はてなブックマークに追加  

◆大きな災害時;大儲けを目論む業者がハビコリます

 熊本県を初め今回の地震で被災された方:
  4月14日の地震で、壊れた屋根の修理、葺き替えでそろそろ電話がかかってきています。
  東日本大震災でもありましたが、地震の当初は、悪徳な業者、ここぞとばかりに高額な金額
  で工事をやる業者が出てきています。 価格のチェックを怠ってはいけません。大きい会社
  だから安心、価格も相場「だろう」は、決め付けないでください。 または、落ち着いてから
  工事を始めるたほうが良いかもしれません。 くれぐれも慌てて契約しないように!
  価格、工法のチェクは、無料でいたします。(熊本には提携の屋根屋がいないので、ボラン
  ティアでの仕事ですが、お答えいたします。 
  ・ ・ ・ 0120−58−1152; 屋根工事お助け隊まで

◆屋根葺き替え工事の見積を300万円と言われた

 熊本のお客様から、価格の問い合わせがありました。 屋根面積:約120u、瓦葺きの屋根をコロニアルで葺き替える見積をもらったそうです。 その見積金額約 300万円。 その金額が妥当なものなのか?問い合わせていらっしゃいました。 お助け隊として、提携会社の屋根屋さんの見積、Webの公開だれている施工金額などを鑑みた独自の相場感で、おおよその施工費用をお応えしました。 下記がその概算です。 屋根面積;120u、瓦を撤去して、コロニアル(スレート系はあまりお奨めできない材料ですが、この場合は金額の妥当性なので、それは置いといて)の施工費用を下記の計算で回答しました。
    瓦屋根の瓦を撤去、コロニアル(スレート)での葺き替え工事概算:
 1:瓦の撤去費用:          
   ¥2,000/u X 120u = ¥240,000
 2:瓦を含む廃材処理・処分費用
   ¥2,000/u X 120u = ¥240,000
 3:コンパネ(下地材、材料+施工費)
   ¥2,000/u X 4 u = ¥8,000 (破損した部分の補修)
 4:ルーフィング(防水材)、材料+施工費
   ¥600/u X 120 u = ¥78,000
 4:コロニアル(スレート)本体の材料、施工費:
   ¥5,000/u X 120u = ¥600,000
 4:棟部分、軒先、けらば部分のおおよその部品施工
   一式で約: ¥200,000
 5:足場: 2階建で屋根面積から、おおよそ¥250,000-
 6:工事計           約 ¥ 1,620,000-
 電話だけの、机上の概算なので、棟、軒先、壁の取り合い部分など本体の他については、屋根の形、様子によって、違いますし、足場もモデルケースで回答したので、実際の金額とは違う場合もあります。 と説明しましたが、¥3,000,000-の約半額が相場になります。
 やはりお客様は、驚いていました。 少し、いやかなりボッタクリの臭いがします。 この全国展開しているリフォーム会社は、現地の下請けを使って工事を請けています。 大きな本社には、営業、総務、財務、役員、工場もあり、屋根材は自社で加工、販売しています。 また下請けには相場の施工費用を払わないと下請けが困りますので、会社としてやっていけないので、こんな金額になってしまうのかな?と思います。 大手のリフォーム会社としては、極普通の金額です。
 しかし、お客様にとっては、この金額は重大事ですね。

◆ブルーシート代: 120uの養生費: 20万円の請求

 また、その会社は、工事を決める間、破損した箇所を含めたところをブルーシートで覆っていったそうです。 その金額も質問されましたが、東日本の時によくありました。 100uの屋根全体をブルーシートで覆うシート代と人件費で、おおよそ3万円〜5万円、5万円というと少し高いかもしれません。 というと、20万円請求されたと言っていました。 
 事情を付け足すと、ブルーシートを覆った時点で、その屋根屋は発注は決まりと思ったのです。しかし、このお客様は、300万円の見積を見て、「他も当たります。」と言ってしまった。そうです
 これ、どういうことが起こっているか? 屋根屋は、当然貰える工事と思って、一時的にブルーシートをやったのですが、「まだ、おたくに工事を依頼するとはかぎらない」と言ったので、
 ブルーシート代が20万円になったと思って良いと思います。 他もあたりますと言われた時点
で、依頼はないな! 法外な金額では発注されないことをわかったのです。
 つまり、このリフォーム屋は:
 1: 工事の見積金額は、相場より高いことを承知で出した(可能性が高い)
 2: ブルーシートでおおかたお客様を囲い込んだつもりになっている
 3: 従って工事は当然貰えると考える。 というか、ブルーシートを施工したのはこのため
 教訓:
 もし、一時的にブルーシートをやってもらいたいときは、ブルーシート代を予め聞いておく
 そして予算もあるから、工事はやるかやらないかは、家族と相談して決めますので、とり
 あえず、シート代だけはお払いします。 とシートを覆う仕事と屋根工事を分けて発注する
 のが、賢いやり方です。 しかし、ブルーシートをかけてもらったのだから屋根の工事も
 当然のようにその業者にやってもらう、と思われないのが勘所となります。
 プロフィール
 
 専門は電子工学ですが、歴史が好きでYoutubeでネットサーフィンを楽しんでいます。 ユダヤと日本の関わりが古代日本であったのには驚きです。 チンギス・ハーンは源義経だった??? 等々興味は尽きません

 ●カテゴリー
 ・怒ってること
 ・驚くべき・カラーベスト
 ・腰痛、坐骨神経痛他
 ・屋根葺き替え工事
 ・断熱、遮熱って
 ・無料屋根修理事業者
 ・地震・耐震・地震予測
 ・100年住宅
 ・食べ物・美味しいもの
 ・メタンハイドレート
 ・世界を救うミドリムシ

 ◆記事一覧
 ●屋根葺き替え時、ガルバリウム鋼板の断熱性能を考えるべきか?各社の比較検討
   価格、カバー工法可能、軽量の理由でガルバリウム鋼板は非常に良く契約される屋根材です
   しかし、薄い金属の故、そのままだと断熱性能はゼロに近い!これをどのように克服するのか?
   各社の取り組み、製品作りについて、ご紹介します。
 ●カラーベストは屋根のリフォームに使用するのは大変です!
   カラーベスト(スレート材)は、カバー工法には使えない。 カラーベストのリフォーム、屋根葺き替
   え時には、必ずカラーベストは撤去しなければならない。 重ね葺き不可、マニュアルの通りに
   施工しないと、保証が受けられない! 知ってました? とんでもない材料だった!?
 ●東日本大震災のときも同じでした;法外な金額で荒稼ぎをする業者がばっこします 
   120uのスレートへの屋根葺き替え工事が、なんと300万円!ブルーシートが20万円
   熊本地震もこれから悪徳屋根工事業者が跋扈します。 気をつけてください。 すでに相談の
   問い合わせが来ています。 良く読んでもし屋根工事が必要なときは役に立ててほしいです。
   このホームページ全体にいろいろ有益な情報が含まれています。 くれぐれも悪徳業者に騙され
   ないように!
 ●建築会社、工務店、リフォーム会社の価格の高さは当たり前です 
   あるペンキ屋からの電話です。 千葉のお客様で屋根の葺き替え工事をお願いしたい。
   ついては、車で通るだけで見積をくれないか? ・・・・ ??? 
   の問い合わせ何だろうと思って聞いていくと・・・・
 ●20年近くも付き合ったリフォーム業者の見積400万円! 120uトタンの葺き替え 
   トタンの葺き替えで、ガルバリウム鋼板の横葺を誘導する屋根屋、屋根の勾配を変える?
   提案をするようです。 ・ ・ ・ 呆れて笑ってしまいます。
 ●訪問販売で契約してしまった! クーリングオフやり方 
   営業マンが人柄が本当に良さそうだったのでつい契約をしてしまった。 ・・・でもその費用が
  相場に対してべらぼうに高い・・・契約そ止めたいが、その具体的な方法は?
 ●知らされない断熱の急所; 窓; 壁や屋根、天井の断熱より効果的な窓の断熱 
   外断熱だ充填断熱だと議論やかましいが、肝心なのは窓の断熱だったって知っていた?
 ●30年以上患っている腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、いろいろやりました。 
   20代の半ばで初めてギックリ腰をやってから、30年、整形外科は何軒行ったか?
   整体、マッサージ、オカルトの治療方、ハンドパワー、ゴットハンド、鍼灸、カイロプラティック
   いろいろ、いろいろやりましたが完治しません。 今はAKA博田法、期待したいです。
 ●屋根修理、屋根葺き替え工事
   ガルバリウム鋼板、瓦、スレート、トタンの葺き替えの費用、相場、概算