)
   ガルバリウム鋼板は、米国ベツレヘムスチール社が開発したものですが、20年以上の耐用年数の実績があります。 1970年に開発されたガルバリウム鋼板は、1994年から1999までの25年間、全米33箇所で施工し、砂漠地帯、西海岸の温暖な地域、ミシシッピーのような高温で高湿度(夏は80%以上の湿度)、アラスカのような寒冷地、東海岸に近い海沿い、酸性雨の多い東部工場地帯など、いろいろな環境での耐用年数試験をして、レポートになっています。 >>> ガルバリウム鋼板の耐用年数試験
   なので、ガルバリウム鋼板は、寿命に関しては、自分で施工するにしても、安心してお客様にも薦めることができます。 コロニアル、スレート、カラーベストなどの材料は、2026年以降に何か耐用年数の試験結果を見て考えても良いのかもしれません。 

ガルバリウム鋼板ならどこの製品が良いのか? (個人的な好み)

   ガルバリウム鋼板は、日本では大手鉄鋼4社が製造しており、米国のライセンスを使って製造しています。ですからそのガルバリウム鋼板自体の耐用年数にはそんなに違いがあるとは思えないのです。 そして各ガルバリウム鋼板の屋根材メーカーは、ここからガルバリウム鋼板を購入して、切断し、加工し、表面の塗装や処理をして屋根材として販売しています。 各ガルバリウム鋼板の屋根材に違いがあるとしたら、その折りまげの形や表面処理の違いで耐用年数が変ったり、製品の質の違いがでてくるのだと思っています。
   具体的には、薄い鋼板だけですと、工事中や自分が屋根に乗ったときに曲がってほしくないとおもいますので、強度の少し強い、断熱材料付の横暖ルーフシリーズが個人的には好きです。 実績も申し分ないですし、品質てきには一番安心できます。 価格もリーズナブルこれが施工できない屋根屋は殆どいないという製品です。 リフォームでは一番普及している製品ではないでしょうか?
   あと、ルーフィング、屋根材に雨漏りの原因となる釘を使わい屋根材として、自着式のルーフィング+アスファルトシングル(これも接着材での施工方法の選択)にします。 屋根を葺くときに一番重要なのは実はルーフィングで、良い、ここでは釘、タッカーを使わない自着式のものを使い、やはり釘を使わないアスファルトシングルを選ぶとかなり雨漏りしない耐用年数が伸びると思っています。 全くお客様には、知られていませんが、この組み合わせも有力な施工候補です。 

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved