トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



瓦屋根;雨仕舞の良いルーフィングとは? 

    はてなブックマークに追加  

屋根の寿命はルーフィングで決まります

 瓦屋根の雨漏り、そしてルーフィングの劣化は瓦の隙間から漏れる雨水に関係します。 漏れた雨水は瓦を引っ掛けて固定している桟木(赤い丸で囲んだ部分の角材)でせき止められ桟木を固定している釘を長い繰り返しで錆びさせます。 また雨水が桟木で停滞しますが、1、2回の漏水では、やがて乾燥してしまいます。 この桟木が水に濡れることが頻繁にあると当然、桟木自身も腐食します。 釘も更にさび、そのサビの間から雨漏りが発生します。 瓦屋根の劣化は瓦そのものの劣化というより、桟木やルーフィングの劣化が大きな原因です。
 上の写真は、雨漏りの箇所を特定したところです。 桟木の腐食、その近辺の釘が錆びた結果、雨漏りが発生していました。 桟木を交換してコーキング、できればルーフィングも広めに交換して欲しかったところです。
・・・ 修理したところが下の写真、桟木を交換しただけではなく、桟木の間を空けることをしています。 これは雨水が桟木で停滞しないようにするためです。 (この修理方法は応急処置になります)

 最近では、瓦の桟木を施工するときは、はじめからスリットを入れて施工します。(下写真参照)
 写真が小さくて見えないですが、赤丸の部分にスリットが入っています。 これで、瓦の隙間から侵入した雨水を逃がしてやります。 すると雨水は桟木で滞留することなく、軒先へ流れていく仕組みです。
 更に解説すると、この工事は瓦を固定するための横方法の桟木(横桟と言います)の他に縦方向にも、2mm程度の薄くて細い角材も施工しています。 これは横桟を浮かして雨水の通りを良くする工夫です。

この横桟を浮かせるルーフィングがあります。

 あるルーフィングメーカーは、このルーフィングと桟木の間を浮かせるものが登場しています。 
通常ルーフィング(防水材)は、表面は平らなのですが、下図のルーフィングは、屋根に対して縦に1mm程度の膨らみを持ったもので、桟木(横桟)を浮かせる機能があります。
 上の写真: ルーフィングと横桟の写真ですが、ルーフィングに1mm程のラインをつけて桟木を1mm浮かせています。 その隙間が矢印です。 下の写真は、上から水を流してみた写真で、桟木の部分で水は留まらず桟木とルーフィングとの間の隙間から流れています。
 屋根屋さんは、横桟+縦桟+スリットのやり方より、面倒がない。 余計な工数がない、費用も安くなるということで、瓦工事では標準的にこのルーフィングを使用しているとのことでしでた。 
 
施工する前のルーフィング;商品名: チャンピオンルーフィング

雨漏りの仕組み(再度の解説)

 瓦屋根は、野地板(コンパネ)にルーフィングと桟木、瓦自身を釘で固定しています。
 この釘がステンレスを用いることが最近多いのですが、ステンレスも鉄の一種で錆びにくいですが、やはり錆びることに変わりはありません。 錆は酸化ですが、水があると更に錆びやすいのはお分かりいただけると思います。 桟木に水が滞留しそこに釘があると釘は最も錆びやすい環境になっています。 
 雨漏りはルーフィングの開けられた穴から漏れますが、ルーフィングの柔軟性が十分あるうちは、この穴を塞いで雨漏りになりません。 しかし、何年かすると柔軟性が失われルーフィングは硬化します。 そして釘は錆びて穴を大きくします。 1mmもない隙間がここにできてここから雨漏りが発生するのです。
 雨漏りは決して瓦が割れたから、ヒビが入ったから、欠けてしまったから起こるのではありません。
 それは、ルーフィングの防水材機能が経年劣化によって引き起こされることなのです。 その経年劣化とは、ルーフィングの硬化と釘の膨張によってもたらされるのが原因です。
 もちろん、どこからかものが飛んできて、瓦をわりその破片でルーフィングが破れたらもちろん雨漏りは発生します。 しかし、瓦に何も損傷が無く、割れたり欠けたりしていないのに雨漏りが起こるのはこういう原理、理由です。 

ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved