はてなブックマークに追加  

◆あ!っと驚く 屋根材;カラーベスト

価格が安いからと、カラーベストを希望されるお客様が多いのですが ・ ・ ・ 
 今でも建売などは、盛んにカラーベストを使用しています。 しかし、この仕上材(一番上に施工する屋根材)は、リフォームには、とっても不向きなのです。 カラーベストの上からカラーベストを重ねて葺き替えることができません。 もしカラーベストをリフォームに使うとすると、下地の交換が必要になる場合が多い。 下地の段差が 3mm以内、下地の厚さが 12mm以上必要で普通に使われている9mmの下地材、コンパネではアウトなのです。 
 カラーベストとは、アスベストをセメントで圧縮成形した2mm程度の厚さの屋根材なのですが、コロニアルとかスレート材とか言われています。全て同じ製品で良び名が違います。 この材料は割れやすく、下地もマニュアルの通りやり直さなければ保証がでません。 新築でもマニュアルの通りに施工せねばならなくて、屋根屋さん泣かせです。 しかし、カラーベストをリフォームで施工する場合は、築が何年であろうと、下地材をやりかえないといけないとは・・・

◆カラーベストは施工すると、メーカー保証が無くなる?

 カラーベスト、コロニアル(例えばコロニアルクワッド)、スレート材、結構お手頃価格で施工ができます。ガルバリウム鋼板より若干お得感があります。 屋根屋もそのように言います。 しかし、屋根のリフォームでカラーベストを施工しようと、まず既存の屋根材がどんなものが施工されていても、撤去しなければなりません。 下地材も施工し直しです。 下地材の施工が規定の通り、平になっていないと施工しても、メーカー保証が受けられません。 カラーベストのガルバリウム鋼板でのカバー工法の場合は、そんな問題がありません。 ですからたとえカラーベスト本体の施工費用、材料費用が安くても、総合すると、高くなる材料なのです。
 ケミュー社のカラーベスト、施工マニュアルに書いてあります。(ケミュー社のサイト参照)
   品質保証についての記述が、カラーベストのカタログ内にあります。
・ ・ ・ 元請業者様に対して下記保証を実施しています。 
 (中略)
■保証内容:
1: 本製品自体の不具合による室内への雨水の侵入が生じないこと
2: 本製品の色感が著しく変化しないこと。(10年保証対象品は別途設定)
■保証期間
1: 室内への雨水の侵入: 本製品の施工完了より 10年間とする
2: 色感が著しい変化: 本製品の施工完了より 2年間とする
■保証条件
・ 保証書が発行された「新築物件」
・ 施工チェックリストが提出された物件
・ 弊社が定めた「設計施工マニュアル」に従って、設計施工された日本国内の物件
 製品の不具合保証が 10年は普通ですが、色の変化の保証が 2年というのは短いような気がします。他の製品が 10年の色変化保証を付けているといのは、どういうことか? 疑問です。
それより気になるのが、保証条件の設計マニュアルに従って施工される必要がるということです どの屋根材メーカーも同様なマニュアルを発行してますが、施工会社がとんでもない工事をしたら保証しません、とうのは極当たり前です。 問題はその内容で、どのような施工をしなければならないのか? が問題です。 
 施工マニュアルには、次のような記述があります。 
 ※ 屋根下地はできるだけ不陸(凸凹)や段差およびたわみが少ないようにしてください。
    不陸や段差が大きいと、屋根材の割れや跳ね上がりの原因となります。
    (基準; 段差は 3mm以下 ・ ・ ・ )
 ※ 屋根下地基準
    下地は、厚さ;基本 12mm以上。( 9mmでは基準を満たさないので施工不可)
    (2X4工法の場合は、材料の条件があって、9mmでもOKと書かれています)
その他様々な、施工方法の基準があります。 この施工マニュアルの基準を満たして保証が受けられます。 逆に言うと、当然このマニュアルに違反したら、保証はありませんと言う意味です

●これらのことから、次のことが言えます。

◆カラーベストがリフォームで使えない屋根

●リフォームで既存の屋根材の上に、カラーベストの重ね葺きをすると、メーカーの保証が受け
 られません。 何故か?屋根が凸凹していてカラーベストが割れる恐れが大きいので保証不可
 なのです。
●リフォームで既存の仕上材(屋根材)の上に下地材を施工し、その上からカラーベストを施工
 しても、技術的に施工できても、メーカーは保証をしません。 これは下地材の平坦さをメーカ
 ーの言う、3mm以内にすることが難しいからです。 やろうとすると、膨大な時間と経費がかか
 がかかり、事実上やりません。
●リフォームで仕上材だけを撤去し、そのままカラーベストを施工する場合も、下地材を張り増
 し施工する場合も、この下地材の平坦度、3mm以内にしないと、メーカーの保証がなくなります
 仕上材の上に直接施工する場合よりはハードルが低くなりましたが、それでも難しいので、多
 分、屋根屋は敬遠すると思います。  
仕上材; 屋根の一番上の材料で、具体的には; 瓦、スレート材、ガルバリウム鋼板
 カラーベスト、コロニアル、ジンカリウム鋼板、アスファルトシングル材などの材料のこと
 結局カラーベストは、既存の屋根に施工するのが、カバー工法は全く不可、既存の屋根材を
撤去しても、難しい屋根材であることが理解できると思います。 何故か? 答えは簡単で、カラーベストは、割れやすい材料だからです。 新築ならば垂木の施工、下地材の施工を注意深くやって、凸凹を 3mm以内に納めることは、面倒で、難しいですが、不可能ではありません。しかし、設計会社のあるブログには、そんなことはやっていられないことも書いてありました。施工の基準が厳しいでです。 なので価格は優位ですが、カラーベストは新築でもこれから敬遠されていくと思います。 安かろう悪かろうの材料の代表であることは間違いないようです。

◆メーカー保証ってどんなもの?

 屋根の施工では、保証は2つあります。
 ひとつは、施工保証で、屋根の工事に責任をもった会社が発行して、施工上の不具合を保証するものです。 もし保証期間内に施工上の瑕疵があったら、施工会社は、無償で不具合に対応します。 しかし、元々屋根材に不具合(瑕疵)があったら、それは施工会社の責任ではなく、屋根材メーカーの責任です。 これがもうひとつの材料保証です。 メーカーの品質保証または査定の専門が来て屋根を調査します。調査の結果、材料そのものの瑕疵が見つかった場合は、メーカーが対処しますが、メーカーは不具合のあったところの材料費しか保証しない場合もあります。 そして施工費用については、ケースバイケースでの対応になります。 つまり施工費用は誰が背負うのか?です。 基本的にメーカーは施工費用まで面倒を見てくれません。 施工会社か、お客様持ちになります。 勿論状況によってはメーカーが施工費用まで持つ場合も可能性はあります。
 ●施工保証; 工事を請けた会社が責任を持つ保証
 ●メーカー保証; 材料保証とも言う。 もともと材料に不具合があった場合の保証
 保証にも2つあるということを覚えてください。
 プロフィール
 
 専門は電子工学ですが、歴史が好きでYoutubeでネットサーフィンを楽しんでいます。 ユダヤと日本の関わりが古代日本であったのには驚きです。 チンギス・ハーンは源義経だった??? 等々興味は尽きません

 ●カテゴリー
 ・怒ってること
 ・驚くべき・カラーベスト
 ・腰痛、坐骨神経痛他
 ・屋根葺き替え工事
 ・断熱、遮熱って
 ・無料屋根修理事業者
 ・地震・耐震・地震予測
 ・100年住宅
 ・食べ物・美味しいもの
 ・メタンハイドレート
 ・世界を救うミドリムシ

 ◆記事一覧
 ●屋根葺き替え時、ガルバリウム鋼板の断熱性能を考えるべきか?各社の比較検討
   価格、カバー工法可能、軽量の理由でガルバリウム鋼板は非常に良く契約される屋根材です
   しかし、薄い金属の故、そのままだと断熱性能はゼロに近い!これをどのように克服するのか?
   各社の取り組み、製品作りについて、ご紹介します。
 ●カラーベストは屋根のリフォームに使用するのは大変です!
   カラーベスト(スレート材)は、カバー工法には使えない。 カラーベストのリフォーム、屋根葺き替
   え時には、必ずカラーベストは撤去しなければならない。 重ね葺き不可、マニュアルの通りに
   施工しないと、保証が受けられない! 知ってました? とんでもない材料だった!?
 ●東日本大震災のときも同じでした;法外な金額で荒稼ぎをする業者がばっこします 
   120uのスレートへの屋根葺き替え工事が、なんと300万円!ブルーシートが20万円
   熊本地震もこれから悪徳屋根工事業者が跋扈します。 気をつけてください。 すでに相談の
   問い合わせが来ています。 良く読んでもし屋根工事が必要なときは役に立ててほしいです。
   このホームページ全体にいろいろ有益な情報が含まれています。 くれぐれも悪徳業者に騙され
   ないように!
 ●建築会社、工務店、リフォーム会社の価格の高さは当たり前です 
   あるペンキ屋からの電話です。 千葉のお客様で屋根の葺き替え工事をお願いしたい。
   ついては、車で通るだけで見積をくれないか? ・・・・ ??? 
   の問い合わせ何だろうと思って聞いていくと・・・・
 ●20年近くも付き合ったリフォーム業者の見積400万円! 120uトタンの葺き替え 
   トタンの葺き替えで、ガルバリウム鋼板の横葺を誘導する屋根屋、屋根の勾配を変える?
   提案をするようです。 ・ ・ ・ 呆れて笑ってしまいます。
 ●訪問販売で契約してしまった! クーリングオフやり方 
   営業マンが人柄が本当に良さそうだったのでつい契約をしてしまった。 ・・・でもその費用が
  相場に対してべらぼうに高い・・・契約そ止めたいが、その具体的な方法は?
 ●知らされない断熱の急所; 窓; 壁や屋根、天井の断熱より効果的な窓の断熱 
   外断熱だ充填断熱だと議論やかましいが、肝心なのは窓の断熱だったって知っていた?
 ●30年以上患っている腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、いろいろやりました。 
   20代の半ばで初めてギックリ腰をやってから、30年、整形外科は何軒行ったか?
   整体、マッサージ、オカルトの治療方、ハンドパワー、ゴットハンド、鍼灸、カイロプラティック
   いろいろ、いろいろやりましたが完治しません。 今はAKA博田法、期待したいです。
 ●屋根修理、屋根葺き替え工事
   ガルバリウム鋼板、瓦、スレート、トタンの葺き替えの費用、相場、概算