はてなブックマークに追加 

◆断熱は、「窓」が大きく関係している!?

窓などペアガラスにしておけばOK? 貧弱な断熱、断熱政策、
                              知らされないのは消費者?
  日本の省エネ基準の甘さは世界に有名だが、ここではその一例、肝心の窓(サッシ)の断熱についてです。 いかに日本の政策、メーカーの意識の欠如、建築関係者の勉強不足?意図的にもある断熱事項。 それらを暴露というか、正しい知識、情報をお知らせしたい。 読むと怒りが湧いてきます。 でも誰に怒りを向けていいのか ???
予備知識として、窓のとりわけサッシの断熱性能の評価値として出てくるのが;
U値(熱貫流率);熱の伝え易さを表す単位、この窓の話しで言うと窓からの熱の伝わり易さを言う
単位は、W/u、これは、単位面積;u あたりに入ってくる、又は出て行く熱(W;ワット)の量熱貫流率 2.0W/uと4.0W/uでは、値の小さな方が熱を伝え難く、4Wのほうは 2Wより2倍熱が伝わりやすいことを意味している。 夏では2倍の熱量が窓から入り込んでしい部屋を暑くすると言っています。 この値が小さい方が窓の断熱性能が優れていることになります。

  ● ペアガラスを使ったアルミサッシは、この値は、3.49W/u〜4.65W/uで
  省エネ等級では☆☆ (星2つで上から3番め、一番したから2番めの性能)
  私の実家で7年前に全面的にリフォームし、断熱については良くしてもらっても
  サッシはペアガラスで、星2つ、自慢だったが全く大したことないと最近わかりました。
  (断熱)等級は、高いほど熱貫流率が低く、熱(エネルギー)を通し難いと意味です。 経済産業省が定めた窓の等級、最高は、2.33W/u・K、1uの広さから毎秒2.33Wのエネルギー(熱量)が逃げてまたは、入ってくることを表しています。(貫流;突き抜けて通す) 最低の等級は、4.65Wものエネルギーを逃がして、または夏には、この熱量・エネルギーを通過させています。
  と言ってもこの値だけでは、ちんぷんかんぷんです。 我々は部屋の温度を知りたいので、こんな値に興味は本当のところ興味はないのですが ・ ・ ・ 部屋の温度、暖房の省エネ、エアコンの省エネ、電気代、灯油代がきになるのです。 でも窓の性能と省エネとはかなり密接な関係がありますので、我慢して聞いてください。 ちなみに我家は断熱を良く考えてリフォームをしたのですが、アルミ枠のペアガラス・サッシの断熱等級は、星2つでしかありません。 日本のサッシの最高断熱性能は、星4つ、2.33W/u・K以下です。 この値を覚えてください。 
  断熱というが、具体的に家のどの部分からエネルギーを失っているのか?
  窓が大きいと明るいし、開放感があって気持ちの良いものです。 しかし、大きいまどから冬は熱が逃げていきますし、夏は真夏の太陽光線が容赦なく降り注ぎます。 家の条件はいろいろありますが、あるモデルを使って計算すると、窓から50%もの熱が逃げてしまう。
  平成4年の省エネ基準には、窓での断熱は、ガラスの枚数(重ねる)枠の材質などが各等級ごとにその仕様がありますが、その面積などは規定がありません。 当然です。 例えば窓の面積がないと、この割合に意味はありません。 ・ ・ ・ まあ窓が断熱に大きく関与、関係していると言いたいのでしょう。 それは否定しません。 でもこの割合は横に置いといて、窓からの熱損失です。 この手の広告、情報は気をつけて見なければいけないです。 そこし批判的に見るくらいの習慣が必要です。
  窓の大きさが示されていなければ、冬;そのから逃げるエネルギー量、夏は;窓から入り込む熱波のエネルギー量は、不明ですが、かなりのパーセンテージになります。 夏のエアコンの電気料金、冬の暖房費用に大きく影響します。 その窓の断熱の性能が、熱貫流率です。
  ● このW/u・K(熱貫流率)を使って、世界各国の窓の断熱性能を比較してみます。
  (経済産業省が定める日本のサッシの断熱基準値の最良は、熱貫流率にして
   2.33W/u・Kです
  上記U値・熱貫流率は、各国の最低基準で、これより小さい値で実際の家が建築されています。
  ●フィンランド : 1.0 W/u
  ●ドイツ     : 1.3 W/u
  ●デンマーク  : 1.5 W/u
  ●チェコ     : 1.7 W/u
           :
  ●フランス   :  2.1 W/u
  で、日本の一番良い値、基準値の2.33W/uより殆どの国の最低基準値が低い値です。
  しかも、2.33W/uは、基準値とは言え最低でもなく、単なる努力目標なのです。
  つまりこれを満たさなくとも家が建ってしまう。 許してしまっているのです。 

  技術の優れた日本:
  技術立国のはずの日本の住宅の性能・断熱性能が何故こんなにお粗末なのか? 
  この基準は
  残念ながら、気候の近い韓国や中国の値より劣っているのです。 
  日本は、「ものづくり先進国」「超一流の工業国」と言われていますが、しかし窓に限っては全く逆で、日本の工業製品の中でほぼ唯一といっていいほど、レベルの低いのです。 これは政治とメーカーの陰謀?怠慢?いじめ?と思わざる負えない状況です。 しかし、この事実を知らない人がたくさんいます。 知らないで新築を建てる、マンションを買う、リフォームをしているのです。
  断熱の基準: 断熱等級4とは?
  冬、室内は20度を維持、朝方でも 15度を下廻らない ・・・ 健康で、ヒートシックのない環境
  断熱として窓が大切な、大きな断熱性能を左右する構成要素であることは、分かりました。
では、家の最終的な、最低の環境とは、どのようなものなのか? 断熱材料、窓の材料、屋根の断熱、天井の断熱、壁の断熱、床の断熱は、最終的にはどのラインを目指しているのでしょうか?
  ・ ・ ・ それが、最低、ヒートショックのないレベル、室内20度維持(これは昼夜、春夏秋冬を問わず)真冬の夜明け前の温度15度以上が、人間が快適に心臓発作などで死なないでレベルです。
  省エネとは、別の話しとして、住環境、とりわけ大切な部屋の温度を一定に保つことが重要なのです。 ここで、断熱と省エネは何か一体のものとして考えがちですが、まず断熱で人間が快適に暮らせるようにすることで、その先に省エネがあって欲しいです。
  真夏電気代を節約して、エアコンを使わない、真冬は暖房代を節約して暖房はしない、エネルギーを使わないので、立派な省エネです。 しかし、夏は熱射病になり、冬は30度以上ある風呂場から、零度近い居間に行ったら心臓発作で亡くなる・・・何の為の省エネなのか? なのです。
  快適な住環境を得る為の断熱、成る可く少ないエネルギーでこの環境を守っていく、これが優秀な省エネの基本概念ではないでしょうか? 
  ● 今回は、省エネの一手段としての断熱、特にその中でも割合の大きい、窓の断熱、サッシの性能について、述べました。 まだまだ断熱の箇所、問題がありますので、このお話は続けていきたいです。
 プロフィール
 
 専門は電子工学ですが、歴史が好きでYoutubeでネットサーフィンを楽しんでいます。 ユダヤと日本の関わりが古代日本であったのには驚きです。 チンギス・ハーンは源義経だった??? 等々興味は尽きません

 ●カテゴリー
 ・怒ってること
 ・驚くべき・カラーベスト
 ・腰痛、坐骨神経痛他
 ・屋根葺き替え工事
 ・断熱、遮熱って
 ・無料屋根修理事業者
 ・地震・耐震・地震予測
 ・100年住宅
 ・食べ物・美味しいもの
 ・メタンハイドレート
 ・世界を救うミドリムシ


 ◆記事一覧
 ●屋根葺き替え時、ガルバリウム鋼板の断熱性能を考えるべきか?各社の比較検討
   価格、カバー工法可能、軽量の理由でガルバリウム鋼板は非常に良く契約される屋根材です
   しかし、薄い金属の故、そのままだと断熱性能はゼロに近い!これをどのように克服するのか?
   各社の取り組み、製品作りについて、ご紹介します。
 ●カラーベストは屋根のリフォームに使用するのは大変です!
   カラーベスト(スレート材)は、カバー工法には使えない。 カラーベストのリフォーム、屋根葺き替
   え時には、必ずカラーベストは撤去しなければならない。 重ね葺き不可、マニュアルの通りに
   施工しないと、保証が受けられない! 知ってました? とんでもない材料だった!?
 ●東日本大震災のときも同じでした;法外な金額で荒稼ぎをする業者がばっこします 
   120uのスレートへの屋根葺き替え工事が、なんと300万円!ブルーシートが20万円
   熊本地震もこれから悪徳屋根工事業者が跋扈します。 気をつけてください。 すでに相談の
   問い合わせが来ています。 良く読んでもし屋根工事が必要なときは役に立ててほしいです。
   このホームページ全体にいろいろ有益な情報が含まれています。 くれぐれも悪徳業者に騙され
   ないように!
 ●建築会社、工務店、リフォーム会社の価格の高さは当たり前です 
   あるペンキ屋からの電話です。 千葉のお客様で屋根の葺き替え工事をお願いしたい。
   ついては、車で通るだけで見積をくれないか? ・・・・ ??? 
   の問い合わせ何だろうと思って聞いていくと・・・・
 ●20年近くも付き合ったリフォーム業者の見積400万円! 120uトタンの葺き替え 
   トタンの葺き替えで、ガルバリウム鋼板の横葺を誘導する屋根屋、屋根の勾配を変える?
   提案をするようです。 ・ ・ ・ 呆れて笑ってしまいます。
 ●訪問販売で契約してしまった! クーリングオフやり方 
   営業マンが人柄が本当に良さそうだったのでつい契約をしてしまった。 ・・・でもその費用が
  相場に対してべらぼうに高い・・・契約そ止めたいが、その具体的な方法は?
 ●知らされない断熱の急所; 窓; 壁や屋根、天井の断熱より効果的な窓の断熱 
   外断熱だ充填断熱だと議論やかましいが、肝心なのは窓の断熱だったって知っていた?
 ●30年以上患っている腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、いろいろやりました。 
   20代の半ばで初めてギックリ腰をやってから、30年、整形外科は何軒行ったか?
   整体、マッサージ、オカルトの治療方、ハンドパワー、ゴットハンド、鍼灸、カイロプラティック
   いろいろ、いろいろやりましたが完治しません。 今はAKA博田法、期待したいです。
 ●屋根修理、屋根葺き替え工事
   ガルバリウム鋼板、瓦、スレート、トタンの葺き替えの費用、相場、概算