はてなブックマークに追加 

◆工務店や建築会社の屋根工事の見積は何故屋根屋直の相場より高いのか?

  ●あるペンキ屋からの電話です。 千葉のお客様で屋根の葺き替え工事をお願いしたい。
ついては、車で通るだけで見積をくれないか? ・・・・ ???
  電話の初めは、
 ; 「すみません、ペンキ屋なんですが、お客様が屋根も何とかして欲しいと言っているので、
   見積できますか? 場所は千葉県の市川なんですが」 

 ; お助け隊: 「ハイ、ありがとうございます。ではお客様の住所、名前、ご連絡先を教えて
   もらえますか?」 
 ; ペンキ屋さん「え〜〜、私どもは元請けではなく、孫請けで、お客様の情報を教えて
   良いかは、元請けの許可がいるのです。 家の住所は教えますので、車で通って家を見る
   だけで、見積はできませんか?」 

 ; お助け隊「え〜〜〜それは難しいですね、屋根の面積を正確に測定しなければなりません
   し施主様の要望などを詳しく聞きたいので、間に業者さんが、入るといろいろトラブルの
   原因になりますので・・・」「お客様の電話番号だけでも教えてもらえば、こちらから連絡を
   差し上げますが。」 ●ペンキ屋さん「 ・ ・ ・ 」 「じゃいいです。 他にあたります」  

◆ペンキ屋が企んでいること

  このペンキ屋が何を企んでいるのか? 分かりますか? 元請けに黙って、屋根の葺き
 替え工事を自分で請けて、屋根屋に工事をやらせてそのマージンを着服しようとしている
 のだと思います。 このような中間業者が入る場合、必ずその中間業者が、何がしかの
 マージンを上乗せして、お客様に請求です。 

 良い、そんな変なことをしないペンキ屋さんや、外壁塗装屋さん、内装屋さんもたくさんいます。
 屋根は自分の仕事ではないので、紹介料なんて貰わない、お客様と直接取引してくださいと
 初めからお客様の住所、氏名、電話番号を教えてくれる業者さんもいっぱいいます。 
 でもそうでない業者も多くいることも覚えておいてください。 
  屋根屋ではない業者に屋根工事を依頼すると、中間マージンが発生します。 
  そしてその仕事の質は・・・不明です。 
  そんな仕事の依頼は止めてください。 面倒でも屋根屋を探して直接連絡を取ってください。 
  例えそのペンキ屋が信用していても、良い職人さんでもです。 
  この中間マージン、紹介システムは、悪しき建築業界の慣習です。 
  直接ではなく、信用できると思っていた工事業者に別の工事を依頼したら、中間マージン
  をとられると思ってください。 
  その額は決して小さいものではありません。 例えば屋根葺き替え工事は、100万円近く
  にあんることはしばしばです。   
  そしてその中間マージンは、30%とすると、30万円です。 口利きをするだけで ・ ・ ・ 


◆工務店や建築会社は一つ一つの工事を下請けに発注して
 中間マージンで儲けています。

  この最たる会社が実は建築会社や、工務店です。 彼らは実工事をする職人は抱えてい
  ません。
  そのほとんどは、下請けや孫請けの会社にやらせて、自身は管理、設計、監督をして
  会社を運営しています。 
  けっして職人さんは、工務店、建築会社の社員ではありません。 
  これが日本の建築業界の実態であり、真実です。 

  建築会社、工務店は、下請け、孫請け会社にできるだけ安く工事を依頼し、儲けを大きく
  します。 しかし、新築の家を建てるときは、残念ながら建築会社や工務店に発注せざる
  負えません。 何故なら、自分で直接;基礎、土地の改良、測量、大工、型枠大工、内装
  、壁、外壁、屋根、フローリングなどの床、トイレ、洗面、台所などの設備、配管、下水、
  水道、電気の配線、襖、畳、タイル等など家のできる工程ごとに、正しいタイミングで施工
  するように、1件1件業者を手配しなければなりません。 

  不可能ではないです。 実際に自分で計画し、おのおのの専門業者に直接工事を依頼して
  正に自分で家を建てているお客様も実際に存在します。 でも自分の本業をしながらできま
  すか?

