屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA


お客様からの質問&お答え   

 By 「屋根葺き替え価格お助け隊

 ●ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板でどちらが良いのか迷っている。


  大阪府大阪市|男性のお客様からのご質問
 「ガルバリウム鋼板」「ジンカリウム鋼板」「石粒付鋼板」「自然石粒付鋼板」
  -----------------------------------------
 瓦葺き替えで、屋根を軽くしたいのだが、ガルバリウムとジンカリウムかで悩んでいる
  
 屋根面積:150平米、2階建、現在瓦葺、瓦を軽い屋根材で葺き替えをしたい、インターネットで
 調べると、ガルバリウム鋼板かジンカリウム鋼板が良さそうだが、どちらが良いのか分からない
 性能、瓦から葺き替えた場合、どちらが良いか、適切なアドバイスをお願いしたい。
 概算も教えて欲しい。
 ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板(自然石粒付鋼板)とは、全く違う屋根材です。
 まずはその違いを簡単に説明します。 かつ価格、概算相場もお知らせします。
 性能、組成、耐用年数、長所、短所等:
 ガルバリウム鋼板:
 鉄の鋼板に、亜鉛、アルミ、シリコンの合金でメッキした鋼板
 ジンカリウム鋼板:正確には、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板は全く同じ鋼鈑です。
 しかし、ジンカリウム鋼板そのものの屋根材は商品としてでていないのですが、
 ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板の上に細かい石粒(砂状)をコーティングした製品を
 ●ジンカリウム鋼板とか、●自然石粒付鋼板、●石粒付鋼板と言って販売されています。
 ややこしいです。
   ●ガルバリウム鋼板の仕様:
  耐用年数;25年(ベツレヘムスチールの実験より)、保証10年、フッ素塗装20年
  重量: 3Kg/平米
  ガルバリウム鋼板のメッキ層は; Al + Zn + Si の比率が、 55.0%+43.4%+ 1.6%の割合
  

 短所:
  ・薄い鋼板の為、断熱が必要な場合がある
  ・雨音がする。
  ・薄い鋼板に塗装をしてあるので、材料の運搬、施工中に傷が付きやすい
   (製品はダンボール箱に入っているので、取り出すときなどに注意が必要、施工時には
    傷がつかないようにする必要がある・・・ただし傷から守る仕組みがガルバリウム鋼板
    には、過渡に心配することはない) 
    ●ジンカリウム鋼板、自然石粒付鋼板、自然石粒化粧鋼鈑の仕様:
  これらは、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板の上に石粒をコーティングした製品です
  (ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板と同じ製品ですが、自然石粒付鋼板の意味で
  使う場合もあり、注意が必要です)
  放とんどが海外製品です。 日本で手に入るメーカーは、5社程度、流通方法も各社違う
  耐用年数:50年程度、材料保証(赤錆や変色など);30年と言っているメーカーが多い
  重量: 7Kg/平米(因みに瓦は 50Kg/平米) 製品によって違いがある。
  鋼板の上に石粒をコーティングしている。 この為にいろいろ利点がある。
  ます、長期耐用年数50年、雨は石で拡散されるので、雨音がしない。 傷がつきにくい
  (石粒の剥離は多少あり)
  短所:
  ・ガルバリウム鋼板より材料費、施工費ともに多少高い。
  ・日本では、まだ知名度が低い為、喜んで施工する屋根屋が少ない。
  ・価格は、屋根屋の仕入れルートによりかなり高いことになる。
  ・施工が慣れていない屋根屋は、高くなったり、工期が長くなったりすることもある。
   これを踏まえて、ガルバリウムか自然石粒付鋼板かを考察する必要があります。
 瓦からの葺き替えの場合は、瓦を撤去しなければなりませんので、断熱、雨音などに気を
 付けて選ぶ必要があります。 家の様子、工法が不明ですが、ガルバリウム鋼板の場合は
 瓦と同等な環境にするためには、断熱、雨音の対策が必要。 ジンカリウム鋼板の場合は
 雨音はしないので、断熱を考慮する必要があります。 重要なのは、耐用年数ですが
 今の家をあとどれくらい住むつもりがあるのか?ということを鑑みないと、高いジンカリウム
 鋼板を採用しても、無駄になってしまうケースもあります。
   価格の相場:
 ガルバリウム鋼板、断熱材付で、相場は、¥6,000/平米(本体施工価格)
 自然石粒付鋼板、¥7,000/平米程度(本体施工価格) これにけらば、棟板金、軒先
 部品、足場の費用、瓦の撤去費用、廃材処理費用等などが加わります。
   結論的には、コスト、性能を鑑みると、屋根材のデザインは別としては、ジンカリウム鋼板のほうが、パーフォーマンスは高いと言えます。 ただし上記価格は、ある特定の提携屋根屋の相場感で言っているので、他社の価格は、不明です。

>>> 屋根についてのご相談・質問・問い合わせ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved