トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA

Nobilis Works 代表の小形 秀明です
私が、Nobilis代表の
小形です。 お客様にご満足して頂けるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします



大地震で家の倒壊を防ぐ木造家屋の対策とは? 

    はてなブックマークに追加  

●瓦屋根の住宅は倒壊し易い??のか?

 ここでは、木造住宅(鉄筋コンクリートの住宅、2バイ4住宅などは含まれていません。特に在来工法である、木造軸組構造の住宅を対象にしています)の地震対策について、屋根のことを含ませてお知らせします。
  地震の対策として、いまも重い瓦を撤去して、軽い金属に張り替える依頼は非常に多いです。 しかし、それは正しいのか?いったいどれくらいの効果があるのでしょうか? 屋根がかなり傷んできてそろそろ葺き替えをしようとしている、また最近大地震が続いているので、重い瓦は撤去して軽い金属(ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板、またはトタンなど)屋根材料へ葺き替えるお客様が後を絶ちません。
 同じ柱、梁、床、壁など他にリフォームの余地は多くありますが、屋根を葺き替える時についでに、屋根を軽くして、少なくとも家の倒壊は防ごうということで、瓦から軽い金属へ葺き替えるのは、耐震の考えから言うと間違えではないと思います。分かっていると思われますが、今一度おさらいをすると ・ ・ ・ 
 数式は使いませんが、球A、球Bにかかる力(地震で地面が揺れ、その揺れの力が各球へ及ぼす力)は、支えである棒(支柱)の長さと上にのっている球の重さに比例します。 球の重さが多いほど、かかる力は大きくなります。(簡単な物理)同じ棒の材質、形状、頑丈さなら、左の振り子のほうが同じ地震でも倒れやすいのは、理解して頂けると思います。 これで、思い瓦の乗った屋根は、その他の条件(家の柱、梁、土台、地盤等など)が全く同じなら、屋根の重いほうが倒壊し易いということもお分かり頂けると思います。

●阪神淡路、東日本大震災のときに広範囲で瓦屋根の棟部分が破損した事実

 昔の、阪神淡路大震災前の瓦の施工は、引掛け桟構法で瓦を釘やビスで固定せず、桟木に瓦の爪を引っ掛けて固定していました。 そのため、震度5程度の地震で、上の様な原理で簡単に棟瓦が倒壊していました。
 信じられ無い話ですが、1995年当時まで、瓦は釘や、ビスなどで固定せず、その引っ掛け構法で施工されていたのです。 20世紀も終わりになろうとしていた現代の建築構法ですら、このような構法を取っていたのです
 その阪神淡路大震災以後、瓦屋根の組合である全瓦連(全日本瓦工事業連盟)と独立行政法人の建築研究所は、瓦の倒壊を防ぐ為に今までの引っ掛け残構法を改め、「ガイドライン構法」または「耐震構法」を冊子にまとめ推進するようになりました。 20世紀の末にようやくです。
 瓦屋根、本体ももちろんですが、特に棟部分は、針金で棟瓦、熨斗瓦、冠瓦を括ってあります。
私を初め、屋根のことを知らない殆どの家主さんは、棟は屋根本体もしっかりと固定されていて、その片鱗が針金で止められていると、勝手に思い込んでいました。 しかし、針金は棟の瓦をただまとめているだけで、なんら屋根本体と固定されてはいないのです。 それを知ってかなりショックをうけましたが、それが現実です。
 ですので、いままで震度6以上の地震は、多く発生しましたが、多くの瓦屋根の棟が倒壊してきました。
私も1995年当時、大阪の豊中市内に住んでいて、阪神淡路大震災に遭遇しました。 神戸からはかなり離れていましたが、豊中市内の瓦屋根、家の全壊は無かったものの、その殆どの棟が崩れていて、ずべてブルーシートで覆われていました。 住んでいた周りでは例外が見つけられないほどだったのです。 左様にその瓦棟は地震に弱いものだったのです。 いまでも、古い瓦は同じように、ただ桟木に引っ掛けたものです。
 一般社団法人 全日本瓦工事業連盟は、古い瓦屋根の現状、構法、地震に対する弱さを国民に知らしめるべきです。 現国土交通省、国は、我々国民は真実、実態をしることによって、どう対処するかの選択をもつべきです。 知らない、知らされないのは、非常にまずいことと思います。 ましてや人生をかけて建てた自宅の瓦屋根の状態が、正確に知らされないのは、我々にとって不幸です。 誰も言わない重要な事柄を屋根工事お助け隊がお知らせしていきます。屋根屋は決して自らこのような事実は言いません。 多分言いたくないでしょうから。

 思い屋根は軽い屋根より諸条件が同じなら重い屋根のほうが倒壊し易い。
 1995年以前(今から20年までに建てられた瓦屋根は、瓦が固定されていない可能性が大きいです
 瓦屋根は、現在「耐震構法」「ガイドライン構法」という瓦屋根の施工方法があります。
 ・ ・ ・ 知ってください。 やるやらいは別として、

 では、大地震に対してどうしたら良いのか? 順をおってお知らせ、解説をしていきます。
 ・ ・ ・ 


ブログ・閑話休題 トップページへ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ
 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved