屋根葺き替え価格お助け隊のタイトル画像
トップページ
スレート材から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
スレート屋根の
建坪別
葺き替え費用
トタン(瓦棒)から
ガルバリウムへ
葺き替え価格
ガルバの瓦棒へ
葺き替え
瓦から
ガルバリウムへ
の葺き替え価格
瓦の
葺き替え価格
瓦の
葺き直し価格
瓦の工事価格
相場の根拠
瓦の価格を
調べてみました

葺き替えで知って
欲しい事柄
意外と知らない
屋根のこと
屋根工事を
依頼しては
いけないところ
屋根の
基礎知識
(葺き替えの為の)
お助け隊が
選ばれる理由

屋根材について
スレート材料
カラーベスト
コロニアルなど
屋根材の
断熱性能測定
屋根材の
雨音測定

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム
メーカーと製品
ガルバリウム鋼板施工ランキング
ガルバリウム
鋼板の欠点は
本当か?

シングルについて
シングルの
製品と価格
シングル材料
施工の問題

石粒付鋼板等
ジンカリウム
(自然石粒付鋼板)
製品と価格
エコグラーニ
ジンカリウム鋼板
ディプロマット
ジンカリウム鋼板

重要な材料他
ルーフィング
について
仕上材より重要
なルーフィング
雨漏りと
ルーフィング
長期寿命の
ルーフィング

屋根断熱
天井断熱
結露の対策
断熱の関係
屋根断熱
性能評価
断熱について
お助け隊で
お請けした
屋根工事例
屋根のもろもろ
お役立ち
閑話休題
私的ブログ
「怒りの鉄拳」
屋根葺き替え
その他屋根に
関する相談QA


お客様からの質問&お答え   

 By 「屋根葺き替え価格お助け隊

 ●スレートのガルバリウム鋼板でのカバー工法費用・相場って?

 千葉県|女性のお客様からのご質問

 「スレート」「訪問業者」「葺き替え」「耐用年数」
  -----------------------------------------
 屋根面積98u程度で、スレート築12年ですが、訪問業者が来て葺き替えを薦められて
 貰った見積が、ガルバリウム鋼板のカバー工法で 480万円でした。 高いと思って他の
 屋根屋さんから貰った見積が、280万円と300万円でした。 
 先々週に、屋根の訪問業者にスレート屋根が割れ、欠けがあり、雨が入り込んで直ぐに葺き替えをしないと、雨漏りが始まって結構たいへんなことになる。 と見積を貰いましたが、大変な金額で、他の屋根屋さんにも見積を貰いましたが、それも高いと思い、いろいろインターネットで調べていくと相場は平米で1万円程度ということが分かりました。そのくらいの相場で良いのですか? 
 屋根面積:98平米、スレート葺き、寄棟、2階建、足場は必要かもしれません。 築12年です。
塗装でも良いのでしょうか? 葺き替えをしないといけないのですか? アドバイスをいただきたい。
 「屋根葺き替えお助け隊」からの回答です。 
●典型的な訪問業者の手口、価格です。 まず価格ですが、おおよそのカバー工法での概算でも
100万円程度、足場を入れても120〜130万円といったところです。屋根の形、ガルバリウム鋼板の製品によりますが・・・ 一番の問題は、築12年で本当に葺き替えが必要なのか?です。
   
  コロニアル(一般名:スレート材)の劣化が酷くても、雨漏りには、なりません。 その屋根屋は、スレートが劣化して、雨が入って雨漏りになると言っているようですが、正しくありません。
  いくらコロニアルが劣化(12年で劣化がひどいというのは本当なのか?別に調査する必要があります。)があるというのは、訪問業者の常套手段で、本当のことを言っていない可能性があります。 写真を見せて貰ったようですが、デジカメの写真は、捏造されたものを見せることもありますので、きちんと自分の家の屋根と確認できなければ信じてはいけないです。 同じような別の劣化した写真を見せられることもあります。 お客様ご自身で登れないことを利用した極めて悪徳の手口です。 もし、そうだとすると、詐欺の可能性もあり、刑事事件になります。
   築年数12年では、普通葺き替えになどなりません。 一部材料が破損していても一部の修理で済むはずで、全部の葺き替えはよっぽど、悪い屋根材か、何か台風などの事故があった場合です スレート材料は、ときどき10年程度で、反り、表面の剥がれなどの劣化報告がありますが、直ちに葺き替えをしなければならないということには、なりません。 なぜならルーフィングという防水材がコロニアルの下に施工されていますので、それが雨漏りを防止しています。
ルーフィングの耐用年数は20年程度ですので、どのメーカーのを使っても 12年で交換ということにはならないのが普通です。 
   「コロニアルの間から雨が入って、雨漏りになる」は嘘か、言い過ぎです。 今まで雨漏りの経験が無いのでしたら、直ぐに葺き替えなどしなくて良いと思います。
 ただ、その屋根屋(3社、ただ全部の屋根屋が葺き替えを薦めたのか不明)がコロニアルの劣化が思った以上に劣化しているのでしたら、じっくりと調査をされた方が良いと思います。
 屋根屋に診てもらうと、彼らは仕事が欲しいので、本当のことを言わない可能性がありますので、メーカーの調査員に調べてもらった方がよいかもしれません。 
  12年では、保証期間が過ぎていますので、材料保証は受けられませんが、とにかくコロニアルの劣化程度を調査することをまずしてください。 先ほども言ったように、ルーフィングは大丈夫なはずですので、急いで葺き替えなどをしなくても大丈夫と考えます。 また心配なら時々屋根裏を見てもらいたいです。
 ご自分でできないなら、有料ですが、屋根診断をやってくれるところもありますので、相談すると良いかもしれません。
   慌てて、屋根屋と契約しないように! 480万円、280万円、300万円、いずれも屋根面積、材料を鑑みても高すぎです。 

>>> 屋根についてのご相談・質問・問い合わせ

屋根葺き替え価格ドットコム・トップページへ

 さあ、あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
屋根葺き替え「価格」お助け隊は、やねの葺き替え・施工の概算・工事相場を公開しています。
また、屋根のことで、誰も(プロの屋根屋も)言わない知らない?ことがらを公開!
屋根の葺き替えの施工費用は、相場があります。 知らないと損することばかり
__________ 屋根葺き替えの依頼は、葺き替え価格お助け隊へ____________
Nobilis Works 「屋根葺き替え価格お助け隊」/copy right all reserved