   ここに建築会社とか、工務店の存在意義があります。
でも、覚えてください。 屋根や外壁塗装など単体の工事、リフォームを建築会社、工務店に依頼する必要がありますか? 工事は単体、工程管理やその監督も必要ありません。 工事を依頼するのは、1社です。 工事の支払いも1社です。 これで中間マージンを払う必要など無いわけです。

  勘違いしているお客様は、多いです。 家を建ててくれた建築会社や工務店は信用できる良い会社、屋根のリフォームもきっと適正価格で、きちんと自社施工してくれる・・・と。

  違います。

  社施工は、しません。 自社で屋根屋を手配して、中間マージンをとるだけです。 工事の初め、終わりに挨拶すら職人にやらせる会社も多いです。 屋根屋に直接依頼するより、30%〜50%、大きい会社ほどこのマージンは高いと想像できて、ひどいと、100%;倍の価格なんて実に普通の価格になってしまっています。 こんなことが、日本ではまかり通っているのです。 お客の立場だったら呆れます。

  でも、これが今の日本の建築業界の常識なのです。 

屋根を葺き替えるときに気をつけなければならないこと、工法・価格・相見積・屋根屋選び
 プロフィール
 
 専門は電子工学ですが、歴史が好きでYoutubeでネットサーフィンを楽しんでいます。 ユダヤと日本の関わりが古代日本であったのには驚きです。 チンギス・ハーンは源義経だった??? 等々興味は尽きません


 ●カテゴリー
 ・怒ってること
 ・驚くべき・カラーベスト
 ・腰痛、坐骨神経痛他
 ・屋根葺き替え工事
 ・断熱、遮熱って
 ・無料屋根修理事業者
 ・地震・耐震・地震予測
 ・100年住宅
 ・食べ物・美味しいもの
 ・メタンハイドレート
 ・世界を救うミドリムシ


 ◆記事一覧
 ●屋根葺き替え時、ガルバリウム鋼板の断熱性能を考えるべきか?各社の比較検討
   価格、カバー工法可能、軽量の理由でガルバリウム鋼板は非常に良く契約される屋根材です
   しかし、薄い金属の故、そのままだと断熱性能はゼロに近い!これをどのように克服するのか?
   各社の取り組み、製品作りについて、ご紹介します。
 ●カラーベストは屋根のリフォームに使用するのは大変です!
   カラーベスト(スレート材)は、カバー工法には使えない。 カラーベストのリフォーム、屋根葺き替
   え時には、必ずカラーベストは撤去しなければならない。 重ね葺き不可、マニュアルの通りに
   施工しないと、保証が受けられない! 知ってました? とんでもない材料だった!?
 ●東日本大震災のときも同じでした;法外な金額で荒稼ぎをする業者がばっこします 
   120uのスレートへの屋根葺き替え工事が、なんと300万円!ブルーシートが20万円
   熊本地震もこれから悪徳屋根工事業者が跋扈します。 気をつけてください。 すでに相談の
   問い合わせが来ています。 良く読んでもし屋根工事が必要なときは役に立ててほしいです。
   このホームページ全体にいろいろ有益な情報が含まれています。 くれぐれも悪徳業者に騙され
   ないように!
 ●建築会社、工務店、リフォーム会社の価格の高さは当たり前です 
   あるペンキ屋からの電話です。 千葉のお客様で屋根の葺き替え工事をお願いしたい。
   ついては、車で通るだけで見積をくれないか? ・・・・ ??? 
   の問い合わせ何だろうと思って聞いていくと・・・・
 ●20年近くも付き合ったリフォーム業者の見積400万円! 120uトタンの葺き替え 
   トタンの葺き替えで、ガルバリウム鋼板の横葺を誘導する屋根屋、屋根の勾配を変える?
   提案をするようです。 ・ ・ ・ 呆れて笑ってしまいます。
 ●訪問販売で契約してしまった! クーリングオフやり方 
   営業マンが人柄が本当に良さそうだったのでつい契約をしてしまった。 ・・・でもその費用が
  相場に対してべらぼうに高い・・・契約そ止めたいが、その具体的な方法は?
 ●知らされない断熱の急所; 窓; 壁や屋根、天井の断熱より効果的な窓の断熱 
   外断熱だ充填断熱だと議論やかましいが、肝心なのは窓の断熱だったって知っていた?
 ●30年以上患っている腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、いろいろやりました。 
   20代の半ばで初めてギックリ腰をやってから、30年、整形外科は何軒行ったか?
   整体、マッサージ、オカルトの治療方、ハンドパワー、ゴットハンド、鍼灸、カイロプラティック
   いろいろ、いろいろやりましたが完治しません。 今はAKA博田法、期待したいです。
 ●屋根修理、屋根葺き替え工事
   ガルバリウム鋼板、瓦、スレート、トタンの葺き替えの費用、相場、概算